2020年04月03日

うつ病に効果的なフリフリグッパ体操-不安症・パニック障害などにも効果的

マインドフルメイトで行っています、

うつ病、不安症・パニック障害などの、

回復の為のセッションの中では、

ストレスホルモンの加分泌による、

前頭前野の変調を整える為に、

フリフリグッパー体操を行っています。 



特に、

うつ病、不安症・パニック障害などの方は、

どうしても動くのが面倒になってしまいます。



その為に、

お部屋にこもりがちになってしまいがちです。



そこで、

家の中にいる場合でも、

出来るだけ身体を動かすようにした方が

うつ病、不安症・パニック障害などの方は

効果的になりますので、

脳トレ運動やフリフリグッパー体操などが

最適ですのでお試し下さい。


今回はその中でも、

フリフリグッパー体操の事をお話し致します。


フリフリグッパー体操の効果は

以下の内容に効果があるとされています。


1、認知症の予防、転倒防止、生活習慣病の予防改善


2、子どもや大人の感情コントロール、
             睡眠障害・うつ病の予防


3、被災地でできる行動活性化技法



〇フリフリグッパー体操とは:

    筑波大学大学院人間総合科学研究科の
        征矢英昭助教授が開発された
        「脳フィットネス」の体操です。


フリフリグッパー体操の効果は、

 うつ病、認知症、転倒の予防、

 生活不活発病の

 予防などの効果があるとされています。


 また、子どもや大人の睡眠障害の改善、

    小児生活習慣病の予防、

    キレやすい感情の改善、

    前頭前野の機能向上で成績の向上、

    などの効果があります。


フリフリグッパー体操のやり方


   次のように、

   同時に、手、かかと、腰を動かし、歌を歌います。

   両手

    手は両腕を開いた時にグーを握り、

    閉じる時にパーに開いて

    胸の前で手を叩きます。

    そして、

    この動作をリズムに合わせ繰り返します。


   両脚、かかと

    両脚を肩幅に広き、

    膝は内側に軽く曲げ、

    足はかかとだけを

    上げて交互に軽くステップします。


   腰ふり

    脚を肩幅ぐらいに開き、

    若干内股にして軽く左右に重心を

    移動するようなイメージで、

    左右交互にかかとを

    浮かせながらステップを踏みます。


    腰の「フリ」は、

    糸で吊るした振り子のように

    左右へ腰を振ります。

    しかし、

    その際に頭も左右に

    振れないように気を付けましょう。


   歌をうたう

    これらの脚、腰、手の動きを協調させ、

    自分の好きな曲に合わせて

    歌を歌いながら実施することが

    楽しくできるコツになるでしょう。


 ※ あまり一度に長い時間するということではなく、

   一日の中で自分の都合の良い時間に

     自分の好きな歌を取り入れて、

     楽しんで続ける事が大切ですので、

     長続き出るように工夫して続け行くと、

     効果的ですのでチャレンジして下さい。


参考書籍 :書籍名-フリフリグッパー 征矢 英昭 (著)
       価格(定価) ¥2,000

参考動画 : フリフリグッパー体操!





:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。





マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg



posted by マイインド at 13:03| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください