2020年07月02日

病名をはっきりと聞きましょう。

うつ病や不安障害・パニック障害を治して行く為には、

   病名をはっきりと聞きましょう。


私どもにご相談に訪れる方の声を聞いていますと、

的確に判断する医師は少ないように思っています。

病名の判断が違うと処方される薬が異なります

病気を治すためには病名の特定は必須になります。


勇気を持って、はっきりと聞きましょう。


012e37628d316fb2acfed62383522c56_m.jpg



例えば、うつ病と言いつつ、

の病気の薬を処方していることがあります

また、別の病名を言いながら、

うつ病の薬を処方している事があります。

医師は、患者にどんな言い方をしていても、

自分が判断した病名の薬を処方します。

ですので処方した薬が

医師に判断した病名になります。



ですので、

勇気を持って、はっきりと聞きましょう。


:::::::::::::::::::::



  うつ病になると、

  思うように色々な事が出来なくなり、


  つらい日々が続きます。

  また、なかなか周囲の方にも

  理解されにくい病気ですので、

  一日でも早く改善の方向に向かう事が

  必要だと考えていますので、

  ご不明な点がございましたら

  お問い合わせください。


  お問合わせはこちらから



 → http://www.mindfulmate.jp/

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください