2016年06月17日

マインドフルネスによる辛い症状の回復プロセス


うつ病・パニック障害・PTSD等などの回復の為には、
病気の回復プロセスを把握していないと、
せっかく辛い症状の病気の回復期に入っても
無駄にしてしまう事になりかねません。

辛い症状からの回復の為にも、
自分自身が回復期に入っているのか否かを
知る事はとても大切な事です。
そして、適切に対応策を講じる事が、
辛い症状からの回復の為のポイントになります。

tree_woods_00049-2.jpg

特に、うつ病・パニック障害・PTSD等などの
回復プロセスは、
通常の病気の場合とはチョット異なります。

一般的な病気などの回復プロセスは治療を始めてからは、
少しづつ右肩上がりで
回復をして行くとイメージだと思いますが、
うつ病・パニック障害・PTSD等など場合は、
辛い症状が良い時と、
そうでない時の波が繰り返し起きながら、
回復のプロセスに入って行きます。

 特別の場合を除くと回復のプロセスは一進一退です。
「良くなったかな」と思っても
次の日には悪化してしまうということがあります。
その回復のプロセスは大波小波の繰り返しのようです。
「良くなったかな」と思ったときに無理をしてしまい、
さらに悪化させてしまったり、
良くなったり悪くなったりを繰り返すために
「もう自分の病気は治らない」と
悲観してしまうことがあります。

回復プロセスは
一進一退のようである事をよく理解して、
あせらず気長に治療を続けていくことが、
大切なポイントです。

特に、うつ病・パニック障害・PTSD等など場合の
辛い症状は千差万別。
その人その人によって様々ですので、
その事をキチンと把握出来ている
カウンセラーに指導していただく事が、
一日でも早く
回復をして行けるポイントではないでしょうか。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に
「この病気をなんとしても治したい。」
「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、
私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、
うつ病・パニック障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、
より豊かな人生をおくりましょう」

私達は、その為のお手伝いを致します。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。
このままほっておけば治る病気ではありません。
一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。





posted by マイインド at 08:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに先生が言われる様に波があるんだと思う。良くなったなぁ、と感じる時もあれば、ほんとに治るのか、と悲しくなるの繰り返し。落ちる度に先生にメールして電話してそれでなんとか毎日少ーしずつ前に進んでいる(?)みたいな。でも、先生が諦めないって言うから私もがんばる。去年の春よりは今年の春の方が断然いいのは確かだし。
Posted by プラム at 2014年03月18日 23:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック