2019年05月31日

明日は、名古屋会場でうつ病のセッションを開催します。

○明日は、名古屋市でのセッション



  朝、4時起きになります



 参加者の皆さんは



 辛い症状を持ちながら遠方から



セッション会場にお越しになります。  



まず、その方の



 こころの声に真摯に耳を傾けます。



 帰りは、23時です。



k02-545x389-1-545x389.jpg


 :::::::::::::::::::::


  うつ病になると、

  思うように色々な事が出来なくなり、

  つらい日々が続きます。

  また、なかなか周囲の方にも

  理解されにくい病気ですので、

  一日でも早く改善の方向に向かう事が

  必要だと考えていますので、

  ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。


  お問合わせはこちらから

 → http://www.mindfulmate.jp/




posted by マイインド at 20:56| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

マインドフルネスでうつ病を治すためにも信頼できる医師を探そう、


うつ病や不安障害、
パニック障害・PTSD等を治すためには、

どんな事が不可欠になるのでしょうか。


ポイント-信頼出来る医師を選ぶ


私達の所に、

ご相談にお見えになる7~8割の方々が、

すでに病院に通院をされています。

残りの2~3割程度の方が

医師の不振や処方されるお薬等に

不安を感じて病院には行かれない方がいます。


tree_woods_00009.jpg-2.jpg


私達は、辛い症状が出てきたら

まず医師の診断を受ける事を提案しています。



ご自身で独自の素人判断をせずに、

専門家(医師)の判断を仰ぐ事は

とても大切な事だと考えています。

現在の社会は、

インターネットや書籍などで

様々な情報を手にする事が容易になっています。

それらを利用して、ご自身の独自の判断をする事は

いけない事ではないと思います。


しかし、

やはり素人は何処まで行っても素人です。

専門家(医師)の診断をキチンと受けて

その判断を仰ぐ事はとても大事な事です。


また、私達には気が付かない

別の病気の可能性も否定出来ません。


その為にも専門家(医師)の適切な診察を受けて、

その内容を伺いその後に、どのように対応するのかを

判断をすれば良いと考えています。


しかし、

ご相談に来られる方々のお話を伺っていますと、

医師(病院)の対応で、

以下の事を多くの皆様がお話になります。


1、医師があまり話を聞いてくれない・
         詳しい事を教えてくれない。

2、病院に通い投薬治療を行っているのですが、
         なかなか改善をしない。

3、「辛い症状が改善しません」と言うと
         薬がだんだん増えてします。

4、お薬の不安
 (副作用が怖い。薬を飲み続ける事が良いのか。)

5、今後、どのように対応していけば良いか不安。


辛い症状の方は、

診療内科や精神科を

普段あまり訪れる事がありませんので、

診察の時にどうしても敷居が高く感じてしまいます。


また、この病気の対応策等がわからない為に、

他の病気に比べると戸惑う事が多いので、

診察時に

どのように対応する事が良いのかがわからないのが、

現実ではないでしょうか。


tree_woods_00008.jpg-1.jpg


そこで、


私達は信頼出来る医師を選ぶ事を提案しています。



うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

病気の辛い症状は

千差万別で人それぞれで一律ではありません。


もしかしたら、

あなたの辛い症状を理解出来ない医師であったら、

あなたに、

とって的確な判断が出来ない場合もあり得ます。


例えば、「非定型うつ病」を

お認めにならない医師もいると伺っています。

また、患者の事をあまり見ずに

対応している医師がいる事も、

多く耳にします。


その為にも是非、

あなたが、

信頼出来る医師を探して

対応していただく事を提案致します。


信頼出来る医師の目安として

以下の事をご参考にして下さい。


◎ポイント-患者(あなた)の事を

よく見ている医師(病院)かどうか。

1、
どのような病気なのかをキチンと説明をして下さる。

2、
処方されるお薬がどのような物なのかを
        キチンと説明して下さる。
 メリット・デメリット(服用について効果・副作用)

3、
今後の診療方針や計画などの説明をして下る。


この事は冷静になって考えてみると

患者としてあたり前の事です。

しかし、

診療内科や精神科の医師の対応からすると、

患者の立場では

詳しく伺いにくい現実があるようです。


病気の回復をはかる為には、

診察をして下さる医師との

信頼関係を築く事はとても大切な事です。


勇気を出して、不安な事や不明な事は伺って下さい。


その後、

医師の対応に不満や不信が残るようであれば、

あなたが、信頼出来る医師を

別に探す事も必要になって来ると思います。


信頼の持てない医師に診察をしていただき、

不安のあるお薬を飲み続ける事は、

後々にあまり良い結果があるとは考えにくいので、

もしそのような事があるようであれば、

勇気を持って医師を別に探す事を検討する事を

ご提案致します。


そして、

あなたやご家族の為に

効果的な方法を選択して下さい。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」



私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか

周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


::::::::::::::::::::::







posted by マイインド at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

マインドフルネスの活動に寄付金を! / マインドフルメイト


2010年から始めた

自殺防止・うつ病対策の無料相談会には、

今までに550名以上の方がご相談に訪れました。


その方々は、

長年に病院に通い続けても良くならない方、

日常生活が普通に送る事が出来ない為に

お仕事や家事・育児が出来ない方、

お薬の副作用が怖い等で悩み苦しむ方々です。


私達は

相談に訪れる方々の

一人ひとりの声に真摯に耳を傾けて、

何故この病気を発症してしまうのか。

また、どうする事が

ご自身の回復に繋がって行くのかを

丁寧に説明させていただいています。


その結果、約半数の方々が、

本来の自分を取り戻し

社会生活に復帰して行きました。


これからは、

これらの事を糧に

より多くの方々をサポートして行く為に、

2015年1月より

非営利型 一般社団法人として

新たなスタートを切りました。


そして、病院に行ってなかなか治らない

心の病
(うつ病・社会不安障害・
     パニック障害・PTSD等)で

悩み苦しんでいる方々の為に、

より多くのご相談を伺い、

また回復の為の

セッション活動を進めて行きます。


そこで、

これらの活動を充実・推進をして行く為の

経費に充当するための費用として、

皆様に広く

ご支援をお願いする事と致しました。



また、昨年の収支は大幅な赤字となりました。

          

http://mindfulmate.jp/blog/wp/wp-content/uploads/2019/02/h-30-kessansho.pdf



つきましては、

まことに恐縮に存じますが、

自殺防止・うつ病対策のため

本趣旨をご高察のうえ、

格別のご協力を賜りますようお願い申し上げます。



【寄付のお願い】
詳細https://mindfulmate.jp/kifu/



【非営利法人】
詳細https://mindfulmate.jp/shadanhoujin/


ご注意:
税法上の優遇処置
(寄付金控除)を受ける事はできません。


お問い合わせ:電話:080-2213-3802 

   又は メール:info@mindfulmate.jp にて

   マインドフルメイト:佐藤福男まで


posted by マイインド at 15:22| Comment(0) | マインドフメイトからのお知らせ | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

マインドフルネス精神療法研究第5回発表大会が開催されました。




日本マインドフルネス精神療法協会の

理事長・大田健次郎さんが開発した

マインドフルネス自己洞察瞑想療法(SIMT)

研究発表大会が今年も開催されました。


マインドフルネス精神療法研究第1回発表大会.jpg


aDSC_0270.jpg



◇開催日:2019年5月18日(土)
         午前10時~午後4時30分

会 場:さいたま市 埼玉会館会議室 7階  
          JR浦和駅下車10分
    埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4
 
参加費:無料
    但し、無断のご参加はご遠慮ください
       席と資料に限りがあります。


☆プログラム (講演・発表)


〇基調講演
 講師:苫米地憲昭(とまべち のりあき)氏
 演題:「瞑想とカウンセリング」
 現職:東京カウンセリングセンター / 日本・
    精神技術研究所 臨床心理士、
    (元)国際基督教大学教授 /
    カウンセリングセンター長 /
     (元)日本学生相談学会理事長/
    精神科病院9年勤務後、
    国際基督教大学にて学生相談歴 30 年
 著書:『学生相談の経験を語る』、
    『教職員のための学生相談のヒント―
        カウンセラーの 視点から―』
    『禅とカウンセリング』


aDSC_0307.jpg



〇発表予定


講師:田川はる香氏
演題:「パニック、非定型うつ病を
         マインドフルネスで完治」
概要:パニック、非定型うつ病を
   マインドフルネスで完治した体験を発表
現職:主婦

aDSC_0293.jpg



講師:田中仁章氏
演題:「マインドフル・スワイショー」ご紹介
概要:腕を前後に振ったり、
   体幹と共に左右にひねったりするだけで
   誰にでもできる簡単な健康法です。
   今回は、講師が二十年以上にわたり
   実践し学んできた内容を、
   マインドフルネスの観点から、
   実施要領も含めて皆さんに紹介します。
現職:マインドフルネス総合研究所理事 /
   マインドフルネス瞑想療法士 /
   臨床心理士(日本心理臨床学会会員 /
   日本マインドフルネス学会会員 /
   福岡県臨床心理士会会員 /
    練功十八法インストラクター



講師:村椿智彦氏
演題:「就労者に対する
    マインドフルネスプログラムの効果」
概要:マインドフルネスは、
   ストレス低減、抑うつ・不安症状の
   低減の他に、集中力や生産性の向上、
   well-being 増進に役立つこと、
   が示唆されており、
   就労者のセルフケアと
   生産性の向上に役立つ可能性がある。
   本発表では、
   マインドフルネスに基づく
   プログラムによるストレス低減と
   生産性に対する効果を検証したので
   報告したい。
現職:東北大学, 医学系研究科, 助教

aDSC_0315.jpg



講師:佐藤福男氏
演題:「マインドフルネス自己洞察法で
    ストレス障害(PTSD)・
            うつ病からの脱出」
概要:ストレス障害にポイントを絞り、
   その中でも症状の回復の推移が
   比較的わかりやいケースを紹介する。
    (クライアントは50 代の女性)
   医師の診断名:
    ストレス障害(PTSD)・うつ病。
現職:非営利型 一般社団法人
   マインドフルメイト代表理事/
   マインドフルネス総合研究所理事 /
   マインドフルネス瞑想療法士 /

aDSC_0325.jpg


講師:大田健次郎氏
演題:「PTSDのマインドフルネスおよび
ポリヴェーガル理論との関係」
概要:これまでの欧米流の無評価の
   マインドフルネスは対人交流場面では
   両立しないとイリノイ大学の
   ポージェスから批判された。
   これを紹介する。
現職:一般社団法人
   日本マインドフルネス
          精神療法協会代表/
   特定非営利活動法人
   マインドフルネス総合研究所代表/
   日本マインドフルライフ協会理事/
   マインドフルネス精神療法士/

aDSC_0272.jpg


★パネルディスカッション

 発表者全員と会場の参加者との質疑応答


d1706ef6bce73eb5cd98f632bd6bfecf.jpg



〇詳しいプログラムはこちらから(PDF)



〇マインドフルネス精神療法研究
    第4回発表大会の様子はこちらを



:::::::::::::::::::


◆主催:日本マインドフルネス精神療法協会

 後援:マインドフルネス総合研究所

    蓮田市教育委員会

:::::::::::::::::::




posted by マイインド at 18:04| Comment(0) | マインドフメイトからのお知らせ | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

東京都八重洲でマインドフルネスの無料相談会を開催!


マインドフルメイトでは、

マインドフルネス心理療法 

      自己洞察瞑想法(SIMT)の

無料相談会を以下の内容にて開催致します。


マインドフルメイト-1.png


◎八重洲会場
〇開催日時:2019年 5月25日(土)
            6月22日(土)
            
〇相談時間:10:30より
〇相談会場:東京都中央区八丁堀1-9-8 
         八重洲通ハタビル 5・6階

          ↓ アクセス(地図)
 https://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/access.html


area_photo02.png


■ JR東京駅(八重洲口)より  徒歩約10分
■ 日比谷線 八丁堀駅より     徒歩約 2分
  ※ 日比谷線八丁堀駅(A5出口)の階段を上がり
  そのまま直進し、1つ目の信号の横断歩道を
  ソフトバンクショップがある通り側へ渡ります。
 (ローソンとロイヤルホストがある交差点)
        渡りましたら直ぐに左折。
  ソフトバンクショップの2軒先のビルです。


◎全国各地から参加してきます。

各地からの所用時間
 〇札幌から4時間ーーーー飛行機利用
 〇秋田から4時間ーーーー新幹線利用
 〇仙台から1時間40分 ーー新幹線利用
 〇新潟から2時間11分ーー新幹線利用
 〇長野から1時間30分ーー新幹線利用
 〇金沢から3時間ーーーー新幹線利用
 〇名古屋から2時間ーーー新幹線利用
 〇大阪から2時間45分 ーー新幹線利用
 〇広島から4時間ーーーー新幹線利用)
 〇山口から5時間20分ーー飛行機利用
 〇松山から3時間40分ーー飛行機利用
 〇博多から3時間40分ーー飛行機利用
 〇鹿児島から4時間40分ー飛行機利用
 〇那覇空港から3時間20分 ー飛行機利用








※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html 

※ 無料相談会は事前の予約が必要です。

●必ず本人が参加してください。
            家族も同伴できます。

【参加できる方】
 ・ うつ病 ・ 非定型うつ病 ・
   不安障害 ・ パニック障害)・ PTSD 等
【対象外の方】
 ・統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・その他
  ※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム
          にて随時受け付けております。
【所要時間】
 ・お一人様約30分(伸びる場合もあります) 
      お約束の10分前に来てください。
【その他】
 ・キャンセルは必ず事前にご連絡ください。
 ・ご家族ご一緒に参加することができます。
 ・個人情報は外部に
    お話しすることは一切いたしません。

【ご注意】
※ 躁鬱や統合失調症は対象外となります。
※ 施設利用料として¥1000が掛かります。
※ 本人が治したいとの意思が必要です。

〇ひとりで悩まないで相談しましょう。
特に、うつ病、非定型うつ病・不安症(不安障害)・
   パニック障害、PTSDなどは、
心理療法で治ることがあります。

長引くと仕事ができない、
思うことができないと苦悩したり、
悪化すると自殺したい、
消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。

マインドフルネス心理療法は、
アメリカでの臨床実験により、
うつ病、非定型うつ病、
不安症、パニック障害、PTSD、
摂食障害(拒食・過食)、依存症、
家族の不和などに
効果があることが確認されています。


bokin.jpg


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html

::::::::::::::::::

マインドフルメイトでは、
マインドフルネス心理療法
自己洞察瞑想法(SIMT)の一つを用いて、
精神疾患の治療及び予防を行います。

 ストレスを排除するのではなく、
ストレスを受けても
自ら克服していく心のトレーニングを行います。
その事により、
症状が緩和したり完治したりするのです。

また再発防止にもなります。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


そして、
自分自身を諦めないでください。

私たちの目標は完治です。
私たちの言う完治とは、
〇お薬を飲まないで通常の生活を送る。
〇再発をしない自分になる。      です。

自分自身を諦めないでください。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

 http://www.mindfulmate.jp/conference.html




マインドフルネスでうつ病を治して行こう


マインドフルメイト-001.jpg















posted by マイインド at 05:01| Comment(0) | マインドフルネス相談会 | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

今日は八王子会場のセッションの開催日です。

今日は八王子会場の

セッションの開催日です。



午前はパワーアップセッション

午後は通常のセッションと

行います。

自分の状態を把握しながら

ベストな自分に戻って行きます。



今より、今日、


今日より、明日を


描きながらチャレンジ


624cd39ac2a6a305c123f05a6bae3de9.jpg

 :::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。


お問合わせはこちらから

→ http://www.mindfulmate.jp/

2019年05月07日

マインドフルネスで自分に状態を回復させる為の必須条件とは、


現在、私達が開催しています、

セッションの参加に希望をする方が増えています。


jikosyoukai_boy.png


本来であれば、医師より処方されるお薬で

改善されるようであれば良いのでしょうがなかなか、

思いどうりに行かない辛い病気です。


そこで私達は、

人間が本来持っている呼吸と自己洞察を用いて

辛い症状の緩和~改善、さらには完治を目指した

マインドフルネス心理療法で

セッションの参加者に

辛い症状の改善を行っています。


参加者の辛い症状はうつ病(メランコリ-型)・

非定型うつ病・パニック障害・不安障害・

対人恐怖症・摂食障害・切迫障害・

PTSD等、様々です。


私達はこれらの病気の回復の為に、

どうしても必要な必須条件を設けています。

その必須条件に当てはまらない方は

全てセッションの参加をお断りしています。



それは以下になります。

【セッション参加の必須条件】

1、ご本人の

 「治したい」との意思が必要になります。


参加する方が、

現在どのような辛い状況化であっても、

ご本人の「治したい」との意思が必要になります。

そして、

私達がお願いする課題
     (呼吸法や洞察法・日記の記入等)を、

ご自宅で根気よく実施していただきます。

この事により辛い症状の回復に至ります。


例えば、

セッションにどんなに真面目に参加をしていても、

ご自宅等での

課題の実践が出来ないと回復はありません。

また、セッションに参加をして、

その内容が良く理解出来なくても。

ご自宅等での課題の実践が出来ていると

回復をして行きます。


ですので、

現在どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


 一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


その為のお手伝いを致します。


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/


tree_woods_00133.jpg-1.jpg


:::::::::::::::::::::

 うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


:::::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人マインドフルメイト代表理事

特定非営利活動法人 マインドフルネス総合研究所理事

:::::::::::::::::::::::








posted by マイインド at 20:49| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

ゴールデンウィーク明けの朝はどうするか、

〇おはようございます。


 お目覚めはいかがですか。


 ゴールデンウィーク明けですが

 まず焦らずに、

 落ち着いてゆっくりと

 スタートしましょう。


 そして、

 ご自身の職場や学校や家庭等の

 様子を眺める事から、

 始めると良いでしょう。


 あなたにふさわしい、

 気付を与えてくれると思います。

 
 
 そして、素敵な一日にして下さい。


c4cbe5fbbb49394d1a6698b8f45dc901_jpg.jpg


::::::::::::::::::::



  うつ病になると、

  思うように色々な事が出来なくなり、

  つらい日々が続きます。

  また、なかなか周囲の方にも

  理解されにくい病気ですので、

  一日でも早く改善の方向に向かう事が

  必要だと考えていますので、

  ご不明な点がございましたら

        お問い合わせください。


  お問合わせはこちらから

 → http://www.mindfulmate.jp/







2019年05月04日

マインドフルネス(自己洞察法)のポイント


私たちが行っています、

マインドフルネス(自己洞察法)心理療法は、

自分自身の

気持ちを落ち着ける事だけを目的としていません。


それは、

例えば、

私たちがお願いしています呼吸法を行う事により、

ご自身が気持ちよくなったり、

ご自身の心が和らぐ事だけが目的ではありません。


IMG_20170505_084810-1.jpg



私達が、

お願いしている呼吸法の目的は、

ご自身の「自律神経を整える」為に

お願いしている事です。



ご自身の交感神経が高い傾向にありますと、

どうしても、

意味もなくイラッとします。

意味もなく不安が広がります。

無性に胸騒ぎがします。

そして例えば、

誰かが、あなたの良い事を言っていたとしても、

その事を良くは取れません。



でも、

副交感神経が優位にあると、

イラッとする事は少なくなります。

意味もなく不安が広がる事はありません。

無性に胸騒ぎがする事はありません。

例えば、

誰かが、あなたの悪い事を言っていたとしても、

その事を軽く聞き流せるようになります。



ここがポイントです。



その為には、

どうしても自己流では旨く対応する事が、

難しいのです。



そこで、対応を間違うと、

症状の悪化になって行く事になりかねません。



それらの事をキチンと理解している、

指導者の下で、

指導を受ける事が、

結果的に早道になります。



私たちは、あなたの状態を、

一時的に緩和させる事が目的ではありません。



私達の目的は完治です。



私達の言う完治とは、

〇お薬を飲まないで通常の生活が送れる事。

〇再発を繰り返さない自分になる事です。



その事を、

ご自身のこころに留めて、

チェンジを繰り返して行きます。



そして、

自分自身の感性を大切にするのです。


そして、

自分らしく生きて行くのです。



その事が、

これからの人生を、

よりこころ豊かに生きて行く事につながって行きます。


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg













posted by マイインド at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスとは、 | 更新情報をチェックする