2019年12月22日

マインドフルネスでうつ病が治るのか。


世間にマインドフルネスと言う事が
知られるようになって3~4年程が経過しました。

それ以前は、マインドフルネスと言いますと、
うさんくさい宗教ではないのかと疑われる事も多々ありました。

その為に、
その事をいつも、心に留めながらマインドフルネスを
お話しする必要がありました。


しかし、一時のブームの影響で
マスコミ(雑誌・新聞・テレビ等)の方々が
大々的に取り上げて下さいましたので、
今ではマインドフルネスと言う言葉を
知らない人は無い位に、
マインドフルネスの認知度は上がりました。


その、
マインドフルネスネスの認知度が上がる事は、
とても良い事ですが、
まだまだその内容になりますと、
その実態をご存じの方は少ないように思います。


tree_woods_00008.jpg-2.jpg



只、別の視点で眺める時に、
物事が成熟して行く過程の、
今が一コマと捉える事が出来れば、
マインドフルネスが世の人達に受け入れられ
広がって行く過程の一コマと捉える事が出来れば、
今の状況は自然な流れとも受け取れます。


例えば、
車の運転を覚えるのに、
車が走る為の理論・理屈を
いくら勉強して研究しても、
車を上手に運転する事は出来ません。

また、
車を運転して街中や自然の中を
ドライブしてみないと、
その爽快感や渋滞のストレス等を
感じ取る事は出来ません。


今のマインドフルネスも同じ事が言えます。

ネットの情報を眺めていますと、
マインドフルネスの何たるのを知らずに、
インターネット上の情報を集めて
「私はマインドフルネスの事はよくわかっています」
との情報が多い事を
とても残念に思っている一人です


マインドフルネスの
理論・理屈をいくら勉強しても、いくら研究しても、
ご自身が実際にマインドフルネスの指導者の下で
長年取り組んでこそ、
マインドフルネスの何たるかを会得出来ます。

そんな事もせずに、
マインドフルネスをワンサイドから眺めてだけで、
私はマインドフルネスの事を
良く知っているような事を言ったり
書いたりすることは、
マインドフルネスの有効性を阻害する事です。


例えば、
マインドフルネスの書籍を販売する事は、
マインドフルネスの有効性とか効果は
あまり問題にはなりません。

目的はその書籍が売れる事により、
その目的は達せられるからです。

また、
マインドフルネスの理論・理屈を考える人は、
それなりの道筋が整えば、
その成果が評価される事になります。

以前に、
某大学で健康な大学生に
マインドフルネスに一定期間取り組んでいただき、
その成果をベター化して
論文にまとめたものが
学会で評価されているとの
お話を伺った事があります。

まさに、
この事がマインドフルネスの本来の目的は関係なく、
その人だけの目的だけに利用された事になります。


先程、
お話しましたようにマインドフルネスが日本で、
その名前だけが知られるようになって、
まだ3~4年です。

その程度しか時の流れが経過していない実情で、
はたして何人の人が
マインドフルネスに真摯に取り組み、
何を感じて、何を思い、何を会得したのかを
語る事が出来るのかを考えた時、
今のインターネット上の情報は、
とても残念で、
とても寂しく思います。


私は、
マインドフルネスに出会い触れ合い、
13年の月日が経過しました。

またマインドフルネスを使い、
うつ病や不安症(不11時害)
パニック障害・PTSD等で、
悩み・苦しんでいる方をサポートして
11年目に入っています。

マインドフルメイトを訪れる方々は、
長年病院に通っている方々です。

医師の処方するお薬を長年飲み続けても治らずに、
その薬の副作用に怯えながらも
飲み続けているかたです。

私達は、そのような方をサポートしています。

マインドフルネスに取り組む事により、
何が・どのように・変化をして行くのか、否か。


また、どのように取り組んで行く事が
良いのかを理解する事が大切になります。


私達は、
うつ病や不安症(不安障害)
パニック障害・PTSD等で、
悩み・苦しんでいる方を
多少良くなる事を目的としていません。

それは緩和ではありません。

一時的に良くなる為でもありません。


もっとも、怖いのは再発です。

その再発を来る返す事が一番怖い事です。


ですので、
マインドフルネスを会得する事により、
完治を目指して行きます。

私達の言う完治とは、

〇お薬を飲まないで普通の生活を送る事

〇再発を繰り返さない自分になる事  です。


そして、
一人でも多くの
うつ病や不安症(不安障害)
パニック障害・PTSD等で、
悩み・苦しんでいるをサポートして行こうと、
マインドフルメイトは
個人の活動から非営利団体となりました


tree_woods_00009.jpg-2.jpg


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg




posted by マイインド at 21:34| Comment(0) | マインドフルネスの効果 | 更新情報をチェックする

うつ病や不安障害/パニック障害を本気で治したい方へのマインドフルネス

私どもに、うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDで、

ご相談にお見えになる方々が次第に増えて来ています。


624cd39ac2a6a305c123f05a6bae3de9.jpg



その背景には、

辛い症状が出て来た時に病院等に行っても、

なかなか改善しなし現実があります。

また、ご相談を伺っていましても、

長い期間にわたり

悩み苦しんでいる方がとても多い状況です。



本来であれば欧米のように、

精神科と同様に

心理療法が定着している状況であれば、

今の日本のように多く国民が

このように悩み苦しむ事が少ないと思います。



只、今その事を色々言っていても、

現実に辛い症状に悩まされている方々にとって、

一番大切な事は、辛い症状から解放されて

「出来るだけ早く

   いつもの自分に復帰する事」です。



river_00027-1.jpg



そこで私達は、一人でも多くの方々に、

「本来の自分に戻り、

その人でしか果たせない役目・役割を

果たして欲しい。」



そのような願いを基に、現在の活動を開始しています。



ですので、

うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDなどで、

「今は、とても辛い」「今は、何も出来ない」

「今は、将来の希望もない」「只、ただ苦しい」。


そんな現実であっても、私達に相談して下さい


うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDなどは、


短期間に

治ると言う簡単な病気ではありません。


只、慌てずに、

焦らずに時間を掛けて取り組んで行く事により、

辛い症状の緩和~改善に向けて行く事が可能です。

辛い症状が

緩和される事により仕事に従事出来ない方は、

仕事に復帰する事が可能になります。

また、辛い症状が改善される事により

今まで考えられない事が考える事が出来ます。

また、取り組む事の出来ない事が取り組む事が

出来るようになっています。


2b09c7936cd06cc8b6841fb3fbda88e1.jpg



私達の目標は、うつ病や

パニック障害・不安障害・PTSDなどの完治



完治とは、医師から処方されるお薬を飲まずに

通常の生活を送れる事を言います。



また、これらの病気には再発が起こります。

この再発が起こりにくくなって来ます。



その為に、

セッション(回復プログラム)に参加する事により、

マンイドフルネスの呼吸法や

洞察法を修得していただきます。

一度、身に付けた

マンイドフルネス手法を実践する事により、

よりクリアーな自分を取り戻し、

本来の役目・役割を

果たす事が可能になって来ます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に。

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      

http://www.mindfulmate.jp/



マインドフルメイト-1.png


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


:::::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人
     マインドフルメイト 代表理事

特定非営利活動法人
     マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::::::


posted by マイインド at 12:49| Comment(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする