2019年01月19日

マインドフルネスの現状とその効果とは、/ マインドフルメイト


近年、盛んに取り上げられるようになった
マインドフルネスですが、
その実態はなかなか知られていません。

そこで、世間で騒がれています
マインドフルネスの実態とその効果を調べました。


jikosyoukai_boy.png



―――――――――――――――――
目次
 1、実証されている効能
 2、アメリカでは国の機関が研修として
 3、教育機関でも
 4、今のみに目を向ける
 5、スポーツに置き換えると
 6、うつ病にも効果的
 7、薬剤治療では無く根本治療として
 8、自分らしく生きる事が可能
   ※ 自己流では行わない
―――――――――――――――――



1、実証されている効能

テレビ番組などでも特集される機会が増えている
マインドフルネスは、
最新技術を駆使した脳科学の実験により
ストレスが軽くなる上に集中力が向上し、
心身の健康を司る自律神経の回復に至るまで
効能が実証されました。


2、アメリカでは国の機関が研修として

プレッシャーや
心理的な負担により引き起こされる
うつ病にも効果があるので
アメリカではSNSや検索エンジン、
半導体を作る企業などで取り入れられていて
国の機関が研修として取り入れています。


3、教育機関でも

小学校といった教育機関でも行われているのですが、
友人関係の悪化によりうつ病になり
登校できなくなってしまった子供が
自発的に学校に行きたいと言うようになったり、
意地悪をしていた子達が
優しくなり差別をしなくなったという調査もあります。


4、今のみに目を向ける

マインドフルネスで基礎になるのは
今のみに目を向ける事ですが、
始めて日が浅い方にとっては難しく感じる上に
治し方として
適切であるのか疑問視してしまう程です。


5、スポーツに置き換えると

そこでわかりやすいのが
スポーツに励む選手が周りが見えなくなり
ゾーンに入る様子であり、
極限状態で研ぎ澄まされている状態で
他の事が一切気にならなくなる様子です。

力んでいるわけではないのに
雑念が取り払われているのでリラックスできますし、
何も邪魔するものが無い状態で
自分自身のパフォーマンスが発揮できる様相です。


6、うつ病にも効果的

うつ病の治し方を目的とした
マインドフルネスでも同様の状態を目指していき、
まずは周りを取り巻いている
否定的な意見などに
振り回されないようにしていきます。

うつ病に
マインドフルネスが求められるのは
現代人を取り巻く環境が関与していて、
情報過多になっているからこそ
本来考えなくても良い情報まで入ってきて
脳内を混乱させて
プレッシャーばかりが募ってしまいます。

そうするとまだ起こってもない未
来の事について堂々巡りをしたり、
今更振り返っても何もできない過去のしがらみに
とらわれてしまい
解決の糸口が無い悩みを抱き続けます。

そうなるとネガティブな声ばかりが
心の中の割合を占めてしまい、
本当ならもっと良い能力が発揮できるのに
実現できなくなり
悪循環が引き起こされてうつ病を発症します。


7、薬剤治療では無く根本治療として

薬剤治療が定番であるものの
気分を軽くする薬剤などを服用しても
一時しのぎにしかならないのですが、
マインドフルネスなら
根本から見直し心を整え直すきっかけになるので
自分の中での気持ちの処理も上手くなります。


8、自分らしく生きる事が可能

本当に必要なものや
大事な事だけに
フォーカスが当てられるようになるので、
ビジネスやプライベートで
大事なチャンスを逃しません。


※自己流では行わない

そこで、
大切な事は自己流で行わずに、
マインドフルネス自己洞察法の事を
良くわかっているカウンセラーの下で行う事です。


group_people.png



・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/




マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg




posted by マイインド at 22:45| Comment(0) | マインドフルネスの効果 | 更新情報をチェックする

マインドフルネスでうつ病を治すためにも信頼できる医師を探そう、


うつ病や不安障害、
パニック障害・PTSD等を治すためには、

どんな事が不可欠になるのでしょうか。


ポイント-信頼出来る医師を選ぶ


私達の所に、ご相談にお見えになる7~8割の方々が、

すでに病院に通院をされています。

残りの2~3割程度の方が

医師の不振や処方されるお薬等に

不安を感じて病院には行かれない方がいます。


tree_woods_00009.jpg-2.jpg


私達は、辛い症状が出てきたら

まず医師の診断を受ける事を提案しています。



ご自身で独自の素人判断をせずに、

専門家(医師)の判断を仰ぐ事は

とても大切な事だと考えています。

現在の社会は、

インターネットや書籍などで

様々な情報を手にする事が容易になっています。

それらを利用して、ご自身の独自の判断をする事は

いけない事ではないと思います。


しかし、

やはり素人は何処まで行っても素人です。

専門家(医師)の診断をキチンと受けて

その判断を仰ぐ事はとても大事な事です。


また、私達には気が付かない

別の病気の可能性も否定出来ません。


その為にも専門家(医師)の適切な診察を受けて、

その内容を伺いその後に、どのように対応するのかを

判断をすれば良いと考えています。


しかし、

ご相談に来られる方々のお話を伺っていますと、

医師(病院)の対応で、

以下の事を多くの皆様がお話になります。


1、医師があまり話を聞いてくれない・
         詳しい事を教えてくれない。

2、病院に通い投薬治療を行っているのですが、
         なかなか改善をしない。

3、「辛い症状が改善しません」と言うと
         薬がだんだん増えてします。

4、お薬の不安
 (副作用が怖い。薬を飲み続ける事が良いのか。)

5、今後、どのように対応していけば良いか不安。


辛い症状の方は、

診療内科や精神科を

普段あまり訪れる事がありませんので、

診察の時にどうしても敷居が高く感じてしまいます。


また、この病気の対応策等がわからない為に、

他の病気に比べると戸惑う事が多いので、

診察時に

どのように対応する事が良いのかがわからないのが、

現実ではないでしょうか。


tree_woods_00008.jpg-1.jpg


そこで、


私達は信頼出来る医師を選ぶ事を提案しています。



うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

病気の辛い症状は

千差万別で人それぞれで一律ではありません。


もしかしたら、

あなたの辛い症状を理解出来ない医師であったら、

あなたに、

とって的確な判断が出来ない場合もあり得ます。


例えば、「非定型うつ病」を

お認めにならない医師もいると伺っています。

また、患者の事をあまり見ずに

対応している医師がいる事も、

多く耳にします。


その為にも是非、

あなたが、

信頼出来る医師を探して

対応していただく事を提案致します。


信頼出来る医師の目安として

以下の事をご参考にして下さい。


◎ポイント-患者(あなた)の事を

よく見ている医師(病院)かどうか。

1、
どのような病気なのかをキチンと説明をして下さる。

2、
処方されるお薬がどのような物なのかを
        キチンと説明して下さる。
 メリット・デメリット(服用について効果・副作用)

3、
今後の診療方針や計画などの説明をして下る。


この事は冷静になって考えてみると

患者としてあたり前の事です。

しかし、

診療内科や精神科の医師の対応からすると、

患者の立場では

詳しく伺いにくい現実があるようです。


病気の回復をはかる為には、

診察をして下さる医師との

信頼関係を築く事はとても大切な事です。


勇気を出して、不安な事や不明な事は伺って下さい。


その後、

医師の対応に不満や不信が残るようであれば、

あなたが、信頼出来る医師を

別に探す事も必要になって来ると思います。


信頼の持てない医師に診察をしていただき、

不安のあるお薬を飲み続ける事は、

後々にあまり良い結果があるとは考えにくいので、

もしそのような事があるようであれば、

勇気を持って医師を別に探す事を検討する事を

ご提案致します。


そして、

あなたやご家族の為に

効果的な方法を選択して下さい。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」



私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか

周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


::::::::::::::::::::::







posted by マイインド at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

東京都八重洲でマインドフルネスの無料相談会を開催!


マインドフルメイトでは、

マインドフルネス心理療法 

      自己洞察瞑想法(SIMT)の

無料相談会を以下の内容にて開催致します。


マインドフルメイト-1.png


◎八重洲会場
〇開催日時:2019年 1月26日(土)
            2月23日(土)
            3月23日(土)

〇相談時間:10:30より
〇相談会場:東京都中央区八丁堀1-9-8 
         八重洲通ハタビル 5・6階

          ↓ アクセス(地図)
 https://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/access.html


area_photo02.png


■ JR東京駅(八重洲口)より  徒歩約10分
■ 日比谷線 八丁堀駅より     徒歩約 2分
  ※ 日比谷線八丁堀駅(A5出口)の階段を上がり
  そのまま直進し、1つ目の信号の横断歩道を
  ソフトバンクショップがある通り側へ渡ります。
 (ローソンとロイヤルホストがある交差点)
        渡りましたら直ぐに左折。
  ソフトバンクショップの2軒先のビルです。


◎全国各地から参加してきます。

各地からの所用時間
 〇札幌から4時間ーーーー飛行機利用
 〇秋田から4時間ーーーー新幹線利用
 〇仙台から1時間40分 ーー新幹線利用
 〇新潟から2時間11分ーー新幹線利用
 〇長野から1時間30分ーー新幹線利用
 〇金沢から3時間ーーーー新幹線利用
 〇名古屋から2時間ーーー新幹線利用
 〇大阪から2時間45分 ーー新幹線利用
 〇広島から4時間ーーーー新幹線利用)
 〇山口から5時間20分ーー飛行機利用
 〇松山から3時間40分ーー飛行機利用
 〇博多から3時間40分ーー飛行機利用
 〇鹿児島から4時間40分ー飛行機利用
 〇那覇空港から3時間20分 ー飛行機利用








※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html 

※ 無料相談会は事前の予約が必要です。

●必ず本人が参加してください。
            家族も同伴できます。

【参加できる方】
 ・ うつ病 ・ 非定型うつ病 ・
   不安障害 ・ パニック障害)・ PTSD 等
【対象外の方】
 ・統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・その他
  ※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム
          にて随時受け付けております。
【所要時間】
 ・お一人様約30分(伸びる場合もあります) 
      お約束の10分前に来てください。
【その他】
 ・キャンセルは必ず事前にご連絡ください。
 ・ご家族ご一緒に参加することができます。
 ・個人情報は外部に
    お話しすることは一切いたしません。

【ご注意】
※ 躁鬱や統合失調症は対象外となります。
※ 施設利用料として¥1000が掛かります。
※ 本人が治したいとの意思が必要です。

〇ひとりで悩まないで相談しましょう。
特に、うつ病、非定型うつ病・不安症(不安障害)・
   パニック障害、PTSDなどは、
心理療法で治ることがあります。

長引くと仕事ができない、
思うことができないと苦悩したり、
悪化すると自殺したい、
消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。

マインドフルネス心理療法は、
アメリカでの臨床実験により、
うつ病、非定型うつ病、
不安症、パニック障害、PTSD、
摂食障害(拒食・過食)、依存症、
家族の不和などに
効果があることが確認されています。


bokin.jpg


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html

::::::::::::::::::

マインドフルメイトでは、
マインドフルネス心理療法
自己洞察瞑想法(SIMT)の一つを用いて、
精神疾患の治療及び予防を行います。

 ストレスを排除するのではなく、
ストレスを受けても
自ら克服していく心のトレーニングを行います。
その事により、
症状が緩和したり完治したりするのです。

また再発防止にもなります。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


そして、
自分自身を諦めないでください。

私たちの目標は完治です。
私たちの言う完治とは、
〇お薬を飲まないで通常の生活を送る。
〇再発をしない自分になる。      です。

自分自身を諦めないでください。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

 http://www.mindfulmate.jp/conference.html




マインドフルネスでうつ病を治して行こう


マインドフルメイト-001.jpg















posted by マイインド at 17:59| Comment(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

不安障害を治すマインドフルネス自己洞察法


私達は、この現代社会で生き行く以上、
ストレスから逃れる事は出来ません。

しかし、そのストレスの渦に巻き込まれてしまうと、
日々の生活が思うように出来難くなって来ます。

すると、
色々な出来事(お仕事・勉強・家事・育児etc )に
大きな影響を及ぼしてしまう事に
不安症(不安障害)がありますので、
今回は、
不安症(不安障害)に付いてお話して行きます。

river_00045.jpg-2.jpg



―――――――――――――――――
目次
1、何故、不安症が起きるのか
2、マインドフルネスの対症法
3、不安症と不安障害の違い
4、不安症の特徴
5、マインドフルネス自己洞察法の効果
    〇自分の状態を理解出来る
    〇こころの変化に気付く事が出来る
    〇完治を目指す
6、注意点-自己流はいけない
―――――――――――――――――



マインドフルネスとは、
今起きている事を受容(そのままに)して行きます。


1、何故、不安症が起きるのか

私達は、日々様々な出来事が起きて来ます。
その一つ、一つを捕まえてあれこれと考え、
膨らませる事を繰り返して行く事により、
自分自身では気付かずに
交感神経が活発化して行きます。

その繰り返しの結果、
心臓の動きが激しくなったり、
強烈な不安が襲って来ます。


2、マインドフルネスの対症法

そこで、マインドフルネス自己洞察法では、
そこ事(今起きている事)を
受容(そのままに)して行きます。

その結果、
ご自身の心の状態が落ち着いて来ますので、
今何をすべきか、
どうしたら良いのかが分かって来ます。

すると、
様々な出来事に対して
ベストは対応が出来ますので、
よりこころ豊かな人生が歩めるのです。

また、
自律神経の回復や
ストレスを受容出来る事が分かって来ますので、
最近では企業でも取り組み始め、
一部の学校の授業でも
取り入れられているところがあります。


3、不安症と不安障害の違い

心の病気は様々なものがありますが、
その中でも不安症(不安障害)があります。
(以前は不安障害と言っていましたが
最近では不安症と言うようになっていますが、
その内容はほぼ同じと
捉えてかまわないと思います。)

マインドフルネス自己洞察法では、
不安症(不安障害)に
もその効果が確認されています。


4、不安症の特徴

不安症(不安障害)は
心の病気となるため治りが遅く、
治す為には
長い年月がかかってしまうこともあります。


5、マインドフルネス自己洞察法の効果

〇自分の状態を理解出来る

マインドフルネス自己洞察法が
なぜ良いのかというと、
呼吸に意識を向けて行く事により、
まず自分の状態を感じ取る事が出来ますので、
自分の呼吸の具合や変化を
感じ取ることができるという点です。

不安障害は過呼吸になる方も多いですが、
呼吸に意識を向ける事で
自分の呼吸の変化もわかるようになってきますし、
呼吸法の効果によって精神も安定してくるため、
過呼吸が軽減したという方も多い現実があります。

精神を安定させる以外にも、
体の小さな変化にも気が付きやすくなります。


〇こころの変化に気付く事が出来る

小さな変化としては、
どこかが痛んでいたり、
空腹具合もすぐに察知できるようになります。

心の病を患っている方は
それらの変化に気が付きにくくなっている事も多く、
食事を摂らないことも多々あります。

それらの事を無くすことができ、
心の前に体を健康にすることができます。

また、体の変化に気が付きにくくなる以外にも、
理性があまり保てなくなるという方も多いですが、
その事も解消する事が出来ます。

呼吸に意識を向ける事を行うことによって
心と体と理性を一つになり、
不安症(不安障害)も
改善に向かわせることができるのです。


〇完治を目指す

マインドフルネスは
他にも様々な良い効果があるとされており、
熟睡でくるようになったり、
想像力が高くなる、
脳がリフレッシュされるなどが挙げられます。

肝心のマインドフルネスのやり方としては、
呼吸に意識を向ける事を繰り返して行きますが、
その方法は自分のライフスタイルに
合わせて行う事が大切になります。

その繰り返しの結果、
医師の処方するお薬に頼ることなく、
再発を繰り返す恐怖からも解放されていきますので、
完治を目指す事が可能になります。


6、自己流はいけない

また、自己流で行う事により
さらに状態を悪化させる事がありますので、
それらの事をキチンと理解している
指導者の下で取り組む事が必須になります。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg


::::::::::::::::::::::::::

私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より、心豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/


posted by マイインド at 18:47| Comment(0) | 不安障害に付いて | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

うつ病や不安障害、パニック障害をマインドフルネスで治すための不可欠な条件!


私どもの行っています

マインドフルネス心理療法では

外からの力を使う事は一切ありません。

 (お薬や電気等を使う事は一切ありません。)


river_00045.jpg-2.jpg

自分の中にある、

「治そう」「戻そう」「良くしよう」と言う力を

引き出しながら、その力を活用して行きます。

ですので即効性はありません。

2ヶ月や3ヶ月行ったからと言って

良くなることはほとんどありません。


その為に、

焦らずにコツコツと繰り返しながら、

呼吸法と洞察法を

積み上げる事がとても大切になります。


また、この病気

(うつ病・不安障害・パニック障害・強迫障害等)の

特徴に、繰り返し波が起こる事がありますので、

その点でも、

焦らずに繰り返す事がとても大切になります。


そこで、参加をするご本人が、

「治したい」との

意思を持ち続ける事が不可欠になります。


ですので、

一時的に(お試しに)やってみようと言う事では、

お互いに

無駄な時間を過ごしてしまう結果になりかねませんので、

基本的には、

一時的に(お試しに)と

言う方はお断りをさせていただいています。


ですので、

ご本人の「治したい」との気持ち・意志の確認が

大きなポイントになります。


その点の再確認ができるのであれば、

私どもでのお引き受けは可能になります。


また、私達の目的は「症状の緩和」ではありません。

私達の目的は完治になります。

私達の言う完治とは

①お薬を飲まないで通常の生活が送れる事。

②再発をしない自分になる事。です。

ですので、

一時的に(お試しに)と

言う方はお断りをさせていただいています。


〇ひとりで悩まないで相談しましょう。

 特に、うつ病、非定型うつ病・パニック障害、

 PTSDなどの不安障害は、

 心理療法で治ることがあります。

 長引くと仕事ができない、

 思うことができないと苦悩したり、

 悪化すると自殺したい、

 消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。


マインドフルネス心理療法は、

アメリカでの臨床実験により、

うつ病、

非定型うつ病、

不安障害、

パニック障害、

PTSD(心的外傷ストレス障害)、

摂食障害(拒食・過食)、

依存症、

家族の不和などに

効果があることが確認されています。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


tree_woods_00009.jpg-2.jpg


【重要事項】

〇私どもの

 本来の活動以外の目的で参加をしないでください。

 例 ― 書籍などのご質問、

   マインドフルネス(SIMT)の情報を得る目的等)

 ※本当に悩む方の、

     道をふさぐ結果にもなりかねません。

〇「ご自身の病気を治したい」との意思を

  お持ちでない方はお断りします。

  マインドフルネス心理療法を行う上で、

 「ご自身の病気を治したい」との意思は

  不可欠になります。


:::::::::::::::::::::::

マインドフルメイトでは、

マインドフルネス心理療法(SIMT)を用いて、

精神疾患の治療及び予防を行います。


ストレスを排除するのではなく、

ストレスを受けても

自ら克服していく心のトレーニングを行います。

その事により、

症状が緩和したり完治したりするのです。

また再発防止にもなります。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


そして、

自分自身を諦めないでください。


私たちの目標は完治です。

私たちの言う完治とは、

〇お薬を飲まないで通常の生活を送る。

〇再発をしない自分になる。   です。


自分自身を諦めないでください。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/confere


posted by マイインド at 09:13| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする