2018年07月19日

マインドフルネスでうつ症を治す


マインドフルメイトでは、
現在、八重洲会場・日比谷会場・八王子会場と
名古屋会場・甲府会場とセッション会場を数多く設けて
うつ病や、不安障害(不安症)、
パニック障害、PRSDの方がのサポート行っています。

セッションに参加をする上で、
最も大切な事は、
自分の病気を「治そう」
「治したい」との意志を持つ事です。

マインドフルメイトの活動も
相談会を開始して8年余りが経ちました。

その間に、本当に多くの方々が相談に訪れました。


river_00017-2.jpg


現在ご相談に応じている、
うつ病・パニック障害・PTSD等は、
非常に多くの方が辛い症状に悩まされている病気です。


相談にお見えになる方のお話を伺っていますと、
その内容に共通する事が多い事がわかります。

1、辛い症状を理解していただく事が難しい。
        (ご家族や職場など)
2、お薬がなかなか効果が出ない。
        (永年通っても回復しない。)
3、お薬の副作用が怖い。
        (離脱症状や依存症状が怖い。等)


特に、皆さんが非常にがっかりしている事の中に、

○ 病院の先生があまりお話を聞いてくれない。

            説明をしてくれない。

との事がありました。

事務的にお薬を出されるだけ。

効果がない事を言うとお薬の量を増やすだけ。

又は、

「今度はこのお薬をだしておきます。」と言って

別のお薬を出すだけの所が多いように

おしゃるかたが多いようです。


river_00017-2.jpg

患者さんの立場に立って見ると、
「この先、私はどうなってしまうのだろうか。」と、
とても不安になるのは
当然な事だと思ってしまいます。

しかし、

回復の為に病院に通わなければとお考えのようです。


私達は、そのようなご相談の中で、
その方の辛い症状に合わせて
ご相談に応じています。


うつ病・パニック障害・PTSD等の方々の

辛い症状は千差万別になります。

その苦悩の波に圧倒されて、

頭が動かない・考えが浮かばない、

起きれない、動けなくなる、意欲がわかない。


また、人と話すのが怖い、外に出られない、等

その中で最たる事は、

希死念慮(死にたい気持ちが起きてくる)であります。


その苦しみは、

実際に体験をした人でないとわかりません。


私達は、うつ病・パニック障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


sea-ocean_00013-1.jpg


現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に
「この病気をなんとしても治したい。」
「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、
私達は喜んでご相談に応じます。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

その為のお手伝いを致します。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg








posted by マイインド at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスとうつ病 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック