2019年11月13日

うつ病の症状が騒いで来たら

 どうしても身がまえてしまう。

 「まずい、どうしょう」


 そこで焦らない。


 呼吸に意識を向けながら

 気持ちを落ち着ける。

 そして、何もしないのではなく

 出来る事をゆっくりと行う。

 その事を繰り返す。

 
 まず、その事がスタートです。



7c85b7e34271c0c9b5787715057d5940.jpg


:::::::::::::::::::::



  うつ病になると、

  思うように色々な事が出来なくなり、

  つらい日々が続きます。

  また、なかなか周囲の方にも

  理解されにくい病気ですので、

  一日でも早く改善の方向に向かう事が

  必要だと考えていますので、

  ご不明な点がございましたら

 お問い合わせください。


  お問合わせはこちらから



 → http://www.mindfulmate.jp/

posted by マイインド at 13:33| Comment(0) | 日々の出来事 | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

うつ病を治して行くために大切な事とは、

〇 自分らしさが大切です。



  自分が何を思い、何を感じるのかは、



    あなたの願い、あなたの感性



  その事が、自分らしさになります。



  その為のマインドフルネスです。



  是非、ご相談下さい。





1-5909da597d9c6d304691b5d33260d370_m.jpg





:::::::::::::::::::::



  うつ病になると、

  思うように色々な事が出来なくなり、

  つらい日々が続きます。

  また、なかなか周囲の方にも

  理解されにくい病気ですので、

  一日でも早く改善の方向に向かう事が

  必要だと考えていますので、

  ご不明な点がございましたら

 お問い合わせください。


  お問合わせはこちらから



 → http://www.mindfulmate.jp/




2019年11月11日

うつ病が発症して一番怖い事とは、

 うつ病や不安障害、
 
 パニック障害、PTSDの発症で

 一番怖いのは、

 お仕事が出来ない、勉強できない、

  家事育児が出来ない以上に怖いのは、
 
  自分が死にたくないのに

   「死にたい」気持ちが起きてくる事です。

 だから、

 うつ病や不安障害、パニック障害、PTSDの

 病気をちゃんと治そう。


6cd83939c4182ed748f0ebec19031792.jpg


 自分の病気を治していく為には、

 闇雲に行ってはいけません。

 治していく為のプロセスを理解している

 指導者の基で指導を受ける事が不可欠になります。


 自分の事を諦めずに
     チャレンジを繰り返さない。

2019年11月10日

自分を、これ以上責めないでください。

知っていますか。


チョットしたきっかけで

うつ病や不安障害

パニック障害になってしまう事を、


自分が心が弱いとか、

だらしないからではない事を、


だから、もうこれ以上、

自分を責めないでください。


私からのお願いです。


012e37628d316fb2acfed62383522c56_m.jpg



自分を責めてしまうと、

知らず知らずのうちに

過度のストレスホルモンの分泌に繋がって行きます。


その繰り返しを続けて行きますと、

更なる症状の悪化になって行きます。


自分を、これ以上責めないでください。


posted by マイインド at 19:29| Comment(0) | 日々の出来事 | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

うつ病を治す為に小さな目標を立てよう!

〇毎日の小さな目標を立てよう

 うつ病や不安障害、パニック障害、PTSDの

 症状が起きて来ますと 

 日々の生活が思うように出来なくなって来ます。

 そこで、ふさぎ込んでしまうのではなく

 出来る事を積み重ねるのです。

 その繰り返しが

 自分らしく歩む事が出来ます。


0f45b7953071244456fb85a35c01f428.jpg


 出来る事とは、

 大きな事でなくても良いのです。

 たとえ些細な事でも

 自分が目標をもって取り組んで行く事が大事です。

 
 諦めずにそのチャレンジを繰り返します。


 その出来る事とは日々変わって来ます。

 例えば、昨日出来た事が出来ない事もあります。

 それでも良いのです。

 その事を繰り返して行くのです。


 その事が、自分らしさを育んで行きます。


 その事が私たちの行っている

 マインドフルネスになります。