2018年01月31日

マインドフルネス心理療法でうつ病が治るポイントとは、


マインドフルメイトの安心サポート

マインドフルメイトでは、
辛い症状のあるうつ病、
パニック障害・PTSD等の為に
通常の生活が送る事が出来ない方の為の、
回復プログラムとして
マインドフルネス心理療法(SIMT)の
セッションを行っています。

そのセッションに参加をされた方の為に、
特別な安心サポート体制を敷いています。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg



〇お一人・お一人を大切にサポートします。


うつ病・パニック障害・PTSD等の症状は、
発症の経緯や辛い症状の度合い、
湧きあがってくる不安の状況や、
置かれている環境等により、
その辛い症状は様々です。

そこで、
参加をされている方に合わせた
支援を行っています。


〇参加者の回復状況に合わせた
        サポートを行っています。


参加者の発症からの経緯や環境などによって、
回復の経緯や、
回復までの時間等は皆さんが様々です。

参加者の個々の回復状況に合わせた
サポートを行っています。


〇疑問・質問にいつでも応じます。


参加者の方がセッションを進めて行く中で、
わからない点や不安な事が出て来ましたら、
いつでも、
その疑問点や質問に電話やメールでお答えします。


〇緊急サポート


うつ病・パニック障害・PTSD等の症状の方は、
辛い症状が予測なしに突然に襲って来ます。

そんな時には、どうすれば良いのかが分からずに
不安になってしまいます。

そんな時の為の、緊急のサポートです。

詳細は、お問い合わせください。



〇アフターフォローのサポート

セッションが終了しても、
「もう少し自信を付けたい方」
「もっと治したい方」の為に、
セッション終了後でも、
引き続きセッションの参加が可能です。

その場合は、
日記指導等が無ければ参加費は安価になります。



詳細は、お問い合わせください。



もう一つの大切なポイント

      

マインドフルネスは適切な指導者の下で

   クリック


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg



posted by マイインド at 15:41| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

うつ病がどうしてマインドフルネスで治るのか、



私たちが生きている現代社会は、

私達の意向(好むと好まざると)にかかわれず、

ストレス社会と言われています。


stress_woman.png


そこで、

家庭や職場・学校の人間関係、

大切な人や物を失ったことのショック、

過去の失敗など

発症の原因はさまざまですが、

これらの原因により

ストレスを受け続けたこと、

または短い時間に大きなストレスがかかった事により、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどを

発病してしまう確率はとても高くなります。


stress_man.png


そこで、

ご本人が、たとえ思い当たる原因がなくても、

知らず知らずのうちに

ストレスを受け続けていたという事もあります。



その対策の為に、

現在では、病院などで処方される

うつ病などの薬は

セロトニン仮説により作られています。


thumbnail_medical_tablet.jpg



しかし、

セロトニンに働きかける薬(SSRなど)で

なかなか改善しない方もいます。


なぜなら過剰に分泌された

ストレスホルモンが

自律神経のバランスを崩した結果、

様々に引き起こされる症状に、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどを、

発病してしまうと、考えられるからです。


自律神経は、

交感神経と、

副交感神経で成り立っていますが、

ストレスホルモンの加分泌により

交感神経が優位になりすぎてしまっている為に、

自律神経のバランスが崩れて行きます。


そこで、

自律神経のバランスを整えていく事により、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどの、

症状は徐々に回復していきます。


マインドフルネス心理療法SIMT(シムト)は、

交感神経と副交感神経のバランスを整える呼吸法を用い、

あるがままを実践して、

ストレスホルモンの異常分泌を抑えつつ、

病状を回復、完治を目指します。



マインドフルメイトのマインドフルネスSIMTは

薬や器具を一切使わず、

自分の持つ治癒力を引き出しす心

理療法ですので、

副作用はまったくありません。


どうして病気になったか?

どうすれば治るか?については、

無料相談会に参加された方には

もう少し詳しくお伝えしております。


yjimage.jpg
画像をクリックしてください。⇒ 無料相談会


さらに、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどを

治す方法は、

セッションに参加する事により身をもって理解できます。

 

マインドフルメイトのホームページでは、
セッションを終了した方から寄せられた
体験談を載せています。

top-014.gif
画像をクリックしてください。⇒ 体験談

:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg
















posted by マイインド at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

マインドフルネスは適切な指導者の下で


私が、マインドフルネス心理療法に巡り合った当時は、

まだ、まだマインドフルネスと言う事になじみも薄く、

「変な宗教ではないなか」と

伺われた事ともある時代でした。


river_00009-1.jpg


しかし、その後、

「マインドフルネスとは、どうやら効果があるようだ」

と、専門家の間で徐々に伝わり、

次第にマスコミで取り上げる事が多くなりました。


その結果2~3年前頃から、

「マインドフルネス」と言う名前だけが、

多くの人達に知られるようになって来ました。


しかし、その内容は、

まだ、まだほとんどの方が

知らないのが現状ではないでしょうか。


例えば、

〇ストレスに効果がありそうだ。

〇マインドフルネスとはヨガと一緒だ。

〇集中力がアップできそうだ。

〇簡単にできそうだ。etc

その際たるものはCD等の販売ではないでしょうか。


その場しのぎの、

一次のブームでよければ

その方法も間違いではないでしょうが、

自己流の安易なマインドフルネスはとても危険です。


例えば、

不安や抑うつ症状などを解消しようと

瞑想を始めたにもかかわらず、

かえって症状を悪化させてしまう事が起こって来ます。


マインドフルネスでは、

気づきの連続とも呼ばれ、

マインドフルネスに取り組む事により、

心を静かにあらゆる物事をあるがままに観察し、

それによって苦しみの原を

クリアーにして行く事を目指します。


ところが、マインドフルネスの基本となる、

受容(そのままに)することが

初心者にはとても難しい。


そこに、

「ありのままに」

「何も考えない」と言われると、

かえって混乱してしまう為に、

うまく対応出来ない自分を責めてしまう事により、

さらに、その症状を

悪化させてしまうケースが増えているようです。


指導者の中には

具体的な事を言わないケースや、

ちょっとしたことでも、

事細かに指示するケースもあるようです。


その教え方は、

その人により様々で良いと思いますが、

指導する相手の、

置かれている環境や

境遇また特徴を理解する事無く

指導者のやり方をただ押しつけてしまうと、

かえって、

混乱を招く事になりやすいと言えます。


こうしたことは、

自分がマインドフルネスに求めるものと、

実際に取り組んだマインドフルネスの目的が、

食い違う場合に起こりやすいと思われます。


そのような事が起こらない為にも、

マインドフルネスに取り組む時には、

自己流で行わずに

マインドフルネスを良く理解している

適切な指導者の基で、

マインドフルネスの

指導を受ける事が必須となります。


river_00009-2.jpg


~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。



一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。


そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ:http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。


また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。





マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg







posted by マイインド at 12:56| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

脳神経の生理学的変調をマインドフルネスで治す!!


うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す!

マインドフルネス心理療法(自己洞察法)を

始めても、

回復には時間は掛かります。


辛い症状を長期間にわたって

使用してきた神経回路の習慣には

根強いものがあります。


習慣化した心理や反応パターンと、

脳神経生理学的変調が起きているので、

どうしても回復には時間がかかります。


辛いでしょうが

長い期間を掛けて

コツコツとトレーニングをして行く事により、

脳神経生理学的な領域までも

変化を起こす事が可能になってきますので、

回復力がアップして来ます、

すると完治が可能になって来ます。

tree_woods_00027.jpg-1.jpg


その時々に何を考え、

どう行動するのかは脳神経生理学的反応になります。

その時に「価値崩壊の反応パターン」ではなく、

「価値実現への反応パターン 」を

繰り返しトレーニングをします。


そのトレーニングを始めても、

「3ヶ月とか6ヶ月もやったのに

完治しない」というような、

安易な不満の反応をしない事が

とても大事になります。

また、回復が遅いことに

不満を持つようになって来ると、

意欲の低下にもつながり、

うつ病を併発して

治療もやめてしまう事になりかねません。


そこで「この病気の回復には時間が掛かる」との

認識を持つ事がポイントです。


トレーニングをやめることは

回復行動(価値実現)の逃避回避に入り、

類似の苦しむ反応パターンの再現につながって来ます。


不安(パニック)障害の場合には

種々の逃避回避が重層的にあるので、

マインドフルネス心理療法でも完治までには、

うつ病よりも長くかかるのが現実です。


しかし、長くはかかりますが

トレーニングをやっただけ改善はします。

〇不安恐怖が軽くなる

〇広場恐怖が解決する

〇対人恐怖がよくなる


それは「価値崩壊の反応パターン」が

少し弱くなり、

脳神経生理学的な変化が

少し起きる事により少しずつ改善されて来ます。


1年から2年指導を受けて

呼吸法や洞察法等のコツがわかったら、

自分で回避逃避の解消に

チャレンジしていけば

完治への道筋が開けて来ます。


特に、

少し軽くなったところで

トレーニングをやめてはいけない。


完治していないボヤ状態であれば、

再発する出来事に遭遇する事により

再燃するおそれがあります。


その時に、

おいこまれての不安障害の再燃であれば

うつ病も併発するおそれがあります。


中途半端な状態で、

再発の不安を抱えているよりは、

完治を目指し、

再発が来ても乗り越えられる状態にしましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病

不安症

パニック障害

PTSD等の

辛い症状の原因を、


心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、


あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・

詳細はこちらをご覧ください。

     

マインドフルメイトのホームページ

http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


posted by マイインド at 12:56| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

ストレスによる身体的な影響とはなんでしょうか。


私達の日々の生活の繰り返しの中で、
何事もなく平穏な日々が繰り返される事により、
精神状態は安定してきます。

すると血液の流れが落ちついて来ますので、
その為に、脳細胞や内臓などに
健全な血液を運んで行く事が可能になります。

健全な血液が循環される事により、
私達の身体を健康に保つことが出来ます。


river_00011.jpg-1.jpg


ところが、
予測しない事が起きる、
何かをしようとするが思うように行かない、
誰かに嫌な事言われる等の不都合な事が起き、
また、将来に見通しが立たない、
あるいは、
何かの対策がとれない等が起きて来ても、
その事に対して
「こすればよい」との解決策がみつかりますと、
その時が忙しいとか、
大変だと言っても、
その事でこころのバランスが崩れる事はありません。


ところが、
ストレスが加わり続ける事により、
交感神経が活発になって行き、
血圧が上がって行きます。

血圧が上がれば動脈硬化になりやすくなります。

そして、
その事により血液が固まりやすくなっているので、
血栓ができやすくなっています。
それが脳の血管に起これば
脳梗塞:心臓の冠動脈に起これば心筋梗塞です。

また、
私達にストレスが加わり続ける事により、
血糖値を高めて行きますので、
ストレスが加わり続ける事により
糖尿病にもなりやすくなって行きます。


さらにストレスは、
脳にも障害を与えて行きます。

私たちは嫌なことがあると、
精神が集中出来難くなって行きます。

例えば、
お年寄りなどの場合に
大切な伴侶を事故で失ったような、
急にぼけたようになる事も、
しばしば起きて来ます。

子どもの場合には
学校を変わる事や、
家族の不和等で
争っているなどの出来事で、
急に勉強が出来なくなったりします。

それは強いストレスが

脳に影響を与えているからです。


river_00039.jpg-1.jpg


~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。



一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。


そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

http://www.mindfulmate.jp/



マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg








posted by マイインド at 19:54| Comment(0) | ストレスの影響とは | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

過剰なストレスの影響とは


●ストレスのメカニズム

私達が日々、
悩まされているストレスとはいったいなんでしょうか。

それは古代の大昔の事で例えると、
狩猟に出て、
自分より大きな動物などを確保してそれを食べる。

また、その途中に他の動物などに襲われる。

さらには他の部族が
食料や領地を拡大しようと攻撃を掛けて来ます。

その時、私達は立ち向かうか、
逃げるのかのどちらかを選択する事になります。


IMG_20170731_101341.jpg


そこで、
それらの事に立ち向かう為には、
筋肉をフル活用しなくてはいけません。

その為は、
筋肉のエネルギーを使う事になります。

その筋肉のエネルギー源がブドウ糖になります。


私たちはストレスに遭うと、
視床下部を刺激し
副腎へと情報が伝わります。

そして副腎皮質(副腎の外側) から、
コルチゾルというホルモンが出きれます。

コルチゾルは、
血中にブドウ糖を放出するホルモンで、
その結果、血糖値は高くなります。

また副腎の内側にある、
髄質からは
アドレナリンなどが放出されます。

アドレナリンは
交感神経といっしょになって、
心臓の拍動を早めて行きます。

このブドウ糖を筋肉に送るために
心臓が激しく拍動してきます。

恐怖にさらされると
心臓がどきどきするのは
この作用になります。

これは交感神経が
活発になる為に起きてくる事です。

またブドウ糖を
燃焼させるためには
酸素の供給が必要になります。

そのためにも
自然と呼吸が早くなって行きます。

また、酸素を筋肉に多く送るためにも
心臓は速く拍動する事が起きて来ます。

私たちの祖先が
そのような仕組みをもっていたから、
生き延びることができ、
私たちが今あるのです。

ところが今では、

戦争とか狩猟のように実際に私たちに

危害を及ぼすような状況を

もたらすようなことは起こらなくなっています。


現在の闘いは心理的なものです。


競争社会で、
相手よりもっとよい製品を作る、
あるいは会社で早く昇進する。

そのような際に争いが起こり、
相手を憎む、相手を恐れる、
相手に心理的な打撃を与えようとするというような
ことが起こるのです。

むしろ
精神的なことがストレス反応を起こしているのです。

その結果、

現代ではうつ病や不安症(不安障害)、

パニック障害や強迫性障害等が起きて来ます。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg

~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。



一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。


そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

http://www.mindfulmate.jp/



マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg




posted by マイインド at 12:52| Comment(0) | ストレスの影響とは | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

思い出したくない過去の出来事や、根拠のない不安が、湧き上がってきた時にどうするか。


ある日突然、

思い出したくない過去の出来事や、

何だか嫌な思いや考えが、

湧いて来る事がありませんか。


また、

根拠もなく湧き上がって来る不安、

私は、これからどうなるのだろう。


こんな事に気付いて来ると、

私達は、

「なんとかしなくては。」

「このままではいけない。」と焦って来ます。


そして、

ご自身の思いつくままに、

その対症法を行って行きます。


そこで、

その対症法が間違っていなければ、

それらの状態は次第に落ち着いて行きます。



しかし、

その対処法を間違ってしまうと、

逆に、

嫌な考えや、

根拠もない不安を、

増徴させる事になってしまう事があります。



そして、

知らず知らずに、

嫌な考えや、根拠もない不安を、

押し込めようとする、

または

「これではいけない」と嫌悪する事を、

結果的に繰り返す事により、

さらに辛い・苦しい状態となり、

うつ病や不安症・パニック障害、

さらにはPTSDなどの精神症状の発症に至ります。



tameiki_businessman.png



そこで大切な事は、

ご自身のこころの状態を

チェックして置くことが大切になります。


例えば、

何か心配な事があったり、

気掛かりな事がありますと、

私達は、

その事をほって置く、

知らんふりをする事が出来ませんので、

そこで、

「何とかしよう、」

「何とかならないものか、」と考えます。


しかし、

そこで何とかなる事であれば

門題にはなりませんが、

なんとかならない事、は

常に、

「何とかしよう、どうにかならないか」

考えます、

考えます、

考えます。



darui_woman.png



この事をストレスがかかった状態と言います。


すると例えば、

夜眠れない、眠りにくい、夜中に目が覚める、

朝起きれない、朝起きにく、

食事が美味しくない、

無性にイライラする 等の事が

起きて来ます。


この事は、

あなた自身が「いけない」とか、

あなた自身が「バカだから」ではありません。


私達、人間としての特徴です。

人間としての特徴と言う事は、

あなただけに起きる事ではありません。


何かのストレスが、

あなたに突然、

又は

慢性的に加わる事により起きて来る事です。



stress_woman.png



例えば、

風邪を引く事により、

熱が出たり、咳が出て来る事があります。

それは、

あなた自身が「いけない」とか、

あなた自身が「バカだから」ではありません。

風邪の症状です。


ですから、

この事を、

「ダメ」、

「いけない」とせずに、

特徴、症状として理解する事が、

こころのバランスが崩れた状態から、

脱出する一歩になります。



そして、

どうする事が、今の状態から悪化になるのか。


どうする事が、今の状態から脱出できるのか。

このことを理解して、

今の自分に出来る事を繰り返して行きます。


そこで大切な事は焦らない事です。


辛い状態にいますので、

一日、一時間、一秒でも早く、と言う気持ちは、

理解出来る事ですが、

へたに焦ると

さらに辛く苦しくなって行きますので、

マインドフルネス(自己洞察法)に

取り組む時には、

焦らずに、

また、自己流で行わずに

マインドフルネスを良く理解している

適切な指導者の基で、

マインドフルネスの

指導を受ける事が必須となります。



eieiou_woman.png



~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。



一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。


そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

http://www.mindfulmate.jp/



マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg











posted by マイインド at 11:16| Comment(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

H29年度の活動/決算報告とH30年度の活動/予算計画-マインドフルメイト


先日の、

理事会と総会が終わりましたので、

マインドフルメイトの

H29年度の活動・決算報告と

H30年度の活動・予算計画を

ホームページに掲載しました。


https://www.mindfulmate.jp/shadanhoujin.html



私どもは、

ボランティアとして

非営利の法人として活動を行っています。

マインドフルメイト:佐藤福男






posted by マイインド at 10:39| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

H30年度の総会の開催―マインドフルメイト


平成30年度のマインドフルメイトの理事会・総会を
以下の内容で開催致しました。

2016-01-24 10.16.41-2.jpg   2016-01-24 10.13.02-2.jpg

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

〇開催日時:平成30年1月21日(日) PM10:30~
〇開催会場:日比谷図書文化館
〇会場住所:東京都千代田区日比谷公園1−4
 
〇議 題 
①平成29年度事業報告について
②平成29年度事業決算について
③平成30年度事業計画について
④平成30年度事業予算について
⑤役員の名義変更に付いて
⑥その他
 ○ 自殺防止の無料相談会ついて
 ○ 理事会の開催日について
 ○ 今後の活動について
      セッションの内容に付いて
      短期集中セッション
      プライベートセッション
      セッション体験者の集い
      パートナー制度に付いて、
      エビデンスの整理とまとめについて
                    その他

すべての項目にご承認をいただきました。

:::::::::::::::::::::::::

私どもは、
2010年にマインドフルメイトの活動を発足させて以来、
無料相談会やセッションに参加をされる、
お一人・お一人を大切にしながら、
うつ病や社会不安障害・パニック障害、
心的外傷後ストレス障害(PTSD)等で
悩み苦しむ方々の手助けを行う活動を進めて来ました。

その結果、
セッションに参加をされた方々の「治したい。」
「普通の生活に戻りたい」との根気良い努力により、
病気による症状の回復がなされてきました。
その事をより大切にしながら、
現在では病院に行ってもなかなか回復をしない
多くの方々を受け持つ状況に至りました。

 これからマインドフルネスの認知度が
さらに広まる状況になりますと、
必要性はさらに高くなってくる事が想定されています。
今後に予想される
マインドフルネスの需要に対処する為には、
私達の活動をより多くの方に知っていただき、
さらにはより信頼していていただける活動に
して行きたいと考えています。

一般社団法人ではなく、
非営利の社団法人を選択している事により
申請時の手続きや、その後の運営状況等には
様々な規制が掛かりますが、
非営利の社団法人になる事により、
私達の活動は営利を目的とせず、
かつ公益を目的とする団体になります。

一人でも多くの方に信頼していただき、
うつ病や社会不安障害・パニック障害、
心的外傷後ストレス障害(PTSD)等で
悩み・苦しむ方々の手助けをして行きたいと考えて
今回の決断に至りました。

私たちの活動の原点は、
「うつ病や不安障害・パニック障害、
強迫障害等で悩み苦しむ方を、
普通の生活に戻れるようにサポートして行こう。
そして、その方の役目・役割を果たす事により、
こころ豊かな人生を歩んでいただきたい。」
と言う願いからです。

何卒、私達の真意をご理解いただき
ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

非営利型 一般社団法人
      マインドフルメイト  理事長 佐藤福男

posted by マイインド at 16:58| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

こころ静かに、時を待つ心を、


何事をなすにしても、時と言うものがあります。

それは、
私達人間の力や人知を超えた、
目には見えない大自然の力のはたらきがあります。

例えば、
いくら春の到来を望もうとも、
その時が来なければ桜は咲きません。

そのように、いくら焦って
もその時が来なくては事の成就はありません。

冬が来れば、
春は必ず到来します。

その事を知っている桜は
静かにその時を待っています。


それはまさに、
大自然の恵みを
心から信じきった姿と言えるのではないでしょうか。


物事が思うように行かない時もある。

でも、その裏返しに思うように行く時もある。


物事を成就させる事が出来る人とは、
その事を理解して、
焦らず慌てずに、
こころ静かに、
その時を待つ。


その時を待つ心は、
ただ、何もせずに待つのとは違う。

ひと時の一瞬の休みも無く、
己の力を蓄えるのである。

己の力に蓄えが無いと、
その時が来ても事が成就しないのでないか。

時を得た人とは、
大きな自然の恵み働きをこころから信じ、
時の流れを信じて、
わが身の力を着々と蓄える事の
出来る人ではないか。


着々とわが身の力を蓄えた人には、

必ず、

その時が来る。


「待て」と言われると、

なおさらに、

焦ると言う人がいる。


でも、自然の力とは、

そのわがままな人のこころに流される事はない。


冷酷に突き放すのではない。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg



私は、数十年前に、
比叡山延暦寺の座主を務めた、
山田恵諦( 比叡山延暦寺第232世天台座主)から、
こんな言葉をいただきました。

物事が成就するのには、
 三つの事は整わないとなりたたない。

〇その一つは、お金(資金)である。
 何を始めるにしてもその大小はあるにしろ、
 お金(資金)は不可欠になる。

〇次には、その事を応援してくれる支援者である。
 どんな物事でも一人では出来る事に限度があり、
 ともすると立ち行かなくなる。
 その為に、応援してくれる支援者は不可欠になる。

〇最後に、時の利である。
 いつ始めても良いのではない。
 必ず、その時と言う事があるので、
 始める時を待つのである。


お互いに、
こころ静かに、
その時を待つこころを持って行きたい。


また、おたがいに時を待つ心を養いたい。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg




posted by マイインド at 12:37| Comment(0) | 日々に思う事 | 更新情報をチェックする