2019年04月05日

うつ病や不安症・パニック障害・PTSDを本気で治したい人をマインドフルネスで応援します。


私は、マインドフルメイトにご相談に訪れる方の

全てをお引き受けする事はありません。


それは、以前にもお話していますように、

心理的な事が要因で、

こころのバランスが崩れて行った方は、

心理療法で治して行く事が可能になりますが、

それ以外の理由(例-遺伝・脳細胞の構造 等)では、

心理療法で及ぶ範囲が限られていますので、

その理由を、

丁寧のご説明をした上でお断りとしています。


それは、結果として、

その方を裏切りたくないからです。


私達は、営利を目的にしていません。


あくまでもボランティアを基本として

活動をしていますので、

悩み、苦しんでいる方の手助けを目的にしています。


darui_woman.png


ですので、

その方を結果的に裏切る事は、

私自身が望んでいませんので、

出来るだけ丁寧にお断りをしています。



また、「自分の病気を治したい」との、

意志をお持ちでない方も、

丁寧にお断りをしています。


おそらく、世間一般の方は、

「自分の病気を治したい」と思わない人はいない、と、

考えると思いますが、

実は、その方のお話をよく伺って行きますと、

「私は、このままでいい。」と思っていたり、

「私は、治らない方が良い。」

「治すのは面倒だ、好きなように生きたい。」と、

と考えている方も意外に多い現実があります。


ですので、

「自分の病気を治したい」との

意思をお持ちでない方も、

丁寧にお断りをしています。


jikosyoukai_boy.png


私達は、セッションに参加をされる方の、

こころの声に真剣に耳を傾け、

こころの叫びを感じとり、

そのこころに寄り添って、

アドバイスをしています。


その事は、セッションに

参加をされる方の声を

只、聞く事とは違います。


それは、

セッションに参加をされる方の、

言っている言葉の、

表面だけを聞くのではありません。



私自身のこころを澄ませて、

その方の言葉の中に含まれている、

こころの奥底の声を感じ取る事になります。


そして、その方のこころの底に、

どうしたら届くのか、

どんな言葉を選んだら良いのか、

声のトーンはどこが良いのか、を

慎重に、かつ瞬時に選択をして、

アドバイスをしています。


ですので、

セッションに参加をされています方に、

真摯に、

真剣に向き合って行きます。



時には、

厳しい事を言う事も必要になります。


また、

一緒に涙する事もあります。



私達のセッションに参加をされる方は、

ご自宅で、

私達がお願いしています課題に

取り組んで行きますが、

決して一人ではありません。


私達が、

そのそばでサポートをして行きますので、

二人三脚で、

うつ病や不安症・パニック障害・PTSDを

治して行きます。


その為には、

そのご本人の「治したい」との意思が

最低限必要になります。


ですので、

そのご本人の「治したい」との意思が無い方は、

丁寧にお断りをしています。


そんな、私達の真意をご理解いただき、

セッションに参加をして下さい。


そして、ご自身の夢や希望を実現できるように、

自分らしい歩をスタートさせてください。


group_people.png


:::::::::::::::::::::

うつ病うつ病や不安症、

パニック障害・PTSDになると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

お問合わせはこちらから 

     ↓

http://www.mindfulmate.jp/mobile/


posted by マイインド at 16:29| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする