ブログ

2016年12月02日

名古屋で無料相談会を開催

マインドフルメイトでは、
マインドフルネス心理療法 自己洞察瞑想法(SIMT・シムト)の
臨時 無料相談会を以下の内容にて開催致します。

〇開催日時 :2016年12月17日(土) ・ 2017年 1月21日(土)
〇受付時間 :13:00・14:00・15:00
〇相談会場 :オフィスパーク名駅カンファレンスセンター
住所:名古屋市中村区名駅3-22-4 名駅前みどりビル5F(1F資格の大原 )
【アクセス】
アクセス:各線「名古屋」駅桜通口徒歩7分ユニモール(地下街)12番出口すぐ
地下鉄「国際センター」駅徒歩1分ユニモール(地下街)14番出口すぐ
      http://www.officepark-net.jp/conference/meieki_conference/?tab=3

※ご予約の10分前にはお越し下さい。

ご相談は、今回の会場で受けても、
セッション会場はご自身の状態で選択出来ます。

セッション会場:
八王子会場(土曜日コース・火曜日コース)
八重洲会場(土曜日コース)
日比谷会場(火曜日コース)
名古屋会場(日曜日コース)
甲 府会場(土曜日コース)

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html

※ 無料相談会は事前の予約が必要です。

●必ず本人が参加してください。家族も同伴できます。

【参加できる方】
 ・ うつ病 ・ 非定型うつ病 ・ 不安障害(パニック障害)・ PTSD ・ 対人恐怖症
【対象外の方】
 ・統合失調症 ・双極性障害(躁うつ病) ・その他
  ※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム≫にて随時受け付けております。
【所要時間】
 ・お一人様約30分(伸びる場合もあります) お約束の10分前に来てください。
【その他】
 ・キャンセルについては必ず事前にご連絡ください。
 ・ご家族ご一緒に参加することができます。
 ・個人情報は外部にお話しすることはいたしません。

【ご注意】
※ 躁鬱や統合失調症は対象外となります。
※ 施設利用料として¥1000が掛かります。
※ 回復には本人が治したいとの意思が必要です。

〇ひとりで悩まないで相談しましょう。
 特に、うつ病、非定型うつ病・パニック障害、PTSDなどの不安障害は、
 心理療法で治ることがあります。長引くと仕事ができない、
 思うことができないと苦悩したり、悪化すると自殺したい、
 消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。
 マインドフルネス心理療法は、
 アメリカでの臨床実験により、うつ病、非定型うつ病、
 不安障害(パニック障害、PTSD=心的外傷ストレス障害など)、
 摂食障害(拒食・過食)、依存症、
 家族の不和などに効果があることが確認されています。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html

【重要事項】
〇 私どもの本来の活動以外の目的で参加をしないでください。
  (例 ― 書籍などのご質問、マインドフルネス(SIMT)の情報を得る目的等)
   ※ 本当に悩む方の、道をふさぐ結果にもなりかねません。
〇 「ご自身の病気を治したい」との意思をお持ちでない方はお断りします。
  マインドフルネス心理療法(SIMT)を行う上で、
  「ご自身の病気を治したい」との意思は不可欠になります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::

マインドフルメイトでは、
自己洞察瞑想法(SIMT)マインドフルネス心理療法の一つを用いて、
精神疾患の治療及び予防を行います。

 ストレスを排除するのではなく、
ストレスを受けても自ら克服していく心のトレーニングを行います。
その事により、症状が緩和したり完治したりするのです。
また再発防止にもなります。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


そして、
自分自身を諦めないでください。

私たちの目標は完治です。
私たちの言う完治とは、
〇お薬を飲まないで通常の生活を送る。
〇再発をしない自分になる。      です。

自分自身を諦めないでください。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/confere

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人  マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




posted by マイインド at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

治る人・治らない人

 私達、マインドフルメイトでは、
ご相談にお見えになる方の
すべてを受け入れている訳ではありません。

 それは、マインフルネス心理療法で、
すべての人の病気が治る訳ではないからです。
 また、マインフルネス心理療法で治る見込みのない方を、
受け入れてしまうと、
結果的にその方を裏切る事になりますので、
その事は、私どもの本意ではありません。
 ですの、最初にお問い合わせをいただきました時に、
その旨を、キチンとお伝えしています。

 マインフルネス心理療法が、
多くの人に接する機会が多くなればなるほど、
誤解や勘違いが増える傾向になると思いますので、
是非、ご自身の病気はどのような病気なのかを、
確認する事が、とても大切になります。

【お引き受け出来る病気】
1、うつ病・非定型うつ病
2、不安障害・パニック障害・PTSD・対人恐怖症
  ※どんな辛い症状があってもご相談に応じます。
  ※薬物治療で改善しない場合でもあきらめずにご相談下さい。

私達は、辛い症状を緩和から改善に向けて行きます。
      その後は改善から完治をを目指します。
  そして、薬物に頼らなで通常の生活が送れる事をチャレンジして行きます。
  ただし、この病気の回復には時間が掛かります。(最低1年〜2年位)

  この病気の、最も怖いのは「再発を繰り返す病」だと言う事です。
  再発を繰り返すと、さらに辛い症状になって行きます。
  私たちは、再発を繰り返さない自分になる事(完治)を、
  最終の目的にしています。


【お引き受けが出来ないケース】
1、統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・等
  その他、私共でお受けできないと判断した場合。
  ※辛い症状が似ている場合等がある為に同じ病気と思いわれがちですが、
   発症や回復プロセスに疑問点がある為にお引き受けが出来ません。
2、相談会やセッションに参加が出来ない場合。
  電話やメールで対応して欲しい等で遠方からの
  お問い合わせが多くありますが、この病気の難しさを考える時に、
  責任のある対応とらせていただく為には
  直接に面談する事がベストであるとの判断です。
3、本人に治そうとする意思がないと判断する場合。
  この療法は、ご本人の治そうとする意思が不可欠です。
  治そうとする意思がご本人に無い場合はお引き受けが出来ません。

  詳しくは、ホームページの無料相談会のページをご覧ください。

【回復が難しいケース】
1、セッションに参加をしても、
  私がお願いをする課題に取り組もうとしない(取り組めない)ケース。
  セッションに参加をすれば回復するのではありません。
  私達がお願いをする課題に取り組む事により回復をして行きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

詳細はこちらをご覧ください。
マインドフルメイトのホームページ:http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。
このままほっておけば治る病気ではありません。
一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人  マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
posted by マイインド at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

うつ病・不安障害の方へ

私達が現在行っています、
うつ病や不安障害(パニック障害)・PTSD等の相談会は、
スタートから六年目に入りました。

スタートした当初は、
本当に様々な方がご相談に訪れていました。
しかし、次第に回数を重ねるに従い、
マインドフルネス心理療法で回復が見込める方に
焦点が絞らるようになり、現在に至っています。

そのような中で、
ご相談にお見えになる方のご相談を伺っていますと、
うつ病や不安障害やパニック障害 等になってから、
長年にわたって悩まされいる方が多い事実がわかります。
また、病院で処方されているお薬が、その方の体質などにより、
あまり効果がない事実も浮き彫りになって来ます。
特に、副作用が怖いとのお話も、
具体的に聞かせていただく事がありますので、
ご相談を伺う事により、
うつ病や社会不安障害やパニック障害 等の、
実態を新ためて再認識させていただきます。

私達は、心理療法ですので、
薬物や器具などを使用する事は一切ありません。
呼吸法を中心に、日々の生活の中での洞察を加えて行く事により、
改善から回復・完治をはかりますので、あまり大きな負担はありません。
また、お薬を飲まれている方でも飲み続けていても大丈夫です。

その方自身の中に潜在する治癒力を活用する事により、
ご自身の「うつ病を治したい。」
「不安障害やパニック障害を乗り越えたい」
「普通の生活を送れるようになりたい。」との
意思をとても大事にして、
うつ病からの改善から回復・完治を目指して行きます。

うつ病を治すのは、私達ではありません。
私達は、うつの患者さんの回復の為のお手伝いをするのです。

「つらいうつ病を治したい」
「不安障害やパニック障害を乗り越えたい」
「みんなと同じように普通に生活を送りたい」

そのように考えた時、相談会にお問い合わせ下さい。

きっと、あなたの力になれると思います。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人  マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


posted by マイインド at 09:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 無料相談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

不安障害(パニック障害等)

最近はうつ病だけではなく、
不安障害(社会不安障害・パニック障害等)の方からの
ご相談が多くなっています。

とても辛い症状が起きてくる(襲ってくる)、
不安障害(社会不安障害・パニック障害等)も、
マインドフルネス心理療法で改善します。

不安障害(社会不安障害・パニック障害等)になると、
長い期間に渡って苦しんでいる方が多い現実があります。
その方々の中には、
薬物療法や認知行動療法で改善出来るケースがあるようですが、
もし薬物療法や認知行動療法でも改善が見られない場合でも、
絶対にあきらめないで下さい。

マインドフルネス心理療法で、
辛い症状の緩和からを改善、さらには完治を目指す事が出来ます。

いつのもように、元気で過ごしていても突然に起こる辛い症状や、
根拠のなく込み上げてくる不安などは、
とても言葉では言い表わす事が出来ません。
そして、その辛い症状がまた起こって来たらと思うときには、
とても怖くて外に出る事や、人と会う事は出来なくなってしまいます。
ひどい場合は、
うつ病の併発などにより一生涯にわたり苦しむ事になりかねません。
また、自暴自棄になり自殺に追い込まれる事もあります。

• パニック障害

(1)時々パニック発作が起きる=
   激しい動悸、過呼吸または息苦しさ、はきけ、気が遠くなる感じ、
   死ぬのではないかという恐怖感などが押し寄せる。
(2)予期不安
(3)種々の場面を回避
   (人ごみ、電車・バス・飛行機、高速道路、歯医者、美容院、狭い場所、等)

• 社交不安障害(対人恐怖症を含む)

(A)赤面恐怖=(人前で食事できない、会議などで発言できないなどの症状)
(B)表情恐怖=(表情恐怖、態度恐怖など、面目つぶれの恐怖)
(C)視線恐怖=(他人の視線による被害意識、
   自分の視線で他者を傷つけた加害意識、罪の意識、自己嫌悪の意識、等)
(D)あがり症=人前で発言できない、そういう場面役割を回避

• PTSD(心的外傷後ストレス障害)

(1)外傷体験(トラウマ)の想起回避、回避行動
(2)侵入的回想(フラッシュバック)
(3)再三の悪夢

• 全般性不安障害

(1)(仕事や学業などの)
  多数の出来事または活動についての過剰な不安と心配、
(2) 落ち着きのない、緊張感、 集中困難、心が空白となる、 睡眠障害など
(3)仕事、学業、文化的社会的活動に支障



私達は、うつ病・パニック障害・PTSD等の辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


詳細はこちらをご覧ください。
マインドフルメイトのホームページ:http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。
このままほっておけば治る病気ではありません。
一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人  マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安障害・パニック障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

何故、治るのか。

 私達、マインドフルメイトでは、
ご相談にお見えになる方の
すべてを受け入れている訳ではありません。

 それは、マインフルネス心理療法で、
すべての人の病気が治る訳ではないからです。
 また、マインフルネス心理療法で治る見込みのない方を、
受け入れてしまうと、
結果的にその方を裏切る事になりますので、
その事は、私どもの本意ではありません。
 ですの、最初にお問い合わせをいただきました時に、
その旨を、キチンとお伝えしています。

 マインフルネス心理療法が、
多くの人に接する機会が多くなればなるほど、
誤解や勘違いが増える傾向になると思いますので、
是非、ご自身の病気はどのような病気なのかを、
確認する事が、とても大切になります。

【お引き受け出来る病気】
1、うつ病・非定型うつ病
2、不安障害・パニック障害・PTSD・対人恐怖症
  ※どんな辛い症状があってもご相談に応じます。
  ※薬物治療で改善しない場合でもあきらめずにご相談下さい。

私達は、辛い症状を緩和から改善に向けて行きます。
      その後は改善から完治をを目指します。
  そして、薬物に頼らなで通常の生活が送れる事をチャレンジして行きます。
  ただし、この病気の回復には時間が掛かります。(最低1年〜2年位)

  この病気の、最も怖いのは「再発を繰り返す病」だと言う事です。
  再発を繰り返すと、さらに辛い症状になって行きます。
  私たちは、再発を繰り返さない自分になる事(完治)を、
  最終の目的にしています。


【お引き受けが出来ないケース】
1、統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・等
  その他、私共でお受けできないと判断した場合。
  ※辛い症状が似ている場合等がある為に同じ病気と思いわれがちですが、
   発症や回復プロセスに疑問点がある為にお引き受けが出来ません。
2、相談会やセッションに参加が出来ない場合。
  電話やメールで対応して欲しい等で遠方からの
  お問い合わせが多くありますが、この病気の難しさを考える時に、
  責任のある対応とらせていただく為には
  直接に面談する事がベストであるとの判断です。
3、本人に治そうとする意思がないと判断する場合。
  この療法は、ご本人の治そうとする意思が不可欠です。
  治そうとする意思がご本人に無い場合はお引き受けが出来ません。

  詳しくは、ホームページの無料相談会のページをご覧ください。

【回復が難しいケース】
1、セッションに参加をしても、
  私がお願いをする課題に取り組もうとしない(取り組めない)ケース。
  セッションに参加をすれば回復するのではありません。
  私達がお願いをする課題に取り組む事により回復をして行きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

詳細はこちらをご覧ください。
マインドフルメイトのホームページ:http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。
このままほっておけば治る病気ではありません。
一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人  マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


posted by マイインド at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする