2019年03月22日

マインドフルネス心理療法(自己洞察法と認知行動療法の違い)| マインドフルメイト


日本で、現在行われています
精神療法に様々な物がありますが、
今回はその中でも、
代表的なマインドフルネス心理療法と
認知行動療法の違いに付いてお話して行きます。


river_00009-2.jpg


―――――――――――――――――
目次
1、私達の心の変化とは
2、わかりやすい認知行動療法とは
3、認知行動療法の課題
4、わかりやすいマインドフルネスとは
5、マインドフルネス自己洞察法では
6、マインドフルネス自己洞察法の目的と手段
7、心理療法を選ぶ時のポイト
―――――――――――――――――


1、私達の心の変化とは

私達の日々の生活の繰り返しの中で、
思いどうりになる事と、
そうでない事が起こって来ます。

また、時には勘違いや・
思い違い等も起きて来る事があります。

その時に、
私達は必ずなんらかの判断を行います。
例えば「良い・悪い」
または「損か・得か」等になります。

自分にとってその事が、
思いどうりになって行く時には
気持ちの良い事でしょうが、
思いどうりにならない事も起きて来ます。

すると、自分の事を卑下したり、
自分には価値が無いように思えたり、
時として自分の将来に
希望を持てないようになって行く事があります。

そして、
自分が駄目だから、
自分があのように行動したから、
あのようになったのだと
自分を責める
「自責」の思いが繰り返し起きて来ます。

2、わかりやすい認知行動療法とは

そこで認知行動療法では、
そのようなその考え方を否定し、
別の考え方でものごとを考え、
それに基づいて行動させるようにします。

その事は
日本人特有の「物事は考えよう」という
思考方法をもつように勧めるのです。


3、認知行動療法の課題


ところが、
自分の持っている考え方や、
物事の捉え方を変えようとした時に、
すぐに変えられる事と、
なかなか変えようとしても
変える事が出来ない現実に遭遇します。

その時に上手く変える事が出来ると、
認知行動療法ではこの効果を実感出来るようです。

しかし、変えようとしても、
なかなか変わらない現実が続く事により、
さらにその症状が悪化して行く事があるようです。

4、わかりやすいマインドフルネスとは

そこで、
マインドフルネス自己洞察法では
そのような自分の考え方や、
物事の捉え方を変えようとはしません。

物事や出来事に対する考え方や、
捉え方を変えようとはせずに、
その事を受容(そのままに)して行きます。

マインドフルネスとは
受容する事(そのままにする事)を言います。

5、マインドフルネス自己洞察法では

ご自身に日々、
起きて来る様々な事に気付いたら、
あれこれと考えて、その事を膨らませずに、
吸法に意識を向けて行きます。

そこで、
日々起きて来る事を抑えようとか、
これではいけないと嫌悪しても、
抑え切れる事ではありません。

ですので、
それらの事を受容(そのままに)しつつ
呼吸に意識を向けて行きます。

6、マインドフルネス自己洞察法の目的と手段

その事は、
マインドフルネス自己洞察法では
呼吸に意識を向けて行く事は手段であって、
目的ではありません。

呼吸と言う手段を使って、
交感神経を優位にする事を繰り返す結果、
自律神経を整えて行く事が目的になります。

ご自身の
自律神経のバラランスが整って来る事により、
ご自身が悩み・
苦しむ症状
(うつ症状・不安症状・パニック症状 等)が
次第に緩和状態から改善、
されには完治を目指して行く事が可能になります。

7、心理療法を選ぶ時のポイント

どんな物や、
どんな事であっても、
そこには必ず長所や短所がありますので、
マインドフルネス心理療法(自己洞察法)と
認知行動療法も同じ事になります。

その一部分だけを見たり、
捉えたりして判断をせずに、
自分にとってどの心理療法が良いのかを
選択する事がとても大切なポイントになります。

また、自己流で行う事により
さらに状態を悪化させる事がありますので、
それらの事をキチンと理解している
指導者の下で取り組む事が必須になります。


tree_woods_00049-2.jpg


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より、心豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/


posted by マイインド at 23:06| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

マインドフルネスとはどうゆう事なのか。/ マインドフルメイト


マインドフルネスの
注目度がとても高まっていますが、
マインドフルネスとは
いったいどうゆう事なのだろうか。

この事を、
端的に言える人は
はたしてどの程度いるのでしょうか。


river_00009-1.jpg


例えば、
マインドフルネスと言う事を、
インターネット上の情報だけで
理解している人とか、

また、
マインドフルネス関係の
書籍だけを呼んでいる人を

本当の意味でのマインドフルネスの事を
理解しているのでしょうか。

厳密に言えば、
マインドフルスの100%の内、
1%でも知っていれば、
マインドフルネスの事を知っている事になります。

そこで大切な事は、
マインドフルネスの事を、
どの程度知っている人を、
マインドフルネスの事を知っている、と
言うのでしょうか。

その事に応える為には、
少なくとも、
マインドフルネスの事を、
7~8割以上の事が分かっていないと、
マインドフルネスの事が
分かっていると
言えないのではないでしょうか。


IMG_20170502_114302-1.jpg


その事を、
もうチョト詳しく言いますと、
マインドフルネスの事を、
理論・理屈で理解する事は、
道半ばになります。

例えば、
車の運転を身に付けて行くのに、
車の構造だとか、
車が走る理論だけを、
理解した人の事を
車の事を
良くわかっているというのでしょうか。

また、
車の走る理論や、理屈を、
研究している人を、
車の事を
良くわかっているというのでしょうか。


私は違うと思います。


車の運転を身に付けて行く為には、
実際に車に乗り、
ハンドルとアクセルと、ブレーキ等を、
操作していかないと、
車を動かす事は出来ません。

車を動かす事が出来てこそ、
車をより有効に活用出来る事になります。


確かに、
車の事を知っているのか、
知らないのかを問う時には、
知っている事になりますが、
それは、
一部分の事を知っている事になります。

そのような人を、
マインドフルネスの事を、
知っているとは言わないと思います。


本当に大切な事は、

マインドフルネスに取り組む事により、

何が、どのようになって行くのか、

何も変わらないのかが、

大切になります。


その時に、

どのように対処すべきかが、

大切になります。


そこを、
見間違えていきますと、
ご自身の人生の歩みを間違えて、
いつまでも、
辛い日々を送る事になりかねません。


tree_woods_00008.jpg-1.jpg


例えば、

坐禅を始める時に大切な事は、

闇雲に始めてはいけない。

最も大切なことは、

坐禅の事を良くわかっている、

指導者を選ぶ事ですと、

山梨に住む高僧に言われた事があります。


まして、

一人で行う事は、

とてもいけない事です。

また、指導者の選定を間違えると、

いつまでも迷いから

離れる事が出来ないと、

言っていました。


マインドフルネスは、
坐禅ではありませんが、
やはり、
同じように、
一人では行わない事は、
とても大切な事になります。

また、
マインドフルネスの事を良くわかっている、
指導者を選ぶ事は、
とても、大切な事になります。

それは、

あなたの人生を、

より心豊かにして行く為に、

です。


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg






posted by マイインド at 20:09| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

マインドフルネスの緩和法と洞察法の違いについて / マインドフルメイト



ここ数年の間に、

日本のマスコミ各社が取り上げる事により、

マインドフルネスの注目度が高まって来ていますので、

マインドフルネスと言う言葉の認知度は、

数年前に比べると高くなって来ていると思っています。


只、その内容に入って来ますと、

その認知度はまだまだと言ってよいと思います。


river_00045.jpg-2.jpg


例えば、マインドフルネス緩和法で言いますと、

アメリカの医師が坐禅に巡り合い、

坐禅の素晴らしさに感嘆し坐禅の方法を何とか医療でも

活用出来ないかと苦心して出来たのが

「痛みを緩和させるマインドフルネス」とされています。


その為に欧米ではマインドフルネスと言いますと

「痛みの緩和」として多くの方に知られています。

過去に欧米に長年住んでいた方が、

マインドフルメイトに

「マインドフルネスで痛みを治して欲しい」と

何人もの方が言ってこられています。

その痛みを緩和する心理療法を精神科医が

「この療法を精神科以外の医療で何とか活用出来ないか」

と、スタートしたのが、

「マインドフルネスストレス緩和法」(MBSR)と

言われています。


「痛み」 = 「ストレス」

と置き換える事により

マインドフルネスと捉える事が出来る事になります。


ここで、ポイントになる事は、

「痛みの緩和」 = 「ストレスの緩和」 

となる事です。


その痛みの原因

(ストレスの根源)に対策をして行かないと、

その辛さや・苦しさは

どこまでも付きまとって来る事です。


そして、

その為に医師の処方するお薬を飲み続ける事になります。

<例‐毎月の薬代\6,000×60回(5年分)=\360,000>


あなたは、

この費用を払い続ける事に抵抗はありませんか。


tree_woods_00049-1.jpg



そこで、マインドフルネス洞察法とは、

日本の大手企業で働いていたビジネスマンが、

日々の業務のストレスからうつ病を発症し、

重要な職務を遂行できない状態になってしまいました。

休職はしなかったものの、

なんとかもとのように

健康な心になりたいと思っていましたが、

ある医師から仏教をすすめられてから、

多数の仏教書を読み、

その結果最終的にたどり着いたのが坐禅でした。

坐禅をするうちに

次第に本来の自分を

取り戻す事が出来るようになって行きました。

その後、

自分自身がうつ病から脱する事が出来たのだから、

坐禅の中で心の使い方の説明を加える方法を開発して、

その手法で

多くの人を手助けしたいと活動を始めて行くうちに、

海外で行われている

マインドフルネスの手法と同じ事が多い事に気付き、

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)として

活動を行っています。


これが大田健次郎氏のマインドフルネスSIMTです。
(SIMT:Self Insight Meditation Therapy)


マインドフルメイトで現在行っている

マインドフルネス心理療法(STMT)では、

主に

「うつ病、不安症(パニック症、社会不安症など)、

PTSD」等の

診断を医師から受けた方が、

その後に医師の処方を受けても

その症状がなかなか改善しない方を対象に、

その方自身の本来の生活を取り戻すことを

目的として活動を行っています。


また、マインドフルメイトでは辛い症状が改善する事や、

緩和をする事を目的とするのではなく、

その症状の完治を目指していただいています。



【マインドフルメイトの完治の定義】

 ○薬を飲まずに通常の生活が送れるようになる事。

 ○再発を繰り返さない自分になる事。 



その為に、マインドフルネス心理療法(SIMT)では

改善が見込められない病名の方は

お受けすることはしていませんが、

私たちがお受けしセッションを最後まで終了した方は、

ほとんどが症状の改善を感じています。

その結果、減薬や完治に至る事になります。


例えば、

うつ病の原因の一つはストレスを受け続けたこと、

または短い時間に

大きなストレスがかかった事によるものです。

ですが、本人がどんなに頑張っても、

家族や職場など身近な人がカバーして

ストレスの無い環境を整えようと努力しても、

ストレスを排除することはできません。


マインドフルネス洞察法はストレスを排除するのではなく、

ストレスを受けても

自ら克服していく心のトレーニングを行います。


そのことにより、症状が緩和したり完治したりします。


また、訓練で

身につけることによって再発防止にもなっています。


即効性があるわけではありませんが、

確実に完治を目指すことができます。



マインドフルネスの緩和法と洞察法の違いとは

あなたが投薬治療をいつまでも続けるのか、

投薬治療に終止符を打ち、

完治を目指すのかの違いになります。


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜・☆。・

マインドフルメイトのホームページ

       ↓

http://www.mindfulmate.jp/








posted by マイインド at 18:51| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

うつ病を治していくマインドフルネスとは、/ マインドフルメイト


うつ病には、マインドフルネスがとても効果的だと言われていますが、なぜ効果的なのかに付いてお話して行きます。

まず、うつ病に付いて

―――――――――――――――――
目次
1、世界保健機関の最新の報告によると
2、厚生労働省の「患者調査」によると
3、うつ病の社会的背景にストレスの増大が
4、精神科を受診するうつ病患者が増えている
5、大人のおよそ5%がうつ病にかかると
6、うつ病からの自殺者の増加は社会問題に
7、うつ病の正しく認識する事が大切になる
8、うつ病は理解され難い病気です
―――――――――――――――――


1-b44fd3ef7030cca56ec81768fa5bbbc4_m.jpg



1、世界保健機関の最新の報告によると

 世界保健機関(WHO)の最新(2017年)報告によると、うつ病の患者数は世界で3億人を超えるとの推計を発表しています。また、うつ病から年間約80万人が自殺していると報告をされ、国際的な取組が求められている状況が続いています。また、地域などに関係なく世界的に起こっている現象としています。


2、厚生労働省の「患者調査」によると

厚生労働省が3年ごとに全国の医療施設に対して行っている「患者調査」によると、平成26年に医療機関を受療したうつ病・躁うつ病の総患者数は112万人としています。また、7人のうち1人が生涯のうちに1回はかかるという報告があります。


3、うつ病の社会的背景にストレスの増大が

うつ病の患者が増加して行く背景には、現代社会の構造が強く影響しているものと考えられています。例えば、以前は働き盛りの40~50代の年齢で発病が増えている傾向がありましたが、近年では受験や家事・育児等の学生や主婦等の、幅広い年齢層に広がって来ている事があります。

その要因として、日々のストレスがあります。その日々のストレスとは時の流れと共に変化をして行きます。高度情報社会、家族構成の変化、高齢化・少子化社会等、現代社会は様々に変化を繰り返して行きます。その中で、人間関係の歪みや葛藤がうまれ、生活スタイルが変化を繰り返し、価値観の多様化が広がり、常にストレスにさらされ心のトラブルを抱えながら生活しています。その結果、さまざまな心のトラブルに悩まされてうつ病の予備軍となり、軽症うつ病の患者が増加しているようです。


1-b7ad7528030d272f4e2838d9e91b94df_m.jpg



4、精神科を受診するうつ病患者が増えている

うつ病の患者が増加している背景には、うつ病に関する知識や情報が広まり、以前に比べて精神科を受診する人が増えている事があるようです。うつ病患者数は、ここ10年で4倍以上に増えており年々増加している報告がされているようです。その為に多くの従業員を抱える企業などでは、産業医や産業カウンセラー制度を取り入れるようになっています。また、精神科クリニックや診療内科クリニックの数も急増しているようです。

うつ病による社会的な負担は、ガンに次いで大きな疾患になっている事は報告され、今やうつ病は日本の国民病としてその重大さが認識されようとしています。


5、大人のおよそ5%がうつ病にかかると

その為に、大人のおよそ5%がうつ病にかかるとされるなど、また女性のおよそ5人に1人が産後うつ病にかかり、アルコールや薬物中毒、経済状況、失業といった外部環境なども、うつ病を招く要因としています。


6、うつ病からの自殺者の増加は社会問題に

この様な社会的な背景もあり、わが国では自殺によって命を落とす方が3万人前後いる報告がされ、その約半数の方が自殺直前の段階でうつ状態にあるといわれており、うつ病は深刻な社会問題となっています。


1-159ee3446865c1c795dac5350679fb00_m.jpg


7、うつ病の正しく認識する事が大切になる

そもそも、うつ病とはどんな病気なのかと問われる時に、例えとして言われるのが風邪の症状があります。
うつ病はちょっと油断や、ちょっとしたきっかけで発症する可能性が高い病気です。そこで、適切に対処できると比較的軽度で済みますが、適切に対応出来ないと長引いて重症化する事があります。また、良くなっても何らかのきっかけで再発を引き起こす特徴がある病気です。
そこで、「心が弱いから」とか「性格に問題があるから」という思い込みは大きな誤解です。
誤った思い込みが、うつ病の症状とは別に患者を苦しめ追い詰めてしまうことになりうるので、うつ病を正しく理解することが何よりも重要なことです。


8、うつ病は理解され難い病気です


うつ病の難しさは、何と言っても患者の心の中で起こる症状のため、周囲も本人もなかなか気付きにくい点です。患者がうつ病で苦しんでいても、「気のせい」「気の持ちよう」と言って片付けられてしまう傾向があります。また、一般的にうつ病患者は、まじめで他人に気を遣うタイプの人が多いため、仕事に対しても誠実に向き合い、症状に苦しめられていてもギリギリのところまで頑張ってしまいます。そしてどうにもならない状態になって、はじめて周囲が気付くことも少なくありません。


1-752ae72a6c26fb15c5608e882bb7f4db_m.jpg




次にマインドフルネスに付いて


―――――――――――――――――
目次
1、マインドフルネスとは、
2、ヨガの場合
3、瞑想の場合
4、普段の生活でも
5、今ここにあること
6、物事を客観的に捉えること
7、過去にとらわれない
8、脳細胞の過剰な反応
9、現代人の特徴
10、うつ病が発症している人は
11、マインドフルネス自己洞察法では
〇その時に出来る事を繰り返す
〇目標は完治

―――――――――――――――――


1-0524137a4d7930f014b54faec1bc0ed7_m.jpg


1、マインドフルネスとは、

マインドフルネスとは、今起きている事を騒がずに、まずその事を受容(そのままに)して行きます。
その繰り返しの後に、今現在起きている内面的な経験や外的経験に自然と意識が向いて行きます。


2、ヨガの場合

例えば、ヨガの場合は身体を動かしながら、その動いている身体に集中し注意を払います。そして、今現在起きている内面的な経験や外的経験に注意を向けて行きます。


3、瞑想の場合

瞑想の場合も、呼吸や自分が今何を感じているのか、といったことに意識を集中させます。ので、今現在起きている内面的な経験や外的経験に注意を向けて行きます。



1-5909da597d9c6d304691b5d33260d370_m.jpg


4、普段の生活でも

ヨガや瞑想というととても特別で難しいことのように感じられますが、普段の食事で食事の香りや味、食感に集中したり、盛り付けをよく見てみたりします。お風呂では身体が水に触れる感覚や水の音に注意を払うことは自然に行われている事です。


5、今ここにあること

このように、とにかく今ここにあること、今自分が行っている行動に感覚を注ぐことがとても大切になります。
この事が可能になりますと、自分の主観的な善悪の判断などを心の中から追い出し、物事を客観的に捉えることができる状態になります。


6、物事を客観的に捉えること
この事が可能になりますと、自分の主観的な善悪の判断などを心の中から追い出し、物事を客観的に捉えることができる状態になります。


1-1ab15b98284b8aed20608796525452e2_m.jpg


7、過去にとらわれない

いわば、目の前のことに五感を総動員することで心に余計なことを考えさせる隙間を与えないのです。余計なことを考えないということはすなわち、過去に起こってしまって取返しのつかない失敗にクヨクヨしたり、まだ起きてもいない未来のできごとに対して心配することを放棄してしまうのです。


8、脳細胞の過剰な反応

現在では科学の進歩により脳のどの部分がどのような機能を持ち、行動や思考に対してどのような反応を示すのか科学的に解明されている部分もあり、ストレスに対して偏桃体が過剰な反応をしてしまう事は、科学的根拠のある事だと認められています。


9、現代人の特徴

現代人の傾向として、日々あまりにも多くのことをこなすことに追われていて、目の前のことに集中することを忘れがちになっています。この状態では常に意識が散ってしまい、仕事をはじめ日々の生活の精度が失われていくことが想像できます。


1-236212f363757996514a23e1650bea33_m.jpg



10、うつ病が発症している人は

しかし、通常の生活が出来難いとか、日々の生活が多少困難は人達に対しては、そのような対処で良いと思います。しかし、うつ病を発症してしまっている人の対しては、その事が頭では理解出来ても、実際にその事を取り組もうと、身体に意識を集中したり、呼吸に集中したり、行動に集中する事が困難になりますので、さらに、その事を繰り返す事により、その症状を悪化させてしまうケースが起きて来ます。


11、マインドフルネス自己洞察法では

そこで、マインドフルネス自己洞察法では「集中する」事は行わずに、今起きている事を騒がずに、まずその事を受容(そのままに)して行きます。その繰り返しの結果、今現在起きている内面的な経験や外的経験に自然と意識が向いて行きます。


〇 その時に出来る事を繰り返す

その事を、今自分が置かれている状況に合わせて、出来る事を繰り返す事になります。その積み重ねが、うつ症状の緩和に至り、さらには症状の改善に至りますので、お仕事に復帰したり、家事・育児が可能になっています。


〇 目標は完治

私達が目指すのは、症状の緩和(多少良くなる事)ではありません。お薬にたよることなく、最も怖い再発の不安から離れる事です。その状態を完治と言っていますので、私達の目標は完治です。




1-1c15f0fb188304e461e06ef76d7b6c5b_m.jpg




::::::::::::::::::::::::


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より、心豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp



マインドフルメイト-1.png





posted by マイインド at 21:43| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

マインドフルネスで出来る事、出来ない事とは。 / マインドフルメイト


私達、マインドフルメイトでは、

ご相談にお見えになる方の

すべてを受け入れている訳ではありません。


それはマインフルネス心理療法で、

すべての人の

病気が治る訳ではないからです。

また、マインフルネス心理療法で

治る見込みのない方を、

受け入れてしまうと、

結果的にその方を裏切る事になりますので、

その事は、私どもの本意ではありません。


ですの、

最初にお問い合わせをいただきました時に、

その旨を、キチンとお伝えしています。


マインフルネス心理療法が、

多くの人に接する機会が多くなればなるほど、

誤解や勘違いが増える傾向になると思いますので、

是非、ご自身の病気はどのような病気なのかを、

確認する事が、とても大切になります。


river_00011-1.jpg


【お引き受け出来る方】

1、うつ病・非定型うつ病

2、不安障害・パニック障害・PTSD・対人恐怖症

  ※どんな辛い症状があってもご相談に応じます。

  ※薬物治療で改善しない場合でも
           あきらめずにご相談下さい。


私達は、辛い症状を緩和から改善に向けて行きます。

    その後は改善から完治をを目指します。

そして、薬物に頼らないで

通常の生活が送れる事をチャレンジして行きます。

ただし、この病気の回復には時間が掛かります。
            (最低1年~2年位)


そこでこの病気の、

最も怖いのは「再発を繰り返す病」だと言う事です。

再発を繰り返すと、

さらに辛い症状になって行きます。

私たちは、

再発を繰り返さない自分になる事(完治)を、

最終の目的にしています。



【お引き受けが出来ないケース】

1、統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・等

  その他、私共でお受けできないと判断した場合。

  ※辛い症状が似ている場合等がある為に

   同じ病気と思いわれがちですが、

   発症や回復プロセス等に

   疑問点がある為にお引き受けが出来ません。

2、相談会やセッションに参加が出来ない場合。

  電話やメールで対応して欲しい等で遠方からの

  お問い合わせが多くありますが、

  この病気の難しさを考える時に、

  責任のある対応とらせていただく為には

  直接に面談する事がベストであるとの判断です。

3、本人に治そうとする意思がないと判断する場合。

  この療法は、

  ご本人の治そうとする意思が不可欠です。

  治そうとする意思が

  ご本人に無い場合はお引き受けが出来ません。


詳しくは、

ホームページの無料相談会のページをご覧ください。


【回復が難しいケース】

1、セッションに参加をしても、

  私がお願いをする課題に取り組もうとしない

  (取り組めない)ケース。

  セッションに参加をすれば

  回復するのではありません。

  私達がお願いをする課題に

  取り組む事により回復をして行きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


tree_woods_00049-2.jpg



私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害、

PTSD等の辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。


そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     

http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。


一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト  代表理事

特定非営利活動法人
     マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::::
posted by マイインド at 17:48| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

マインドフルネス心理療法でうつ病等を治して行く安心サポート / マインドフルメイト


マインドフルメイトの安心サポート

マインドフルメイトでは、
辛い症状のあるうつ病、
パニック障害・PTSD等の為に
通常の生活が送る事が出来ない方の為の、
回復プログラムとして
マインドフルネス心理療法(SIMT)の
セッションを行っています。

そのセッションに参加をされた方の為に、
特別な安心サポート体制を敷いています。


tree_woods_00027.jpg-1.jpg



〇お一人・お一人を大切にサポートします。


うつ病・パニック障害・PTSD等の症状は、
発症の経緯や辛い症状の度合い、
湧きあがってくる不安の状況や、
置かれている環境等により、
その辛い症状は様々です。

そこで、
参加をされている方に合わせた
支援を行っています。


〇参加者の回復状況に合わせた
        サポートを行っています。


参加者の発症からの経緯や環境などによって、
回復の経緯や、
回復までの時間等は皆さんが様々です。

参加者の個々の回復状況に合わせた
サポートを行っています。


〇疑問・質問にいつでも応じます。


参加者の方がセッションを進めて行く中で、
わからない点や不安な事が出て来ましたら、
いつでも、
その疑問点や質問に電話やメールでお答えします。


〇緊急サポート


うつ病・パニック障害・PTSD等の症状の方は、
辛い症状が予測なしに突然に襲って来ます。

そんな時には、どうすれば良いのかが分からずに
不安になってしまいます。

そんな時の為の、緊急のサポートです。

詳細は、お問い合わせください。



〇アフターフォローのサポート

セッションが終了しても、
「もう少し自信を付けたい方」
「もっと治したい方」の為に、
セッション終了後でも、
引き続きセッションの参加が可能です。

その場合は、
日記指導等が無ければ参加費は安価になります。



詳細は、お問い合わせください。



もう一つの大切なポイント

      

マインドフルネスは適切な指導者の下で

   クリック


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg



posted by マイインド at 18:40| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

マインドフルネスの瞑想法とは / マインドフルメイト


マインドフルネスを直訳すると
「心が満たされている」といった意味になり、
過去でも未来でもない、
今現在に全ての意識を捧げるという、
考えを基本としている瞑想法です。

今回は、
そのマインドフルネスの
瞑想法に付いてお話して行きます。


sea-ocean_00025-2.jpg


―――――――――――――――――
目次
 1、実証されている効能
 2、アメリカでは国の機関が研修として
 3、教育機関でも
 4、今のみに目を向ける
 5、スポーツに置き換えると
 6、うつ病にも効果的
 7、薬剤治療では無く根本治療として
 8、自分らしく生きる事が可能
   ※ 自己流では行わない
―――――――――――――――――



1、2000年頃から注目される

あらゆる事柄で、
最大の能力を引き出す事の出来る手法として、
各方面で高い評価を得ていています。

アメリカでは、
2000年を超えた頃から、
企業からも注目を集めており、
精神面を含めた、
社員の健康を守り増進させるために注目されています。


2、IT企業からの注目度が高い

特にIT企業からの注目度は高くて、
検索エンジンや各種機能を提供している、
大手企業は専用の部屋やトレーナーを設けて、
就業時間中にいつでも
マインドフルネスが行えるようにしている程です。


3、日本では

日本では、
瞑想の印象が先行しがちですが、
既に自閉症やうつ病の他に
スポーツでも介入されていて、
欧米からの遅れを取り戻す勢いで幅広く広がっています。


4、ルーツは仏教の教えから由来

マインドフルネスを始めて知った方は、
宗教や哲学、スピリチュアルやヨガという
イメージを持つ傾向にありますが、
実は全て間違っていません。

その理由は、
元来仏教の教えから由来している事であり、
その中の一部分が
アメリカにて切り離されて流行し、
日本に対し逆輸入という形式で、
取り入れられて拡大しているためです。


5、マインドフルネス緩和法では、


○食事中でも

つまり目を閉じている時のみに限らずに、
食事を目にして口に運ぶ時には、
疎かにしやすい香りも十分に楽しみ、
色味についても、
今一度見直してみて
違いに気がつく事も大切だとしています。


○五感が研ぎ澄まされて

毎日繰り返している事だと、
つい惰性的になってしまい、
表面上しか見る事ができなくなるのですが、
あえて初見の気持ちを持って接してみると、
心が満たされるようになります。


○すべてが新鮮で感動的に

こうした様子からわかりますが必ずしも、
あぐらをかいて、
背筋を伸ばして座って、
穏やかにしているだけがマインドフルネスではなく、
活動中でも五感を研ぎ澄ますと実行中という事になり、
日常の中に上手く取り入れられた方は、
まるで子供のように
見るもの全てが新鮮で感動的に感じます。


○悲壮感からも脱却

充足感や幸福感が高まると、
置かれている現状に満足できるので、
他者と自分を比較した時の劣等感に苛まれたり、
仕事に追われて単調な日々が過ぎていくといった、
悲壮感からも脱却できます。


○生産の向上に貢献できる

企業単位で取り入れると、
生産の向上に繋げられるのでより、
上質な製品作りが実現できますし、
クリエイティブな職業では
アイディアに溢れスランプに陥る事も無くなります。


6、マインドフルネス自己洞察法では

日本発の、
マインドフルネス自己洞察法では、
日々様々に起きて来るストレスに対して
一時的に逃れる事(緩和)を目指すのではなく、
長い人生を生き行く為に必要なスキルとして
マインドフルネスを身に付けて行きますので、
医師の処方する薬に頼ることなく、
再発のリスクからも逃れる事が出来る手法ですので、
今後も人生をより
心豊かに生きて行く事が可能になります。

※自己流では行わない

そこで、
大切な事は自己流で行わずに、
マインドフルネス自己洞察法の事を
良くわかっているカウンセラーの下で行う事です。


river_00039.jpg-1.jpg



・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/



マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg








posted by マイインド at 06:25| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

うつ病がどうしてマインドフルネスで治るのか、/ マインドフルメイト



私たちが生きている現代社会は、

私達の意向(好むと好まざると)にかかわれず、

ストレス社会と言われています。


stress_woman.png


そこで、

家庭や職場・学校の人間関係、

大切な人や物を失ったことのショック、

過去の失敗など

発症の原因はさまざまですが、

これらの原因により

ストレスを受け続けたこと、

または短い時間に大きなストレスがかかった事により、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどを

発病してしまう確率はとても高くなります。


stress_man.png


そこで、

ご本人が、たとえ思い当たる原因がなくても、

知らず知らずのうちに

ストレスを受け続けていたという事もあります。



その対策の為に、

現在では、病院などで処方される

うつ病などの薬は

セロトニン仮説により作られています。


thumbnail_medical_tablet.jpg



しかし、

セロトニンに働きかける薬(SSRなど)で

なかなか改善しない方もいます。


なぜなら過剰に分泌された

ストレスホルモンが

自律神経のバランスを崩した結果、

様々に引き起こされる症状に、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどを、

発病してしまうと、考えられるからです。


自律神経は、

交感神経と、

副交感神経で成り立っていますが、

ストレスホルモンの加分泌により

交感神経が優位になりすぎてしまっている為に、

自律神経のバランスが崩れて行きます。


そこで、

自律神経のバランスを整えていく事により、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどの、

症状は徐々に回復していきます。


マインドフルネス心理療法SIMT(シムト)は、

交感神経と副交感神経のバランスを整える呼吸法を用い、

あるがままを実践して、

ストレスホルモンの異常分泌を抑えつつ、

病状を回復、完治を目指します。



マインドフルメイトのマインドフルネスSIMTは

薬や器具を一切使わず、

自分の持つ治癒力を引き出しす心

理療法ですので、

副作用はまったくありません。


どうして病気になったか?

どうすれば治るか?については、

無料相談会に参加された方には

もう少し詳しくお伝えしております。


yjimage.jpg
画像をクリックしてください。⇒ 無料相談会


さらに、

うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどを

治す方法は、

セッションに参加する事により身をもって理解できます。

 

マインドフルメイトのホームページでは、
セッションを終了した方から寄せられた
体験談を載せています。

top-014.gif
画像をクリックしてください。⇒ 体験談

:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg
















posted by マイインド at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

うつ病や不安障害(不安症)・パニック障害を克服する秘訣とは、


私達が、現代社会で生活をして行く為には、
どうしてもストレスから逃れる事が出来ません。

stress_man.png


それは、日々の生活の繰り返しの中で、
どうしても自分の考えや願いどうりに
行かない現実に突き当たります。

すると私達は反射的に、
「何とか解決をしよう」と努力をして行きます。
その時に、
自分の思いどうりになっていきますと、
ストレスにはなりません。

ところが、
「何とか解決をしよう」と努力をしても、
なかなか解決の糸口が見つからないと、
さらに、
「何とかしよう」、「かんとかしよう」と
努力をして行きますが、
なかなか旨く解決が付ない現実に遭遇してしまうと、
自分では気が付かずに、
ストレスホルモンの過分泌が起こってしまいます。

pose_nigawarai_man.png

その結果、
考えが旨くまとまらない、とか、
嫌な不安が起きて来ます。

また、
常に解決できない事を、
常に考えている状態になり、
集中力散漫になってしまい、
その結果的、
お仕事が上手く取り組めない状態になり、
夜眠れない状態に入って行きます。

その事を、
さらに放置する事により、
お仕事が出来ない、
家事・育児が出来ない状態となって行きます。

すると、
うつ病や不安障害(不安症)・パニック障害を
発症してしまいます。

その事は、勤務先に迷惑を掛けてしまい、
ご家族にも心配を掛けてしまう事になります。

pose_unzari_man.png


そこで、
うつ病や不安障害(不安症)・パニック障害を発症したり、
それらの症状が起きて来た時にどうすのか、が
これからの大切なポイントになります。

私達が生活をしています現代社会は、
ふっと油断してしまうと、
いつでも、だれでもが
うつ病や不安障害(不安症)・パニック障害を発症してしまう、
可能性が高い社会のですので、
他人事ではすまされない時代になっています。

では、
うつ病や不安障害(不安症)・パニック障害は発症したり、
それらの症状が起きて来た時にどうすのか。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg


まずは、近くの診療内科医又は、
精神科医の受診を受ける事が大切になります。

但し、
診療内科医又は精神科医のお話を
鵜呑みにしない事が大切になります。

要点は以下になります。

〇病名をキチンと伺う事
〇処方されるお薬の説明とキチンと受ける事
〇そのお薬の副作用も伺う事
〇離脱作用があるのか否かも伺う事
〇治療の方針(メリット・デメリット)を伺う事

それらの事をキチンと伺い、
診療内科医又は精神科医が、
真摯に対応いただけるようであれば、
あなたの、
うつ病や不安障害(不安症)・パニック障害の治療を
信頼してお任せ出来るのではないでしょうか。

でも、もし、
その事に真摯に対応していただけなかったり、
ご自身が、
その医師の治療に不安があるようでしたら、
別に信頼できる
診療内科医又は精神科医を探す必要があります。

それは、何故かと言いますと、
どんな事をお願いするにしても、
相互の信頼関係が最も大切になるからです。

ご自身の病気を、
ご自身の将来を、
ご自身が信頼出来ない方に託す事が、
あなたには出来ますか。

うつ病や不安障害(不安症)・パニック障害を克服する
最大の秘訣とは
信頼できる医師を探す事になります。

ご自身の、またご家族の参考にして下さい。

:::::::::::::::::::::

私達は、長年期間にわたり、
病院等に通ってもなかなか良くならない、
うつ病や不安症・パニック障害等で、
悩み・苦しんでいる方々の
サポートを行っています。

私達の目的は、
うつ病や不安症・パニック障害等の
症状が改善される事ではありません。

私達の目標は完治です。
〇お薬を飲まずに生活が出来る事
〇再発を繰り返さない自分になる事、です。


eieiou_woman.png


是非、
自分自身を諦める事無く、
大切なご家族を諦める事無く、
マインドフルメイトにご相談ください。

私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     ↓

http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
    マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
    マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 19:59| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

マインドフルネス ストレス低減法とは (緩和法) / マインドフルメイト


近年、
急速に広まって来ましたマインドフルネスですが、
その具体的な内容と言いますと、
まだまだ知られていない事が多いのが
現状だと思います。

そこで、
今回はマインドフルネス緩和法に付いて
お話してきます。

さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。
        
マインドフルネスとは…【日本におけるマインドフルネス】


river_00017-2.jpg



―――――――――――――――――
目次
 1、アメリカから入って来た手法
 2、精神状態を改善しリラックスさせる
 3、具体的なやり方
     〇例えば、食べる時
     〇瞑想やヨガのように
     〇姿勢はといいますと
     〇呼吸に集中する
4、その効果とは
―――――――――――――――――



1、アメリカから入って来た手法

マインドフルネスとは何かというと、
元々は仏教の考えを由来としたもので、
普段何気なくやっている物事に対して、
一つ一つ集中して、
いつもの出来事をより
しっかりと感じ取るという手法です。

マインドフルネス(緩和法)は、
アメリカでこうした考え方が広まり、
それが日本にも広がってきているという状態です。 

※ 1970年代に、生物学者であり心理学者である
  ジョン・カバット・ジンが
  特に痛みの緩和のために開発した手法。
  その起源は仏教にあるが、
  宗教的問題の解決ではなく、
  心身の健康に応用したものである。


2、精神状態を改善しリラックスさせる


私達は普段から色々考えていて
中々頭を休める機会がありません。

一つの事に集中する事が出来ず
常に様々な事が頭の中にあり、
それらが離れる事はありません。

その結果ストレスがたまり、
周りもよく見えなくなってしまい
パフォーマンスも下がってしまいます。

マインドフルネス(緩和法)はそうした精神状態を
改善しリラックスさせる事で
心を整えて安定させる事ができます。 



3、具体的なやり方


〇例えば、食べる時

その内容は説明を聞いても、
チョット分かり難いので例を挙げてみると、
例えば普段何気なく食事をしている時に、
このマインドフルネス(緩和法)を行うと、
ただご飯やおかずを食べるだけではなくて、
五感を隅々まで働かせながら食べる事で
ご飯の輝く白いお米の一粒一粒を見て感動して、
漂ってくるお米の香りを楽しみ、
そして口に入れた時の
温かさや甘みを充分に感じながら
食べる事で心が満たされます。

これは食事だけでなく
普段の仕事や運動をしている時にも
当てはめる事が出来ます。 


〇瞑想やヨガのように


では具体的に
どのように何を行えば良いのかというと、
よく行われているのが瞑想やヨガです。

これらを行う事で、
様々な雑念や自分自身に対する
周りからの批判的な目や
感情を取り払う事が出来ます。

やり方も特に難しい事はなく
とてもシンプルなので誰にでもやる事が出来ます。


〇姿勢はといいますと

まずは姿勢をしっかりと正して、
目は軽く閉じ背筋を伸ばし
全身の力をゆっくりと抜いていきます。

これは立ってやっても
座ってやってもどちらでも大丈夫です。
自分の楽なほうを選ぶと良いです。


〇呼吸に集中する

次は呼吸に集中していきます。

ゆっくりと呼吸をし、
吸った息が体の中に入っていくイメージを
持ちながら何回も続けます。

これを続けていくと
頭の中の雑念が自然と消えていき、
何も考えない状態で
ただ静かに呼吸を繰り返している状態になります。

これを数分間やるだけで
かなり精神的に落ち着き
リラックスする事が出来ます。

慣れてきたら数十分、
一時間と出来るようになります。


4、その効果とは


これらを行う事で、
雑念がなくなり集中力が高くなり、
精神的や肉体的なストレスも緩和されていきます。

また頭の中もすっきりするので
物事に対する直観力や洞察力、
創造力も高くなります。

さらに心身がリラックス状態になるので
睡眠もよく取れるようになり、
高血圧の改善や
血糖値やコレステロールの上昇を抑える効果も
期待出来ます。


river_00006-1.jpg




さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。
        
マインドフルネスとは…【日本におけるマインドフルネス】




◎具体的には、呼吸法などで痛みが改善

 ストレス緩和プログラムの技法は、

(1)静座瞑想(坐って行う自己洞察法)、

(2)ボディ・スキャン、

(3)ヨ-ガ瞑想を用いるが、

この3つのどれかを、

毎日、実践していると、痛みが軽減する。

痛みは主観的な要素で強さが変わる。

自己洞察によって、
セロトニン神経が活性化するとともに、
痛みというものに対する
見方、評価、思考との関係づけが変わることにより、
以前よりも、痛みにとらわれることが少なくなる。

これと、類似の技法、たとえば、
「自己洞察瞑想療法」で行われる呼吸法や自己洞察法でも、
ストレス緩和プログラムと同様の効果がある。

要するに、マインドフルネス(集中や解放、無評価)、

アクセプタンス(徹底受容)である。

片頭痛などの痛みの緩和の薬物療法として、
抗うつ薬が用いられるが、
セロトニン神経が失調することから起きる「痛み」がある。
セロトニン神経は、脊髄後角で、
上行する痛みの神経とシナプス接続して、
痛みを抑制している。

だから、種々の痛みが抗うつ薬で改善することがある。

また、有田秀穂氏(東邦大学教授)の研究でもわかるように、
腹式呼吸法などでもセロトニン神経が活性化する。
したがって、抗うつ薬が効かない
(患者の体質により
薬物が効かない人がいるということは常識であろう。
すべての人にきく万能薬はないであろう。)

患者であっても、
腹式呼吸法などで、「痛み」が改善する人がいる。

この理由から、
マインドフルネス、アクセプタンスの自己洞察法を用いる
「自己洞察瞑想療法」でも、
痛みが軽減されている。

長い間とれなかった、
頭痛、胸痛、胃痛などが消失した例がある。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私達は、

マインドフルネス自己洞察法を用いて、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。

そして、私達の目的は、

緩和ではなく完治になります。

(完治とは薬に頼らずに、再発を繰り返しない事)


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より、心豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/







posted by マイインド at 20:43| Comment(0) | マインドフルネスに付いて | 更新情報をチェックする