2017年07月31日

7-31 私もマインドフルネスを頑張っています。


今日は退院後、

初めて一人で東京駅の八重洲まで、

出かけてきました。


それは、

八重洲会場で個人セッションを行う為です。


朝、8時からのスカイプセッションが終わり、

妻の運転でJR甲府駅まで送ってもらい、

10:03発の特急あずさに乗り込みました。


IMG_20170731_101345.jpg



重さ13k前後の、

コルセットを装着しての移動です。


身動きの不自由さと、

都内の暑さ、

コルセット内の蒸れとの格闘です。


但し、今回はいつもの

グループセッションではありませんので、

一人で、

慎重に、慎重に、慎重に、チャレンジです。


身体の動き、

身体の痛み・しびれがどんな様子か、

長時間の列車移動の可能性や有無、

東京駅構内や歩道での歩行にチャレンジです。


IMG_20170731_101342.jpg


列車に乗り最初に来たのが、乗り物酔い。

ふだんは、

乗り物酔いをする事はまったくありません。

ても、

冷や汗が出てくる、

吐き気が出てくる、

どうしよう。どうなったのだろう。

焦る、焦る、焦る。


ここで、

マインドフルネス(自己洞察法)を

繰り返す、繰り返す、繰り返す。


気持ちが、ちょっと落ち着いて来ると、

何が原因なのかを振り返り、チェック。


もしかして、

コルセットの影響で

平衡感覚が上手く行ってないかも、

と気づく。


目の前にある、

台に手を掛けてしばらくの様子をみると、

次第に落ち着いて来る。


これで、対処法が成功です。



東京駅のホ-ムから駅構内に下ると、

夏休みの為か、

家族連れがいつもよりも多い。

その事は、想定内の事。


杖を頼りに、

しずかに、ゆっくりと足を運ぶ。


目の前を横切る人、

突然に立ち止まる人、

スマホを見ながら歩いてくる人。

その人たちを感じながら、

呼吸に意識を向け、

マインドフルネス(自己洞察法)を繰り返します。


目の前の人の動きを察知して、

ゆっくり、ゆっくり足を運びます。

時には、立ち入り、

時には、迂回し、

無事に改札口を通過しました。


そして、

焦らずに、焦らずにと自分に言い聞かせながら、

ゆっくりと足を進め、

普通の人の歩く速度から、

かなり遅くゆっくりとした速度で歩きました。、


セッション会場に到着し、

無事、個人セッションを終わり家に戻りました。


IMG_20170731_101341.jpg



私達は、日々の生活の繰り返しの中で、

言いようの無い不安感、

耐え難い過去への思考、

ままならない自身への悔しさ。等、

自分自身では、(自分自分の力では、)

どうしようも無い事が起きて来ます。


その事を、

焦り、手こずってしまうと、

結果的に、さらに悪化に至り、

日々の生活や、お仕事や家事・育児等に

影響が出てしまい、

辛い日々を送る事になります。


その時に、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

活用できるのか、出来ないのかが、

その後の、

ご自身の人生のあゆみを変える事になります。



騒ぐ不安や、惑わす過去の思考、等に、

恐れ慄くのではなく、

自分らしく、自分の考える歩みに切る変えて下さい。

その為の、

マインドフルネス(自己洞察法)になります。


マインドフルメイト:佐藤福男



【追伸】明日は日比谷会場のセッションになります。














posted by マイインド at 10:41 | TrackBack(0) | マインドフルネスを頑張っています。 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック