2019年01月31日

うつ病を治していく為には | マインドフルネスでは治したいとの意思が不可欠です。


私達の始めた

「自殺防止・うつ病対策の無料の相談会」も、

おかげ様で9年目に入り、

約480名を超える方の

ご相談をお受けしてきました。


tree_woods_00133.jpg-1.jpg


その具体的な事はお話する事は出来ませんが、

現在社会の縮図を

見ているかのように感じています。

複雑化して行く社会、

そしてストレス化している社会構造。

現代社会が

まさに病んでいるかの如く思っています。


そのような中ですが、

私達は引き受け出来ない病状の方を

ハッキリ申し上げています。

1、統合失調症

2、躁うつ病(双極性障害)


これらの病状の方に付きましては、

私達が行っている

マインドフルネス心理療法では、

回復効果が確認出来ない為に、

私達はお引き受けを

ご辞退させていただいています。



面談当初に

その事が不明なケースもあるとは思いますが、

その事が、

判明した時点で

キチンとお話をさせていただいています。


また、その事以外にも以下の事に該当する場合は、

私達は引き受け出来ない事を

ハッキリ申し上げています。


1、本人に、うつ病を治そうとする意思がない場合。

2、私達がお願いしている呼吸方が出来ない場合。

3、セッション
    (回復プログラム)の参加出来ない場合。


私達は、うつ病の方をお引き受けする以上、

改善から回復、

そして完治を目指して

取り組みをさせていただいています。

私達の行うセッション(回復プログラム)は、

薬物を使用したり

器具や道具等を一切使用致しません。



人間自信が本来持っている

呼吸や自己洞察を高めて回復に至りますので、

回復にどうして時間が掛かります。


その期間は

少なくても

1年から2年間は必要となりますので、

私達の受け入れ人数にもおのずと制限があります。

真剣に

「うつ病を治したい。」と考えている人だけを、

お受けするスタイルをとらせていただいています。


また、再発の多いと言われているうつ病ですが

私達の行っている

マインドフルネス心理療法を長い時間を掛けて、

ご自身で身に付けてしまうと

再発がしにくいのが利点です。


その効果が疑問視されている、

また副作用が心配な薬物療法などの、

方法で長い期間辛い症状に悩まされ、

再発の不安を抱えて

一生涯生活をして行く選択肢を選ぶのか、

多少の時間は掛かっても、

キチンと回復する手法を選択するのかが、

大きな分かれ道だと、私は考えています。


tree_woods_00133.jpg-1.jpg


:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に

向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点が

ございましたらお問い合わせください。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆


詳細はこちらをご覧ください。


マインドフルメイトのホームページ

    ↓

http://www.mindfulmate.jp/



2019年01月30日

セッションは出来るだけ休まない事がポイントです。:マインドフルメイト


月の後半から、

月の始めに掛けてセッションが続きます。

私の退院後、

セッションに参加をされてくる方の

様子を伺っていますと、

私のアクシデントのために、

1ヶ月のブランクができてしまったことの、

影響の大きさを感じています。


たかが、1ヶ月。

されど、1ヶ月です。


症状の回復期に入っている方に取っては、

セッションを1ヶ月休む事の、

影響の大きさを感じ取る事は、

とても大切になります。


セッションにブランクが出来ますと、

どうしても、

課題の取り組みに甘さが出ます。


始めの内は、

「このくらい手を抜いても大丈夫」と思いますが、

時間の経過と共に、

その甘さがどんどんと広がっていきます。


そして、

気が付きくと、

私がお願いしています課題の取り組みに、

油断と甘さが出てしまい、

症状の波に

気付くことが出来ない状態になっていきます。


その結果、

何故か、わけもなく、

辛く・苦しい状態に入ってしまいます。


ところが、

セッションに毎月継続して参加が出来ていると、

症状の波に気付きます。


症状の波に気付くと、

そこで、

マインドフルネス(自己洞察法)の対処が

可能になります。


その繰り返しが、

自分自身の症状の安定に繋がって行きます。


ですので、

毎月のセッションに続けて参加をする事は、

自分の状態を良くしていく意味でも、

とても、大切な要因になます。


ですので、

セッションを続けてお休みする事は、

自分自身の症状の回復の為には、

出来るだけ避ける事が必須になります。


また、

セッション参加当日に、

体調があまり良くないときは、

多少無理をしてでも、

セッションに参加をしたほうが、

ご自身の中に、

気付きが多くなって行きます。


まだまだ、

症状の波に悩まされる日々だと思いますので、

焦らずに、

日々の取り組みを繰り返してください。


マインドフルメイト:佐藤




マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg





posted by マイインド at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

マインドフルネス心理療法での対象外(効果が確認をされない)の病気について

マインドフルネス心理療法に関して、

対象外の病気でのお問い合わせを、現在たくさんいただいています。

その詳細に付きましては、

私どものホームページに記載していますが、

新ためて、キチンとご案内をさせていただきます。


:::::::::::::::::::::::


マインドフルネスは心理療法になります。

ですので対応出来る病気は、

心理的な事が原因で引き起こされる病気になります。


それは、うつ病や不安障害(パニック障害)・PTSDなどになります。


只、統合失調症や双極性障害等の、

心理的な事以外に原因があると考えられる場合には、

その効果が確認をされていません。


ですので、統合失調症や双極性障害等の方を、

私どもが、お引き受けしてしまうと、

最終的にその方を裏切る結果となります。



その事は、私どもの本意ではありません。


また、私達が現在行っている事は、

辛い症状の病気を改善したり良くする事だけはありません。


私達は、完治を目指しています。


私達が言っている完治とは

○お薬を飲まないで通常の生活が送れる事。

○再発をしない自分になる事。


ですので、

マインドフルネスで対応出来ない病気については、

キチンとお断りをしています。


是非共、ご理解下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の


辛い症状の原因を、


心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

       より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・


詳細はこちらをご覧ください。


マインドフルメイトのホームページ:http://www.mindfulmate.jp/


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

 非営利型 一般社団法人  マインドフルメイト   代表理事

 特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

うつ病はどこまで治るのか検証します | マインドフルネスの検証


マインドフルメイトの

マインドフルネス自己洞察法の活動は、

今年で9年目に入りました。


―――――――――――――――――
目次
 1、スタート当初からは
 2、その実態は知られていな現実
 3、マインドフルネスは集中
 4、マインドフルネスは受容です
 5、理論・理屈だけが先行している
 6、実際の効果を確認してください。
―――――――――――――――――



1、スタート当初は

スタート当初は、
マインドフルネスと言いますと、
うさん臭い宗教ではないのかと、
言われた事もありますが、
その後、マスコミ(テレビ・新聞・雑誌 等)で、
マインドフルネスの事を
とても大きく取り上げていただきましたので、
一時期のブームに近い状態になりましたので、
お陰様で、マインドフルネスと言う言葉は、
どなたでも聞いた事があるとか、
知っている、と言う方が増えました。


2、その実態は知られていな現実

しかし、
そのマインドフルネスの内容になりますと、
まだまだ知れていないのが実情です。


3、マインドフルネスは集中

例えば、
マインドフルネスとは集中だ、
と思っている方も多いのではないでしょうか。


4、マインドフルネスは受容です。

しかし、
マインドフルネスとは
「受容する事」と言っていますので、
必ずしも
「集中する事」だけを言っているのではありません。


詳しくは、
こちらをご覧ください。
    
日本におけるマインドフルメスとは、


5、理論・理屈だけが先行している

そんな状況ですので、
マインドフルネスの効果となりますと、
理論・理屈だけが先行しているのが、
現状ですので
その実情をご存じの方は、
まだまだ、少ないのではないでしょうか。


6、実際の効果を検証してください。

そこで今回は、
マインドフルメイトに届きました、
年賀状の一端から、
その実情を検証して行きます。

但し、
個人情報になりますので、
その点は尊重致しますので、
ポイント箇所だけを掲載いたします。


マインドフルメイト 年賀状 011.jpg


マインドフルメイト 年賀状 012.jpg


マインドフルメイト 年賀状 013.jpg


マインドフルメイト 年賀状 014jpg.jpg


マインドフルメイト 年賀状 015.jpg


マインドフルメイト 年賀状 016.jpg



・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/


posted by マイインド at 09:26| Comment(0) | マインドフルネスの効果について | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

うつ病に有効なマインドフルネスとは、/ マインドフルメイト


数年前に比べると、

驚異的にマインドフルネスの関心が高まっています。


例えば、

数年前に八重洲ブックセンターに並ぶ、

マインドフルネスの書籍の数は

ごく僅かな状態でした。


しかし、現在では

かなりの数の書籍が棚を埋めている状態です。


また、

インターネット上の情報でも、

数年前までは、

ごく限定をされた情報しかありませんでした。


それが、

現在では大量の情報が掲載されていますので、

本当に必要とする情報は埋もれてしまっています。


その理由は、

マインドフルネスの注目度が高まる事により、

最近はやりの、他の情報をベースにして、

専門ライターに書かせたコピーページから、

あやふやな内容まで

多種多様な情報が

掲載をされているからになります。



river_00027-1.jpg



何故、その様は事になってしまったのか。



その要因に大手のマスコミが、

マインドフルネスを取り上げた事があります。

2年程前から、マインドフルネスの事を

新聞や雑誌が頻繁に掲載をくりかえしていました。


例えば、

出版会社の目的は書籍の販売になります。

わかりやすく言いますと

本が売れればOKになります。

その効果とか、

治るとか、良くなる事は主題ではなく、

書籍が売り上げが上げれば、

その出版会社(マスコミ等)の

目的はクリアーされます。



決定的なのは、

NHKの番組が

大きく取り上げた事があると思います。

再放送を含め

シリーズで3回の放送がされたと思います。


現代社会はストレス社会ですので、

NHKの番組が現代社会に与えた、

そのインパクトの大きさは絶大でしたので、

一気にマインドフルネスの関心は高まりました。



でも、その内容はストレスの軽減になります。

マインドフルネスを一方向からとらえた内容です。

それはストレスキラーと言われ、

マインドフルネ緩和法(MBSR)と言われています。

 ※ 緩和とは、
   緊張や苦痛などを緩め和らげることである。
   出典:フリー百科事典『ウィキペディア』より

したがって、再発のリスクが残ってしまいます。

※再発とは、
  一度治療した病気が再び起こることです。
   ( 出典:Weblio辞書より )


ご参考に ⇒ マインドフルネスとは、

  
私たちの生きている現代社会では、

本人の好むと好まざるとにかかわれず、

どんなに努力しても

ストレスから逃れる事が出来ない

社会構造になっています。


そこで、一時的にストレスから逃れても、

別のストレスが襲いかかって来る事があります。


ストレスとは

人間に備わっている生体反応になります。

  〇ストレスとは、
  刺激により引起される非特異的な生体反応。
  生体に加わる力をストレッサー、
  それによって起る生体の反応をストレスという。
  ※ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より


たとえ、一時的にストレスから逃れる事が出来ても、

新たなストレスが加わる事により、

ご自身の状態は一気に不安定になって行きます。

その為に、その対応を誤ると、、

再発のリスクを残す結果となってしまうからです。


ご自身のこころの根底にある、

心のバランスを

崩して行く要因をクリアに出来ないと、

いつまでも、

ストレスから逃れられない

人生を送る事になります。



こころの表面にある、

不安定な要素を押込めるのではなく、

ご自身の心のバランスを崩して行く

不安定な要因をクリアにして行くのが、

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)になります。


tree_woods_00008.jpg-2.jpg


マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の目的は、

皆さんの症状を

一時的に緩和させるのではありません。



緩和に導いて行く事は簡単な事です。

大切な事は

悩み・苦しんでいる症状の完治です。


私たちが言う完治とは、

〇お薬を飲まないで通常の生活送れるようになる事。
  (副作用の不安が多いお薬から離れましょう。)

〇再発をしない自分になりましょう。
  (再発のプロセスを身体で理解しましょう。)


マインドフルネス自己洞察法(SIMT)では、

その事が可能になります。


その為に自己流ではなく、

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の事を熟知した、

専門のカウンセラーの、

指導を受ける事がとても大切になります。


今まで、ご自身が歩んできたストレスの道を、

このままあゆみ続ける事も可能です。

(例えば、副作用の心配は薬を飲み続ける。)

それは、

今までと同じ苦しみや辛さをくりかえす道です。



そうではなく、

今をターニングポイントとしてとらえ、

新たな歩みに切り替える事が大切になります。


それは、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)のあゆみです。

ご自身のあゆみの手法を変える事が出来れば、

今までの辛く・苦しい、

何も出来ない、出来にくい状態から

離れる事が可能になります。


それは、自分らしい人生の歩みになって行きます。


         ↓

うつ病・パニック症状・PTSDなど、
さまざまな不安症(不安障害)はこうすれば治る!




tree_woods_00049-1.jpg


その為に、

ご自身が悩み・苦しんでいる症状の完治になります。

私たちが言う完治とは、

〇お薬を飲まないで通常の生活送れるようになる事。
  (副作用の不安が多いお薬から離れましょう。)

〇再発をしない自分になりましょう。
  (再発のプロセスを身体で理解しましょう。)

ご自身の事を諦めずに、

ご自身の人生を諦めずに、

自分らしく生きる道を生きる為に、

ご自身のゆめや希望を大切に生きていただく為に、

私たちは全力でサポートします。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。


また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


お問合わせはこちらから 


    → http://www.mindfulmate.jp/



posted by マイインド at 19:06| Comment(0) | マインドフルネスの効果 | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

うつ病や不安症・パニック障害を治す為にマインドフルネスのセッションに参加をされている方へ


マインドフルメイトでは、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の
開発者、大田健次郎氏のマインドフルネスプログラムを
実践しています。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)では、
セッションに参加をされています方の、
うつ病や不安症(不安障害)、パニック障害や
PTSD等の症状の完治を目指しています。

river_00039.jpg-2.jpg

〇私たちが言う完治とは、
①お薬を飲まずに通常の生活が送れるようになる事。
②再発を繰り返さない自分になる事。    です。

ですので、
マインドフルメイトに訪れる方の
すべてを方を受け入れている訳ではありません。

わかりやすく言いますと、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を用いて、
完治する事が難しい、また困難な方は、
ハッキリとお断りをしています。

只、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を用いて、
完治をめざせる方の中で、
「治そう」「治したい」との意思をお持ちの方は、
現在どんなに、
辛く・苦しい状態であっても受け入れています。

ですので、
現在、セッションに参加をされている方や、
すでに、セッションを終えた方は、
セッションの中で私がお話している事を、
ご自身の心に中に置いて、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

〇マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を、
 難しくとらえないでください。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
理論・理屈は、たしかに難解かもしれません。

でも、皆さんは、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
理論・理屈を勉強する為に、
セッションに参加をするのではありません。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
言わんとする事を、
頭で覚えるのではありません。

身に付けるのです。

〇マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の手法を
 自分の物にするのです。

そして、引き寄せるのです。

時には、
難しく、絶壁の前に立っているような気持ちになったり、

時には、
目の前が、崖っぷちのような気持ちになる事も、
あるかもしれませんが、

それは、一時の事です。(その瞬間の事です。)

ですので、
セッションの中で私がお話している事を、
ご自身の心に中に置いて、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を難しくとらえずに、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

それは、我慢ではありません。

あなたの人生を、
明日~この先~将来につなげていくための道筋になります。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

諦める事無く、めげる事なく、焦らずに、

今のチャレンジをくりかえしてください。

そして、困ったことや、

疑問点がありましたら、

迷わずに連絡を下さい。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/





posted by マイインド at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

マインドフルネスでうつ病が治った体験談

 
私どもで現在行っています

セッションに参加をしていただき、

セッション10までの過程を終了しました方々に、

セッションの体験談を書いていただいています。



yuuhi-005.jpg



セッションに参加する前のご自身の辛い状態や、

セッションに参加中の体験。

また、セッションを終了後のご自身の状態などを、

ご自身の生の声として、

ありのままに書いていただいています。


その、セッションに参加をしていただきました方の、

生の声を、修正を加える事無く、

そのままホームページに掲載をしています。



【セッション参加者のコメント】

       

http://www.mindfulmate.jp/experiences.html



マインドフルネス心理療法を知りたい方や、

これから始めようと考えている方、

現在、セッションに参加されている方など、

読んでいただければ、とても参考になると思います。


私達は、うつ病(メランコリー・非定型うつ病)・

不安障害(パニック障害)やPTSD等の

病院に行ってもなかなか治らない、

辛い症状のある方々の緩和~改善、

さらには完治を目指したています。


特に、これらの病気は、

ご自身の周辺の人に辛い症状を話しても、

なかなか理解していただけない症状になります。


ですから、一人で悩んでばかりいる事なく、

一度、私達にご相談する事を提案しています。

今、悩んでいる事の解決策が必ず見つかるはずです。


sunahama-003.jpg


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

       より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

        

http://www.mindfulmate.jp/





マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg




2019年01月20日

マインドフルネスの現状とその効果とは、/ マインドフルメイト


近年、盛んに取り上げられるようになった
マインドフルネスですが、
その実態はなかなか知られていません。

そこで、世間で騒がれています
マインドフルネスの実態とその効果を調べました。


jikosyoukai_boy.png



―――――――――――――――――
目次
 1、実証されている効能
 2、アメリカでは国の機関が研修として
 3、教育機関でも
 4、今のみに目を向ける
 5、スポーツに置き換えると
 6、うつ病にも効果的
 7、薬剤治療では無く根本治療として
 8、自分らしく生きる事が可能
   ※ 自己流では行わない
―――――――――――――――――



1、実証されている効能

テレビ番組などでも特集される機会が増えている
マインドフルネスは、
最新技術を駆使した脳科学の実験により
ストレスが軽くなる上に集中力が向上し、
心身の健康を司る自律神経の回復に至るまで
効能が実証されました。


2、アメリカでは国の機関が研修として

プレッシャーや
心理的な負担により引き起こされる
うつ病にも効果があるので
アメリカではSNSや検索エンジン、
半導体を作る企業などで取り入れられていて
国の機関が研修として取り入れています。


3、教育機関でも

小学校といった教育機関でも行われているのですが、
友人関係の悪化によりうつ病になり
登校できなくなってしまった子供が
自発的に学校に行きたいと言うようになったり、
意地悪をしていた子達が
優しくなり差別をしなくなったという調査もあります。


4、今のみに目を向ける

マインドフルネスで基礎になるのは
今のみに目を向ける事ですが、
始めて日が浅い方にとっては難しく感じる上に
治し方として
適切であるのか疑問視してしまう程です。


5、スポーツに置き換えると

そこでわかりやすいのが
スポーツに励む選手が周りが見えなくなり
ゾーンに入る様子であり、
極限状態で研ぎ澄まされている状態で
他の事が一切気にならなくなる様子です。

力んでいるわけではないのに
雑念が取り払われているのでリラックスできますし、
何も邪魔するものが無い状態で
自分自身のパフォーマンスが発揮できる様相です。


6、うつ病にも効果的

うつ病の治し方を目的とした
マインドフルネスでも同様の状態を目指していき、
まずは周りを取り巻いている
否定的な意見などに
振り回されないようにしていきます。

うつ病に
マインドフルネスが求められるのは
現代人を取り巻く環境が関与していて、
情報過多になっているからこそ
本来考えなくても良い情報まで入ってきて
脳内を混乱させて
プレッシャーばかりが募ってしまいます。

そうするとまだ起こってもない未
来の事について堂々巡りをしたり、
今更振り返っても何もできない過去のしがらみに
とらわれてしまい
解決の糸口が無い悩みを抱き続けます。

そうなるとネガティブな声ばかりが
心の中の割合を占めてしまい、
本当ならもっと良い能力が発揮できるのに
実現できなくなり
悪循環が引き起こされてうつ病を発症します。


7、薬剤治療では無く根本治療として

薬剤治療が定番であるものの
気分を軽くする薬剤などを服用しても
一時しのぎにしかならないのですが、
マインドフルネスなら
根本から見直し心を整え直すきっかけになるので
自分の中での気持ちの処理も上手くなります。


8、自分らしく生きる事が可能

本当に必要なものや
大事な事だけに
フォーカスが当てられるようになるので、
ビジネスやプライベートで
大事なチャンスを逃しません。


※自己流では行わない

そこで、
大切な事は自己流で行わずに、
マインドフルネス自己洞察法の事を
良くわかっているカウンセラーの下で行う事です。


group_people.png



・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/




マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg




posted by マイインド at 20:03| Comment(0) | マインドフルネスの効果 | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

不安障害を治すマインドフルネス自己洞察法


私達は、この現代社会で生き行く以上、
ストレスから逃れる事は出来ません。

しかし、そのストレスの渦に巻き込まれてしまうと、
日々の生活が思うように出来難くなって来ます。

すると、
色々な出来事(お仕事・勉強・家事・育児etc )に
大きな影響を及ぼしてしまう事に
不安症(不安障害)がありますので、
今回は、
不安症(不安障害)に付いてお話して行きます。

river_00045.jpg-2.jpg



―――――――――――――――――
目次
1、何故、不安症が起きるのか
2、マインドフルネスの対症法
3、不安症と不安障害の違い
4、不安症の特徴
5、マインドフルネス自己洞察法の効果
    〇自分の状態を理解出来る
    〇こころの変化に気付く事が出来る
    〇完治を目指す
6、注意点-自己流はいけない
―――――――――――――――――



マインドフルネスとは、
今起きている事を受容(そのままに)して行きます。


1、何故、不安症が起きるのか

私達は、日々様々な出来事が起きて来ます。
その一つ、一つを捕まえてあれこれと考え、
膨らませる事を繰り返して行く事により、
自分自身では気付かずに
交感神経が活発化して行きます。

その繰り返しの結果、
心臓の動きが激しくなったり、
強烈な不安が襲って来ます。


2、マインドフルネスの対症法

そこで、マインドフルネス自己洞察法では、
そこ事(今起きている事)を
受容(そのままに)して行きます。

その結果、
ご自身の心の状態が落ち着いて来ますので、
今何をすべきか、
どうしたら良いのかが分かって来ます。

すると、
様々な出来事に対して
ベストは対応が出来ますので、
よりこころ豊かな人生が歩めるのです。

また、
自律神経の回復や
ストレスを受容出来る事が分かって来ますので、
最近では企業でも取り組み始め、
一部の学校の授業でも
取り入れられているところがあります。


3、不安症と不安障害の違い

心の病気は様々なものがありますが、
その中でも不安症(不安障害)があります。
(以前は不安障害と言っていましたが
最近では不安症と言うようになっていますが、
その内容はほぼ同じと
捉えてかまわないと思います。)

マインドフルネス自己洞察法では、
不安症(不安障害)に
もその効果が確認されています。


4、不安症の特徴

不安症(不安障害)は
心の病気となるため治りが遅く、
治す為には
長い年月がかかってしまうこともあります。


5、マインドフルネス自己洞察法の効果

〇自分の状態を理解出来る

マインドフルネス自己洞察法が
なぜ良いのかというと、
呼吸に意識を向けて行く事により、
まず自分の状態を感じ取る事が出来ますので、
自分の呼吸の具合や変化を
感じ取ることができるという点です。

不安障害は過呼吸になる方も多いですが、
呼吸に意識を向ける事で
自分の呼吸の変化もわかるようになってきますし、
呼吸法の効果によって精神も安定してくるため、
過呼吸が軽減したという方も多い現実があります。

精神を安定させる以外にも、
体の小さな変化にも気が付きやすくなります。


〇こころの変化に気付く事が出来る

小さな変化としては、
どこかが痛んでいたり、
空腹具合もすぐに察知できるようになります。

心の病を患っている方は
それらの変化に気が付きにくくなっている事も多く、
食事を摂らないことも多々あります。

それらの事を無くすことができ、
心の前に体を健康にすることができます。

また、体の変化に気が付きにくくなる以外にも、
理性があまり保てなくなるという方も多いですが、
その事も解消する事が出来ます。

呼吸に意識を向ける事を行うことによって
心と体と理性を一つになり、
不安症(不安障害)も
改善に向かわせることができるのです。


〇完治を目指す

マインドフルネスは
他にも様々な良い効果があるとされており、
熟睡でくるようになったり、
想像力が高くなる、
脳がリフレッシュされるなどが挙げられます。

肝心のマインドフルネスのやり方としては、
呼吸に意識を向ける事を繰り返して行きますが、
その方法は自分のライフスタイルに
合わせて行う事が大切になります。

その繰り返しの結果、
医師の処方するお薬に頼ることなく、
再発を繰り返す恐怖からも解放されていきますので、
完治を目指す事が可能になります。


6、自己流はいけない

また、自己流で行う事により
さらに状態を悪化させる事がありますので、
それらの事をキチンと理解している
指導者の下で取り組む事が必須になります。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg


::::::::::::::::::::::::::

私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より、心豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/


posted by マイインド at 18:47| Comment(0) | マインドフルネスと不安障害に付いて | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

うつ病や不安障害、パニック障害をマインドフルネスで治すための不可欠な条件!


私どもの行っています

マインドフルネス心理療法では

外からの力を使う事は一切ありません。

 (お薬や電気等を使う事は一切ありません。)


river_00045.jpg-2.jpg

自分の中にある、

「治そう」「戻そう」「良くしよう」と言う力を

引き出しながら、その力を活用して行きます。

ですので即効性はありません。

2ヶ月や3ヶ月行ったからと言って

良くなることはほとんどありません。


その為に、

焦らずにコツコツと繰り返しながら、

呼吸法と洞察法を

積み上げる事がとても大切になります。


また、この病気

(うつ病・不安障害・パニック障害・強迫障害等)の

特徴に、繰り返し波が起こる事がありますので、

その点でも、

焦らずに繰り返す事がとても大切になります。


そこで、参加をするご本人が、

「治したい」との

意思を持ち続ける事が不可欠になります。


ですので、

一時的に(お試しに)やってみようと言う事では、

お互いに

無駄な時間を過ごしてしまう結果になりかねませんので、

基本的には、

一時的に(お試しに)と

言う方はお断りをさせていただいています。


ですので、

ご本人の「治したい」との気持ち・意志の確認が

大きなポイントになります。


その点の再確認ができるのであれば、

私どもでのお引き受けは可能になります。


また、私達の目的は「症状の緩和」ではありません。

私達の目的は完治になります。

私達の言う完治とは

①お薬を飲まないで通常の生活が送れる事。

②再発をしない自分になる事。です。

ですので、

一時的に(お試しに)と

言う方はお断りをさせていただいています。


〇ひとりで悩まないで相談しましょう。

 特に、うつ病、非定型うつ病・パニック障害、

 PTSDなどの不安障害は、

 心理療法で治ることがあります。

 長引くと仕事ができない、

 思うことができないと苦悩したり、

 悪化すると自殺したい、

 消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。


マインドフルネス心理療法は、

アメリカでの臨床実験により、

うつ病、

非定型うつ病、

不安障害、

パニック障害、

PTSD(心的外傷ストレス障害)、

摂食障害(拒食・過食)、

依存症、

家族の不和などに

効果があることが確認されています。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


tree_woods_00009.jpg-2.jpg


【重要事項】

〇私どもの

 本来の活動以外の目的で参加をしないでください。

 例 ― 書籍などのご質問、

   マインドフルネス(SIMT)の情報を得る目的等)

 ※本当に悩む方の、

     道をふさぐ結果にもなりかねません。

〇「ご自身の病気を治したい」との意思を

  お持ちでない方はお断りします。

  マインドフルネス心理療法を行う上で、

 「ご自身の病気を治したい」との意思は

  不可欠になります。


:::::::::::::::::::::::

マインドフルメイトでは、

マインドフルネス心理療法(SIMT)を用いて、

精神疾患の治療及び予防を行います。


ストレスを排除するのではなく、

ストレスを受けても

自ら克服していく心のトレーニングを行います。

その事により、

症状が緩和したり完治したりするのです。

また再発防止にもなります。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


そして、

自分自身を諦めないでください。


私たちの目標は完治です。

私たちの言う完治とは、

〇お薬を飲まないで通常の生活を送る。

〇再発をしない自分になる。   です。


自分自身を諦めないでください。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/confere


posted by マイインド at 09:13| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする