2017年06月22日

次回の八重洲会場のセツションは予定どうり開催をします:マインドフルメイト

私が入院中に、

無料相談会のお申し込みを数多くいただきましたが、

すぐに対応する事が出来ずにご迷惑をお掛けしました。

退院後に、

ご連絡をさせていただきましたが、

私は、そのすべての方を受け入れ事はありません。


私なりに、

ご相談にお申し込みになる方の、

様子をよく伺い、

マインドフルネス(自己洞察法)で

対応が可能な方だけをお引き受けするようにしています。


その時に、

私がお引き受けする為の条件の一つに、

ご本人が「治したい」と意志があるのか否かが、

大きな判断の基準になります。


例えば、

「私はこのままで良い」とか、

「どうせ治らない」とか、

「今まで色々な事をやって来たから」等と、

「治したい」との意志を持てない方は、

はっきりと、お断りをしています。


ただし、

そのような気持ちも一時的な事もありますので、

焦らずに、

根気よく、

ご家族のかたに呼び掛ける事をおねがしています。


どんな病気でも、

どんな事でも、

ご本人の意志がとても大切になります。


「治したい」との意志があるから、

どうしたらいいのだろう、と考えます。


上手く対応が出来ないときに、

自分なりの工夫が生まれます。


自分なりの努力が起きます。


上手く対応がする自信はないけど、

チャレンジしてみよう、という

気持ちが起きます。



それらの、

スタートは

「治したい、」、

「みんなと同じように普通の生活がしたい。」、


それは、ご本人の意志になります。


ですから、

焦らずに、

焦らずに、

焦らずに、


チャレンジを繰り返してください。


マインドフルメイト:佐藤












posted by マイインド at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

八王子会場のセッションは無事終了しました。:マインドフルメイト

昨日の、八王子会場のセッションは、

私が退院後の初めてのセッションでしたので、

家族を含めて、

大変にご心配をお掛けしましたが無事終了しました。

1497791434059.jpg


当日は、

妻の運転する車に同乗し、

会場の建物の入口付近まで送っていただきました。


八王子会場の場合は、

建物内にレストラン等がありますので、

思うように身動きが出来ない、

私にとってはとても助かりました。


そして、

ご心配や、ご迷惑をお掛けしました、

皆さんにお会いしますと、

新ためて、

今の、

この貴重な経験を生かしつつ、

より多くの方々をサポート出来るように、

まずは、

自分自身の体調を整える事の大切さを実感しました。



私の今回のアクシデントは、

私自身に、

様々な事を気付かせてくれています。


例えば、

ふだんは、

当たり前過ぎて気を付けない事、

ちょっとしたこころの起伏。

ちょっとしたこころの働き。

ちょっとしたこころの影響。etc


私達人間は、

ともすると、

ほんのちょっとした事に、

こころを奪われてしまいます。


また、

ほんのちょっとした事で

大切な事や、

大切な物や、

大切な人を、

見失う事があります。


それは、

とても、

大きな出来事が原因のように思いますが、

実は、

ちょっとした、

こころの起伏であることが、

多いと思います。


本当に大切な事は、なにか。


本当に大切な人は、誰か。



その事を、

きちんと理解する事は、

今後の人生を歩む為にも、

とても大切な事です。



その為にも、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

これらも、

活用して、

自身のこころを澄ませていく事は、

とても大切な事だと考えております。



マインドフルメイト:佐藤





posted by マイインド at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

明日の八王子市でのセッションは予定どうり開催します。:マインドフルメイト

先日、病院を退院してきました。

今日で4日目になります。


家に戻りますと、

一気に入院中とは変わり、

現実の世界に引き戻されます。


玄関のドアを開けた瞬間、

私と一緒に落下した壊れた冷蔵庫があり、

自分の仕事部屋のドアを開けると、

1ヶ月前のまんまの状態の書類等が

そのままあります。


また、

普段は気づきませんが、

日々の生活の中に段差が多い事に気づかされます。

私のとって段差は要注意になります。


コルセットを装着した状態で、

いつものように、

動こうとしても、

全ての事が

ままならない自分がいます。



そこで、

マインドフルネス(自己洞察法)をくりかえしています。

焦らずに、

焦らずに、

焦らずに、です。


私が、いくら焦ったも何も変わりません。


私が、思うように出来ない事を、

いくら焦り、

いくら不安になり、

いくら嫌悪しても、

何も変わりません。


今、出来る事をくりかえす。

焦らずに、

くりかえす事が、

結果的に早道になります。


その事を、

キチンと理解して

マインドフルネス(自己洞察法)をくりかえしています。


明日の八王子市にのセッションは、

予定どうり開催を致します。

参加を希望する方は、

ご連絡をいただきご参加ください。

マインドフルメイト:佐藤





posted by マイインド at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

私もマインドフルネスを頑張っています。⑲:マインドフルメイト

いよいよ、明日は退院になります。

病院から出れる事はとても嬉しい事です。


只、コルセットを装着しての生活には、

とても不安があります。


例えば、

入浴。

入院中は、看護師さんにベット上で、

身体を洗い流していただいていましたが、

自宅に帰りますと、

その条件が変わります。


また、

コルセットの装着して生活が、

これから3ヶ月(6月・7月・8月)と続きますので、

暑さ対策がポイントになります。


そんな、これからの生活を考える時、

その不安は一気に広がり・膨らんで行きます。


そこで、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

繰り返して、

繰り返して、

繰り返して、行きます。


その不安の中で、

最も恐い不安は「再発」になります。


階段から落ちた時に、

私の身体は一直線に、

背中から落下して行きました。


その為に脊椎の12番が、

そのダメージの全てを受けてしまいました。

そして、脊椎損傷となりました。


そして、

脊椎損傷だけで止まらずに、

脊髄の一部を圧迫している状況になります。


その状態は、

下半身に何らかの異常があっても、

不思議では無い状態との事です。


この事を、

私が耳にしたのは、

先月の終わりでした。


主治医が、

入院当初から、

とにかく、とにかく、

慎重な物腰に違和感を覚えていました。


何か具体的な事を聞いても、

とにかく慎重ムードに、

「どうしたら、いいのだろ。」

と、

思いを巡らせていました。


そこで、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

繰り返して、

繰り返して、

繰り返して、いました。


そして、しばらくしてから、

主治医に、

「私のレントゲン写真を見ていないので、

見せて欲しい」と、

お願いをしました。


その時、

レントゲン写真とMRA写真を診せながら、

私の状況を教えていただきました。


すでに、

入院から半月後の事ですので、

主治医は、

私に詳しく話してくれたのだと、

理解しています。


今回の、アクシデントにより、

脊髄を圧迫している現実は、

今後も変わることはありません。


と、

言う事は、


再発リスクを抱えている事になります。



ですので、

私もマインドフルフルネスを頑張っています。


マインドフルメイト:佐藤





posted by マイインド at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

私もマインドフルネスを頑張っています。⑱:マインドフルメイト

私の入院生活も、あと3日で終わります。

振り返ってみますと、

とても短く思えますが、

色々なことをがあった1ヶ月です。


救急搬送をされて、

足腰立たずに、

ベットに這いつくばる状態から、


コルセットが出来上がり、

立ち上がるときの不安や恐さ、


歩行器を使い、

出歩き始めるときの嬉しさ、


そして、

歩行器から杖に変わり、

歩行訓練の難しさやたいへんさ、


それらを乗り越えて今に至っています。


現時点では、

コルセットを装着して

座ったり、歩いたりの日常の生活を、

ゆっくりと1時間程度が出来る状態です。


それ以上の時間になりますと、

コルセットを装着していても、

背中や腰に負担が掛かりますので、

あまり無理が出来ない状態です。


只、日々出来ることが

少しづつですが増えていますので、

焦らずに、

今できる事を繰り返して行くことが、

結果的に早道になることを、

理解して、

はやる気持ちや、

焦る気持ち、を

そのままにしながら、

私なりのチャレンジを繰り返しています。


私が、

いくら焦ってみても、


私が、

いくらもがいてみても、

今すぐに、

何かが急激に変わることはありません。


その事を、

きちんと理解して取り組むことにより、

マインドフルネス(自己洞察法)は、

その効果を最大限発揮していきます。


ですので、

焦らずに、

焦らずに、

焦らずに、

焦らずに、

今、出来ることに、

チャレンジを繰り返して行きましょう。



そして、


大切なことは、


今日よりは、


明日を描きましょう。


今の、

辛さや、

苦しさは、

いつまでも、

続く事はありません。


今の、

辛さや、

苦しさは、

一時です。


諦めずに、

諦めずに、

諦めずに、

チャレンジを繰り返しましょう。


私自身も、

チャレンジを繰り返します。


マインドフルメイト:佐藤



追伸:

私を、支えてくださった、

主治医や看護師や病室スタッフの皆様に感謝しています。

また、

セッションに参加をされている皆様には、

ご迷惑お掛けしている事をお詫び致します。


私自身、

今回のアクシデントのために

しばらくは養生する事になりますが、

この事を糧に、

さらに一人でも多くの方をサポート出来るよう、

チャレンジを繰り返して行きます。






posted by マイインド at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする