2019年02月13日

うつ病が治った人の体験談を聞く事が出来ました - マインドフルネスのセッションで、



昨年の八重洲会場のセッションでは、

マインドフルメイトの

セッションに参加をする事により、

うつ病が治った方の体験談を聞く事が出来ました。


kafun_sukkiri_woman.png


その方は、

2013年春からセッションに参加をされ

ほぼ一年半掛けてうつ病を治して行った方です。


セッションに参加をされた当初は、

お仕事にもやっと行っている状態だっと思います。


セッションの参加をする事により、

比較的早めに緩和に入りましたが、

その後、症状の波が何度か起こりましたが、

根気よくチャレンジをくり返して行きました。



eieiou_woman.png


その後、

医師から処方されていますお薬も断薬し、

3年あまり経過しています。


現在では、

お仕事を積極的に取り組んで行くだけでは無く、

ご家族のサポートも週末に掛けて行い、

以前より、

はつらつと活動を行っている様子を

お話になりました。



実際にセッションに参加をされた方のお話は、

聞く人にとっては、

同じ目線で聞く事が出来ますので、

とても参考になります。



一般的には、

うつ病や不安症(不参障害)・

パニック障害やPTSDを、

発症してしまいますとなかなか回復する事が難しく、

ともすると長年に渡り

副作用のあるお薬を飲み続けなくては事になります。


また、お仕事や家事育児等が

思うように出来難くなりますので、

辛い日々を送らなくていけない現実があります。


ですので、

うつ病や

不安症(不参障害)・パニック障害やPTSDを、

発症してしまいますと

「治らない病気」と言われています。



しかし、マインドフルメイトでは、

「うつ病や

不安症(不参障害)・パニック障害やPTSDの、

完治を目指しましょう。」と

言っています。



マインドフルメイトで言う完治とは、

〇お薬を飲まないで普通の生活が送れる事。

〇再発を繰りえさない自分になる事。としています。



ですので、

うつ病や

不安症(不参障害)・パニック障害やPTSDを

発症した方が「治したい」との意思を持って、

セッションに参加をする事を求めています。



そして、

マインドフルメイトの開催する

セッションに参加をする事により、

マインドフルネス(自己洞察法)を

身に付けていただきます。



それは、

マインドフルネス(自己洞察法)を

学習する事ではありません。



また、頭で覚える事でもありません。



私達が提供する課題を、

日々の生活の中に取り入れて、

繰り返し取り組んでいただく事により、

身に付けていただく事になります。



ですので、

マインドフルメイトのセッションに参加をされる方の

病気や症状を治して行くのは、

私ではありません。



私は、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

皆さんに伝え、アドバイスをするだけです。


自分の病気や症状を治して行くのは、

自分自身になります。


ですので、

セッションに参加をする為の必須条件が、

「治したい」との意思が必要になります。


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     

http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか

周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


::::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 17:29| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください