ブログ

2017年03月21日

マインドフルネスのストレス対策セミナー開催中です。


マインドフルネスのストレス対策セミナーのご案内

人生には、さまざまな出来事がありますね。

特に現代社会は
ストレス社会と言っても過言ではありません。

その中で生活をしている私達は、
そのストレスを避ける事は大変に難しい状況です。

river_00045.jpg-1.jpg

そこで、
ご自身に降りかかって来る
ストレスの対応を誤ってしまう事により、
日々の社会生活を送る事がとても辛く・
息苦しくなって行きます。

私達が現在行っている、
マインドフルネス療法は様々なストレスがある中でも、
その事を受容しつつ、その対処法を身に付けていただき
辛い症状の緩和〜回復〜完治に向けて
チャレンジをしていただいています。

そこで現在、マインドフルマイトで行っています
マインドフルネス心理療法(SIMT)を
活用する事により、
『ストレスに負けない自分づくり』を
身に付けていただく事を目的に
ストレス対策セミナーを開始する事に致しました。

この講座に参加をする事により、
日々の生活に
繰り返し起きて来ますストレスを受容しながら、
ご自身のお仕事や家事・育児を
スムーズに行う術を身に付けていただきます。

また、通常行っていますセッションとは違い、
参加者の制限などがありませんので、
日々の生活やお仕事等でストレスを抱えている方には
気軽のご参加いただける内容になっています。

http://www.mindfulmate.jp/culture.html

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

マインドフルネスで
『ストレスに負けない自分づくり』を
身に着ける事を目的としています。

参加条件:
お申し込みをいただければどなたでも参加が可能です。

参加費用 :入 会 金  ¥5,000−

参加費用 : ¥3,000−(一回分)

回 数 券: 3回券 ¥ 8,500− 
      5回券 ¥14,000−

開催会場:
〇八王子生涯学習センター (八王子駅徒歩5分)
  住所:東京都八王子市東町5-6 クリエートホール
【日時】2017年
4月11日(火) 18:30〜20:00
5月 9日(火) 18:30〜20:00

〇東京駅八重洲:アットビジネスセンター 東京駅
  住所:東京都中央区京橋1-11-2  八重洲MIDビル
【JR東京駅より】 徒歩6分
【日時】2017年
4月22日(土) 18:30〜20:00
5月27日(土) 18:30〜20:00

〇山梨県男女共同参画推進センター (びゅあ総合)
  住所:山梨県甲府市朝気1-2-2
【駐車場】建物に隣接してあります。無料です。
【日時】2015年
4月 1日(土) 16:00〜17:00
5月 9日(土) 16:00〜17:00

※ 6月以降の開催日時に付きましては
     会場の予約が取れましたらお知らせ致します。

お申込み:
メール info@mindfulmate.jp   
電 話 080-2213-3802    

ご注意:
この講座は、
あくまでも『ストレスに負けない自分づくり』を
身に付けていただく事を目的にしていますので、
すでに疾患を抱えた方には適応外です。
病気を回復させたり・治す事はできません。
未病の方で、
ストレスを軽減したい方の講座となります。

また、
厚生労働省が行う、
ストレスチェック制度に伴い、
企業への出張セミナーも行っております。

:::::::::::::::::::::::: 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人 マインドフルメイト 代表理事
特定非営利活動法人 マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::::::





posted by マイインド at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

マインドフルネスのセッションに参加をされている方へ


マインドフルメイトでは、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の
開発者、大田健次郎氏のマインドフルネスプログラムを
実践しています。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)では、
セッションに参加をされています方の、
うつ病や不安症(不安障害)、パニック障害や
PTSD等の症状の完治を目指しています。

river_00039.jpg-2.jpg

私たちが言う完治とは、
〇お薬を飲まずに通常の生活が送れるようになる事。
〇再発を繰り返さない自分になる事。    です。

ですので、
マインドフルメイトに訪れる方の
すべてを方を受け入れている訳ではありません。

わかりやすく言いますと、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を用いて、
完治する事が難しい、また困難な方は、
ハッキリとお断りをしています。

只、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を用いて、
完治をめざせる方の中で、
「治そう」「治したい」との意思をお持ちの方は、
現在どんなに、
辛く・苦しい状態であっても受け入れています。

ですので、
現在、セッションに参加をされている方や、
すでに、セッションを終えた方は、
セッションの中で私がお話している事を、
ご自身の心に中に置いて、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を、
難しくとらえないでください。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
理論・理屈は、たしかに難解かもしれません。

でも、皆さんは、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
理論・理屈を勉強する為に、
セッションに参加をするのではありません。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
言わんとする事を、
頭で覚えるのではありません。

身に付けるのです。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の手法を
自分の物にするのです。

そして、引き寄せるのです。

時には、
難しく、絶壁の前に立っているような気持ちになったり、

時には、
目の前が、崖っぷちのような気持ちになる事も、
あるかもしれませんが、

それは、一時の事です。(その瞬間の事です。)

ですので、
セッションの中で私がお話している事を、
ご自身の心に中に置いて、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を難しくとらえずに、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

それは、我慢ではありません。

あなたの人生を、
明日〜この先〜将来につなげていくための道筋になります。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

諦める事無く、めげる事なく、焦らずに、

今のチャレンジをくりかえしてください。

そして、困ったことや、

疑問点がありましたら、

迷わずに連絡を下さい。

マインドフルメイト:佐藤福男



posted by マイインド at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

マインドフルネスのセッションの聴講に来ています。



マインドフルメイトのセッションを終了された方が、
その後も、セッションに聴講生として参加をしています。

sea-ocean_00013-1.jpg


それは、
マインドフルネス(SIMT)を、
頭で覚えるのでは、
身体に身に付ける事が不可欠になるからです。

また、
マインドフルネス(SIMT)を、
いくら頭で覚えても
うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、
またPTSDなどの症状が良くなる事はありません。

大切な事は、
マインドフルネス(SIMT)の手法を、
身に付ける(身体で覚える)事になります。

その事が、
うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、
またPTSDなどの症状を、
緩和(和らげる)事に繋がって行きます。

只、私達が行うセッションは、
うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、
またPTSDなどの症状を緩和(和らげる)する事が
目的ではありませんので、完治を目的としています。

私達が言う完治とは、
〇お薬を飲まないで通常の生活が送れる事
〇再発をくり返さない自分になる事、としています。

ですので、
短期間でその目的が達せられる事はありませんので、
焦らずに、時間を掛けながら進めて行きます。

そこで、
マインドフルネスの手法を頭で覚えるのではありません。
身に付ける(身体で覚える)為に、
繰り返し、繰り返しトレーニングを行っていただきます。

その為に、
私達が行うセッションが終了しても、
ご自身の中に不安や自信が持てない場合は、
セッションの参加を希望する方に聴講生として、
セッションに参加をしていただいています。

アフターフォローのサポート
     ↓
   http://www.mindfulmate.jp/support.html


そして、繰り返し、繰り返し、
セッションに参加をする事により、
ご自身が掴んだマインドフルネスの手法を、
点検・確認をしていただきつつ、
マインドフルネス(SIMT)の手法を
自分の物にしていただきます。

教わるのではなく自分で掴む事になります。

その結果、
一度掴んだマインドフルネス(SIMT)の手法は、
忘れる事はありません。(身に付きます)

私達はこれからの人生の中で、
ストレス(予期しない事・思いがけない事、等)から、
逃れる事は出来ません。

そんな時に、
心のバランスを崩してしまい、
再発(辛く、苦しい状態)をくり返して行きます。

ところが、
一度掴んだマインドフルネス(SIMT)の手法は、
忘れる事はありませんので、
マインドフルネスの手法を活用する事により、
ストレスに強い自分になる事が出来ます。


sea-ocean_00003-1.jpg

その為にも、
多少時間が掛かっても焦る事無く、
聴講生としてセッションに参加をして、
マインドフルネス(SIMT)の手法を、
しっかりと掴む事が大切になります。

そして、
こらからの人生をより有意義にして行きましょう。





posted by マイインド at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

ひとりで悩まないで・・マインドフルネスがあるので、


うつ病、非定型うつ病・不安症やパニック障害、
またPTSDなどは、
マインドフルネス心理療法で治ることがあります。

tree_woods_00017-1.jpg

長引くと仕事ができない、
思うことができないと苦悩し、
自殺したい、
消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。

マインドフルネス心理療法は、
アメリカでの臨床実験により、
うつ病、非定型うつ病、
不安症やパニック障害、PTSDなど、
摂食障害(拒食・過食)、
依存症、家族の不和などに効果があることが
確認されています。

マインドフルメイトでは、
自己洞察瞑想法
(マインドフルネス心理療法の一つ)を用いて、
精神疾患の治療及び予防を行います。
ストレスを排除するのではなく、
ストレスを受けても自ら克服していく
心のトレーニングを行います。
その事により、
症状が緩和したり完治したりするのです。
また再発防止にもなります。

無料相談会は事前の予約が必要です。

●必ず本人が参加してください。家族も同伴できます。

【参加できる方】
 ・うつ病 ・非定型うつ病・パニック障害 
 ・PTSD・対人恐怖症 ・その他不安障害

【対象外の方】
 ・統合失調症 ・双極性障害(躁うつ病) ・その他

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html
  にて随時受け付けております。

【所要時間】
 ・お一人様約30分(伸びる場合もあります)
    お約束の10分前に来てください。

【その他】
 ・キャンセルについては必ず事前にご連絡ください。
 ・ご家族ご一緒に参加することができます。
 ・個人情報は外部にお話しすることはいたしません。

【開催場所】
〇東京駅八重洲口 ・ 東京日比谷 
〇東京都八王子市(2ヶ所) 
〇愛知県名古屋市  
〇山梨県甲府市  合計6ヶ所で行っております。
※詳細はこちらをご覧ください。
      ↓
 http://www.mindfulmate.jp/

※ 東京駅八重洲通りや日比谷公園内での開催や、
  愛知県名古屋市については、
  新たに参加される方の利便性を考え、
  交通や利便性の高い会場を選定して、
  無料相談及びセッションを開始いたしました。
(遠方の方は新幹線などを使われると
         日帰りでの参加が出来ます。)

sea-ocean_00025-2.jpg

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く、
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。







posted by マイインド at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

マインドフルネスとお薬の依存に付いて


マインドフルメイトに訪れる方の多くは、
すでに
医師の診断を受け何らかのお薬を処方されています。
中には精神科のお薬に不安を持たれ、
お薬を飲んでいない方もおりますがごく一部の方です。

river_00017.-1jpg.jpg

私は医師の処方されるお薬について、
薬名・薬効・副作用等の
明確な説明を受ける事をお願いしています。
どんなお薬でも、
メリット(利点)とデメリット(不利点)がありますので、
その点の説明を受けた上で、
医師から処方されるお薬を服薬する事をお願いしています。

その時に医師の処方するお薬を服薬する事により、
今まで、
ご自身が感じる事が無かった症状が起きる事があります。
(イライラする。過食になり太る。息苦しくなる。等)
そんな時には、
躊躇なく主治医に相談する事をお願いしています。

そのような状況を理解しつつ、
医師の処方するお薬が効果を出して行くケースもあります。
そこでとりあえず、
「ご自身の辛い症状が落ち着く事」になりますので、
患者さんの取っては、ひと安心となるでしょう。

すると、その医師の処方するお薬を服薬する期間は、
患者にとっては、比較的快適な日々を送れる事になります。
その結果、
そのお薬をいつまでも服薬し続ける事になります。

精神科のお薬を一定期間飲み続ける事は、
治療の観点からみても良い事だと思いますが、
長期間(1年〜3年〜5年〜10年)の服薬は、
その作用がとても心配になります。

特に女性の場合は妊娠・出産がありますので、
その副作用はとても注意しなければいけないと思います。

また、効果のあるお薬は、
その効果はあるゆえに「お薬の依存」の心配があります。
例−@
医師の処方するお薬を服薬していれば安心だ。
(ご自身で具体的な対策を取らずに薬に依存してしまう。)
例−A
その医師の処方するお薬を服薬しないと不安になる。
(単純に医師の処方するお薬を飲まないといけなくなる。)

そのどちらのケースでも、
悩み・苦しむのは患者さんになります。

精神科のお薬が怖いと言われている、
理由の一つに離脱症状(副作用)があります。
離脱症状とは、
そのお薬の服薬を続けている期間は問題が起こらないのですが、
減薬や断薬をする事により、
今まで起きていない症状が起きて来る事を言います。
その症状の現れ方は人により変わっています。

river_00017-2.jpg

マインドフルメイトに訪れる方の中も、
そのようなケースは多々ありますので、
医師の処方するお薬を服薬しながら、
セッションのスタート時期は同時進行をして行きます。
その後に、症状が緩和する事により、
お薬の作用・副作用のお話をさせていただきながら、
主治医の減薬から断薬までの経緯を、
お話しさせていただいています。

そこで、大切な事はご自身で、
「薬を飲まないで通常の生活が送れるようになろう」と、
ご自身の意志を持つことになります。

どんな病気でも、
「治そう」と言うご自身の意志を持つこと、
はとても大切になりますので、同じ意味になります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、
うつ病・不安症(不安障害)パニック障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、
         より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。

詳細はこちらをご覧ください。
マインドフルメイトのホームページ:http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。
このままほっておけば治る病気ではありません。
一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

posted by マイインド at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする