2019年07月18日

マインドフルネスのセッションを終了された方へ / うつ病や不安障害・パニック障害からの脱出

マインドフルメイトのセッションを終了された方へ

私たちの活動も、
まもなく10年目に入ります。

その間に数多くの方が
セッションに参加をされる事により、
通常の生活に復帰していきました。

振り返り返りますと、
セッションに参加をされる方々の、
それぞれの症状は様々になりますが、
うつ病や不安障害・パニック障害・PTSDの為に
とても辛く苦しい症状を抱えながら、
セッションに参加をされてきます。


hamabi-002.jpg


セッションに参加当初は、
半信半疑で
参加をされた方もいらしゃると思います。
でも、私達がお願いをしています、
呼吸法や洞察法を繰り返し行う事により、
その辛い症状に変化が起こり、
症状の緩和を実感する事が
スタート時の喜びだったと思います。

その後は、
セッションに参加をする事によって、
得られるご自身の病気の特徴を理解しつつ、
ご自身の努力で、
とても辛いご自身の病気を
乗り越える事が出来ました。


本当におめでとうございます。


只、油断をしてはいけません。
この病気のもっとも怖いのは
再発を繰り返す事です。

セッションが終わったからと言って、
全てが良くなった訳ではありません。

燃えさかる辛い症状を鎮火させ、
おとなしくなっている
状態になっているだけです。



まだまだ種火は残っていますので、

今後は、
セッションに参加をする事によって
ご自身の身体で覚えた
マインドフルネスの手法を、
根気良く、
繰り返し・繰り返し行ってください。


sunahama-003.jpg



セッションを終わられた皆さんは
世間一般では、
なかなか治らないと言われている、
ご自身のとても辛い病気を
乗り越える事が出来たのです。

そして、
今までなかなか描く事が出来なかった、
ご自身の夢や希望に
さらなるチャレンジを繰り返して下さい。


私たちの目的は
「自分らしく生きる事」にあります。


それぞれの置かれている、
人間関係や家庭の状況などは
様々だと思いますが、
その中で、
ご自身にしか歩めない道が
あるはずだと思います。

その「ご自身にしか歩めない道」が、
「自分らしく生きる事」に
あると思っています。

ご自身が身体で覚えたマインドフルネスを
根気良く、繰り返し・繰り返し行って行く事により、
その道も明らかになって行きます。


チャレンジ・チャレンジ・チャレンジです。


マインドフルメイト:佐藤福男


【追伸】
 また、辛い事やわからないが起きましたら、
いつでも遠慮なくご相談ください。

 私たちは、
 いつでもあなた方をサポートしていきます。


:::::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人  マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事

:::::::::::::::::::::::




posted by マイインド at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック