2017年10月04日

マインドフルネスで薬の依存から離れる方法とは、(うつ病や不安症(不安障害)、パニック障害等)


マインドフルメイトに訪れる方の多くは、

すでに

医師の診断を受け何らかのお薬を処方されています。

中には精神科のお薬に不安を持たれ、

お薬を飲んでいない方もおりますがごく一部の方です。


river_00017.-1jpg.jpg


私は医師の処方されるお薬について、

薬名・薬効・副作用等の

明確な説明を受ける事をお願いしています。

どんなお薬でも、

メリット(利点)と

デメリット(不利点)がありますので、

その点の説明を受けた上で、

医師から処方される

お薬を服薬する事をお願いしています。


その時に医師の処方するお薬を服薬する事により、

今まで、

ご自身が感じる事が無かった症状が起きる事があります。

(イライラする。過食になり太る。息苦しくなる。等)

そんな時には、

躊躇なく主治医に相談する事をお願いしています。


そのような状況を理解しつつ、

医師の処方するお薬が

効果を出して行くケースもあります。

そこでとりあえず、

「ご自身の辛い症状が落ち着く事」になりますので、

患者さんの取っては、ひと安心となるでしょう。


すると、

その医師の処方するお薬を服薬する期間は、

患者にとっては、

比較的快適な日々を送れる事になります。

その結果、

そのお薬をいつまでも服薬し続ける事になります。


精神科のお薬を一定期間飲み続ける事は、

治療の観点からみても良い事だと思いますが、

長期間(1年~3年~5年~10年)の服薬は、

その作用がとても心配になります。


特に女性の場合は妊娠・出産がありますので、

その副作用は

とても注意しなければいけないと思います。


また、効果のあるお薬は、

その効果はあるゆえに

「お薬の依存」の心配があります。

例-①

医師の処方するお薬を服薬していれば安心だ。

(具体的な対策を取らずに薬に依存してしまう。)

例-②

その医師の処方するお薬を服薬しないと不安になる。

(医師の処方するお薬を飲まないといられるなる。)

そのどちらのケースでも、

最終的に

悩み・苦しむのは患者さんになります。



精神科のお薬が怖いと言われている、

理由の一つに離脱症状(副作用)があります。

離脱症状とは、

そのお薬の服薬を続けている期間は

問題が起こらないのですが、

減薬や断薬をする事により、

今まで起きていない症状が起きて来る事を言います。

その症状の現れ方は人により変わっています。


river_00017-2.jpg


マインドフルメイトに訪れる方の中も、

そのようなケースは多々ありますので、

医師の処方するお薬を服薬しながら、

セッションの

スタート時期は同時進行をして行きます。

その後に、症状が緩和する事により、

お薬の作用・副作用のお話をさせていただきながら、

主治医の減薬から断薬までの経緯を、

お話しさせていただいています。

その事は、

闇雲に減薬や断薬に取り組むのではなく、

キチンと減薬と断薬のプロセスを知り、

計画的に、

処方されているお薬の

減薬と断薬に取り組んで行きます。


そこで、大切な事はご自身で、

「薬を飲まないで

  通常の生活が送れるようになろう」と、

ご自身の意志を持つことになります。


どんな病気でも、

「治そう」と言うご自身の意志を持つこと、は

とても大切になりますので、同じ意味になります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、

うつ病・不安症(不安障害)

パニック障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

       より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ
         
http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


posted by マイインド at 21:04| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする