2019年07月01日

病気を治して行くためには医師の話す内容を鵜呑みにしない。


〇医師の話す内容を鵜呑みにしないで下さい。



 医師は国家資格ですので

    医師の話す内容は尊重します



 只、その内容を承諾するのは

           自己責任になります



 例えば、



 精神科及び心療内の



 医師の処方する薬には



 必ず、副作用があります。



 そこで、



 処方された薬の効能や副作用を理解して



 どの薬を服用するのか、しないのかを、



 自分自身で決めて行くのです。





 何故か、



 副作用で悩み苦しむのは自分自身です。



 副作用の責任を医師が取る事はありません。





うつ病や不安障害、

   パニック障害、PESDを 治して行くのは自分




1-752ae72a6c26fb15c5608e882bb7f4db_m.jpg




 :::::::::::::::::::::


  うつ病になると、



  思うように色々な事が出来なくなり、



  つらい日々が続きます。



  また、なかなか周囲の方にも



  理解されにくい病気ですので、



  一日でも早く改善の方向に向かう事が



  必要だと考えていますので、



  ご不明な点がございましたら



  お問い合わせください。



  お問合わせはこちらから



    → http://www.mindfulmate.jp/