2017年12月14日

うつ病や不安症・パニック障害の発症前の自分に戻る、自分らしく生きる為に、


マインドフルメイトの
相談会を開始して8年目に入りました。

その間に、
本当に多くの方々が相談に訪れました。

現在ご相談に応じている、
うつ病・パニック障害・PTSD等は、
非常に多くの方が辛い症状に悩まされている病気です。


pose_unzari_man.png


相談にお見えになる方のお話を伺っていますと、
その内容に共通する事が多い事がわかります。

1、辛い症状を理解していただく事が難しい。
      (ご家族や職場など)
2、お薬がなかなか効果が出ない。
      (長年通っても回復しない。)
3、お薬の副作用が怖い。
      (離脱症状や依存症状が怖い。等)


pose_unzari_woman.png


特に、皆さんが非常にがっかりしている事の中に、

○ 病院の先生があまりお話を聞いてくれない。

            説明をしてくれない。

との事がありました。

〇事務的にお薬を出されるだけ。

〇効果がない事を言うとお薬の量を増やすだけ。

〇又は、
 「今度はこのお薬をだしておきます。」と言って
 別のお薬を出すだけの所が
 多いようにお話になるが多いです。

患者さんの立場に立って見ると、
「この先、私はどうなってしまうのだろうか。」と、
とても不安になるのは当然な事だと思ってしまいます。

しかし、
回復の為に病院に通わなければとお考えのようです。

私達は、
そのようなご相談の中で、
その方の辛い症状に合わせて
ご相談に応じています。

うつ病・パニック障害・
PTSD 等の方々の辛い症状は千差万別になります。


pose_nigawarai_man.png


その苦悩の波に圧倒されて、

頭が動かない、

考えが浮かばない、

起きれない、

動けなくなる、

意欲がわかない。


また、

人と話すのが怖い、

外に出られない、等、

最たるは希死念慮である。


pose_nigawarai_woman.png


その本当の

悩み・苦しみは、

実際に経験をした人でないとわかりません。


私達は、

うつ病・パニック障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


yjimage.jpg


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。


そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

その為のお手伝いを致します。

詳細はこちらをご覧ください。


マインドフルメイトのホームページ

     

http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
      マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::
posted by マイインド at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

マインドフルネスで不安症・パニック障害を治す


うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す!

不安症・パニック障害も、
マインドフルネス心理療法で改善します。

マインドフルメイトでは、
薬物療法だけでは治りにくいので、
マインドフルネス心理療法を受ける事を提案しています。

ただし、
この病気の回復には時間が掛かります。
            (1年~2年位)

不安症・パニック障害になると
長期間(治らないと一生)苦しみますので、
ひどいと、うつ病の併発、自殺もあります。

一生、悩み苦しむ事はとても辛い事です。

•パニック障害
(1)時々パニック発作が起きる=激しい動悸、
過呼吸または息苦しさ、はきけ、
  気が遠くなる感じ、
死ぬのではないかという恐怖感などが押し寄せる。

(2)予期不安(パニック発作を繰り返すと、
あの時の発作がまた起きるのでは
  ないかという不安感が生じる。)
(3)種々の場面を回避
(人ごみ、電車・バス・飛行機、高速道路、
     歯医者、美容院、狭い場所、ひとりでいる)

•社交不安障害(対人恐怖症を含む)
(A)赤面恐怖=(人前で食事できない、
会議などで発言できないなどの症状を伴う人もいる)

(B)表情恐怖=
(表情恐怖、態度恐怖など、面目つぶれの恐怖)

(C)視線恐怖=(他人の視線による被害意識、
自分の視線で他者を傷つけた
  加害意識、罪の意識、自己嫌悪の意識、など)

(D)あがり症=
人前で発言できない、そういう場面役割を回避

•PTSD(心的外傷後ストレス障害)
(1)外傷体験(トラウマ)の想起回避、回避行動
(2)侵入的回想(フラッシュバック)
(3)再三の悪夢

•全般性不安障害
(1)仕事や学業などの
    多数の出来事または活動についての過剰な不安と心配、
(2)落ち着きのない、緊張感、
    集中困難、心が空白となる、 睡眠障害など
(3)仕事、学業、文化的社会的活動に支障

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に
「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、
うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、
        より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す!

:::::::::::::::::::::
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人 
      マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  
     マインドフルネス総合研究所 理事
:::::::::::::::::::::


posted by マイインド at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

うつ病や不安症・パニック不安障害を治す為にマインドフルネスの無料相談会に来られる方に


 私達は現在、
うつ病や不安障害やパニック障害・PTSD等の為に、
本当に悩み、
苦しんでいる方の辛い・辛い悩みに応じています。

river_00009-1.jpg

 長年間苦しんでいる方や、
病院やその他の療法でも解決策が見つからない方、
また、薬物使用に不安をお持ちの方などが、
その対象になっています。

その方々の中には、
「死にたい」との
症状を抱えながらの方も数多くいます。

ですので、ご相談に来られる方々は、
真剣に遠方からでも参加を希望しています。

只、私どもの、
無料相談会の開催にて
対応出来る方(人数)には限度があります。
また、無料相談を開催する為には
会場費や交通費また、
カウンセラーの経費等が掛かります。

そこで、以下の事をお願いしています。
〇 
私たちの活動はボランティアを基本としていますので、
その事をご理解いただきご参加ください。
〇 
うつ病や不安障害やパニック障害・PTSD等の為に、
本当に悩み、苦しんでいる方を対象にしています。
(それ以外の目的の方は対象としていません。)

無料相談会に参加をされる場合は、
相談直前のキャンセルをしないようにお願い致します。
特に、開催日の直前のキャンセルになりますと、
スケジュールがほとんど無駄になってしまいます。
(経費だけが無駄に掛かってしまいます。)
〇 
私どもの本来の活動以外の目的で
         参加をしないでください。
(書籍などのご質問、
  マインドフルネス(SIMT)の情報を得る目的等)
※本当に悩む方の
     道をふさぐ結果にもなりかねません。

「ご自身の病気を治したい」との
意思をお持ちでない方はお断りします。
マインドフルネス心理療法(SIMT)を行う上で、
「ご自身の病気を治したい」との意思は不可欠になります。

sea-ocean_00025-2.jpg
 
参加をされる方のご都合もあると思いますが、

何卒、私どもの諸事情を
お考えいただき無料相談会の参加をお考えください。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも
理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     ↓

http://www.mindfulmate.jp/






posted by マイインド at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

マインドフルネスでうつ病を症状の緩和から完治へ

うつ病になっている方は、
集中力の低下・無気力・イライラ・不安恐怖などの精神症状と、
頭が思い・肩こり・息切れ・かゆみ・しびれや冷えなどの感覚異常などの、
様々な身体症状が表れて来ます。
特に身体症状の表れ方は人それぞれですので、
一概には言えませんが色々な身体症状が起こります。

例えば、ここ最近に若い人に発症のケースが多い、
非定型のうつ病(新型のうつ病)では、
まるで鉛がつまったように体が重く、立つのも苦労するほど、
全身がだるくなります。
体の病気と思いがちですが、
鉛様麻痺は非定型うつ病の重要な身体症状です。

また、非定型のうつ病(新型のうつ病)では、
特に薬物が効きにくい病気だとも言われています。

病院で処方されるお薬である程度改善される方もいらっしゃいますが、
時には、その方の体質などでお薬が合わない方や、
薬物治療の副作用などに不安がある方には心理療法は効果的です。

マインドフルネス心理療法は、
現在、病院で処方されているお薬などを続けながら、
うつ病の改善から完治を目指します。
そして、かなり回復が見られる状態になりますと、
断薬を目指す事も可能ですので、
長期間、抗うつ薬を飲み続けて行く不安からも解消されます。
また、うつ病の再発防止にもとても効果的です。

 私たちは、うつ病や不安障害(パニック障害)・PTSD等の、
辛い症状の緩和や改善が目的ではありません。
 それは、セッションの参加をする事により、
私たちが、お願いをしています呼吸法や洞察法を、
行なう人は、ほとんどの方は、
辛い症状の緩和や改善が始まりますので、
その事が目標ではありません。

 そこで私たちの目的は、「この病気の完治」が目的になります。

私たちの言う完治とは、
①お薬を飲まなくても通常の生活が送れる事。
②この病気の怖いのは再発を繰り返す事です。
 その再発が起こらない自分を作る事です。

その為に、闇雲に減薬には入りません。
減薬に取り組む為にはキチンと計画を立てます。
その上で、減薬に取り組んでいただきます。

また、闇雲に呼吸法等を行いません。
自身の病気の特徴をキチンと理解していただきます。
その上で、ご自身の対処の方法を身に付けていただきます。
(頭で覚えるのではありません。)

ご自身が症状の悪化へのプロセスを理解し、
緩和~改善~回復~完治へに道筋を歩んでいただきます。

その事により、完治を目指して行きます。

ご自身の、辛い症状を治す事をあきらめないでください。

是非、一度ご相談ください。

そして、本来の自分を取り戻しましょう。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、思うように色々な事が出来なくなり、つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人 マインドフルメイト代表理事
http://www.mindfulmate.jp/
特定非営利活動法人  マインドフルネス総合研究所 理事
http://mindfulness.jp/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






posted by マイインド at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

うつ病やパニック障害をひとりで悩まないで、・・・・マインドフルネスがあるので、


うつ病、非定型うつ病・不安症やパニック障害、
またPTSDなどは、
マインドフルネス心理療法で治ることがあります。

tree_woods_00017-1.jpg

長引くと仕事ができない、
思うことができないと苦悩し、
自殺したい、
消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。

マインドフルネス心理療法は、
アメリカでの臨床実験により、
うつ病、非定型うつ病、
不安症やパニック障害、PTSDなど、
摂食障害(拒食・過食)、
依存症、家族の不和などに効果があることが
確認されています。

マインドフルメイトでは、
自己洞察瞑想法
(マインドフルネス心理療法の一つ)を用いて、
精神疾患の治療及び予防を行います。
ストレスを排除するのではなく、
ストレスを受けても自ら克服していく
心のトレーニングを行います。
その事により、
症状が緩和したり完治したりするのです。
また再発防止にもなります。

無料相談会は事前の予約が必要です。

●必ず本人が参加してください。家族も同伴できます。

【参加できる方】
 ・うつ病 ・非定型うつ病・パニック障害 
 ・PTSD・対人恐怖症 ・その他不安障害

【対象外の方】
 ・統合失調症 ・双極性障害(躁うつ病) ・その他

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html
  にて随時受け付けております。

【所要時間】
 ・お一人様約30分(伸びる場合もあります)
    お約束の10分前に来てください。

【その他】
 ・キャンセルについては必ず事前にご連絡ください。
 ・ご家族ご一緒に参加することができます。
 ・個人情報は外部にお話しすることはいたしません。

【開催場所】
〇東京駅八重洲口 ・ 東京日比谷 
〇東京都八王子市(2ヶ所) 
〇愛知県名古屋市  
〇山梨県甲府市  合計6ヶ所で行っております。
※詳細はこちらをご覧ください。
      ↓
 http://www.mindfulmate.jp/

※ 東京駅八重洲通りや日比谷公園内での開催や、
  愛知県名古屋市については、
  新たに参加される方の利便性を考え、
  交通や利便性の高い会場を選定して、
  無料相談及びセッションを開始いたしました。
(遠方の方は新幹線などを使われると
         日帰りでの参加が出来ます。)

sea-ocean_00025-2.jpg

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く、
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/








posted by マイインド at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

マインドフルネスでは治したいとの意思が不可欠です、うつ病や不安症・パニック障害・PTSD等


私達の始めた「自殺防止・うつ病対策の無料の相談会」も、

まもなく8年目に入り、

約420名を超える方のご相談をお受けしてきました。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

その具体的な事はお話する事は出来ませんが、

現在社会の縮図を見ているかのように感じています。

複雑化して行く社会、

そしてストレス化している社会構造。

現代社会がまさに病んでいるかの如く思っています。


そのような中ですが、

私達は引き受け出来ない病状の方を

ハッキリ申し上げています。

1、統合失調症

2、躁うつ病(双極性障害)


これらの病状の方に付きましては、

私達が行っているマインドフルネス心理療法では、

回復効果が確認出来ない為に、

私達はお引き受けをご辞退させていただいています。


面談当初に

その事が不明なケースもあるとは思いますが、

その事が、

判明した時点でキチンとお話をさせていただいています。


また、その事以外にも以下の事に該当する場合は、

私達は引き受け出来ない事をハッキリ申し上げています。

1、本人に、うつ病を治そうとする意思がない場合。

2、私達がお願いしている呼吸方が出来ない場合。

3、セッション(回復プログラム)の参加出来ない場合。


私達は、うつ病の方をお引き受けする以上、

改善から回復、

そして完治を目指して

取り組みをさせていただいています。

私達の行うセッション(回復プログラム)は、

薬物を使用したり器具や道具等を一切使用致しません。



人間自信が本来持っている

呼吸や自己洞察を高めて回復に至りますので、

回復にどうして時間が掛かります。


その期間は

少なくても1年から2年間は必要となりますので、

私達の受け入れ人数にもおのずと制限があります。

真剣に「うつ病を治したい。」と考えている人だけを、

お受けするスタイルをとらせていただいています。


また、再発の多いと言われているうつ病ですが

私達の行っている

マインドフルネス心理療法を長い時間を掛けて、

ご自身で身に付けてしまうと

再発がしにくいのが利点です。


その効果が疑問視されている、

また副作用が心配な薬物療法などの、

方法で長い期間辛い症状に悩まされ、

再発の不安を抱えて

一生涯生活をして行く選択肢を選ぶのか、

多少の時間は掛かっても、

キチンと回復する手法を選択するのかが、

大きな分かれ道だと、私は考えています。


tree_woods_00133.jpg-1.jpg


:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

    ↓

http://www.mindfulmate.jp/


posted by マイインド at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

マインドフルネスで自分に自信を持って欲しい-うつ病や不安障害やパニック障害・PTSD


今、あなたがどんなに苦しい状況にあっても、

「諦めないで欲しいい」

今、出口が見えない状況であっても、

「諦めないで欲しいい」

将来に見えない。この先がとても不安であっても、

「諦めないで欲しいい」


pose_unzari_man.png


止め処なく湧き上がる不安。

どうにも動かない思考。

突然に襲ってくる不安・パニック。

朝、起きれない。

身体が思うように動かない。

めまぐるしく襲って来る思考の嵐。

本当の自分は何処に行ったの?

どうすればいいの?

私はどうなってしまうの?


pose_unzari_woman.png



あなたの病気が、

もし、うつ病や不安障害やパニック障害また、

強迫障害やPTSDあれば

マインドフルネス心理療法で、

あなたの辛い症状を

緩和から回復に向けて行く事が可能です。


この病気を発症する前の(本来の)

自分に戻る事が可能になります。


マインドフルネス心理療法は、

現在、病院で処方されているお薬などを続けながら、

うつ病の改善から完治を目指します。

そして、かなり回復が見られる状態になりますと、

断薬を目指す事も可能ですので、

長期間、

抗うつ薬を飲み続けて行く不安からも解消されます。

また、うつ病の再発防止にもとても効果的です。


:::::::::::::::::::::

うつ病や不安障害やパニック障害また、

強迫障害やPTSDになると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


yjimage.jpg


お問合わせはこちらから

    ↓

http://www.mindfulmate.jp/mobile/

:::::::::::::::::::::


マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
     マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 12:37| Comment(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

うつ病や不安症(不安症害)、パニック障害・PTSDを治す方法 - マインドフルネス


先日の日比谷会場での、

相談会には

5名の方がご相談にお見えになりました。

小雨が降る、肌寒い中での、

参加ではなかったのかと思っています。


IMG_20170502_114302-1.jpg



発症からの経緯が長い方や、

病院に通い続けても

辛い症状が緩和されないとのご相談。

長い間、辛い症状が続きますと、

その人の人生設計に

も大きく影響を与えて行きますので、

特に若い方の場合は

早めの対応や対策が必要だと、

あらためて考えさせられた一日でした。


うつ病や社会不安障害や

パニック障害・PTS等になっている方は、

集中力の低下

無気力

イライラ

不安恐怖などの精神症状と、

頭が思い

肩こり

息切れ

かゆみ

しびれや

冷えなどの感覚異常などの、

様々な身体症状が表れて来ます。

特に身体症状の表れ方は

人それぞれですので、

一概には言えませんが

色々な身体症状が起こります。


例えば、

ここ最近に若い人に発症のケースが多い、

非定型のうつ病(新型のうつ病)では、

まるで鉛がつまったように体が重く、

立つのも苦労するほど、

全身がだるくなります。

体の病気と思いがちですが、

鉛様麻痺は非定型うつ病の重要な身体症状です。


また、非定型のうつ病(新型のうつ病)では、

特に薬物が効きにくい病気だとも言われています。


病院で処方されるお薬で

ある程度改善される方もいらっしゃいますが、

時には、

その方の体質などでお薬が合わない方や、

薬物治療の副作用などに

不安がある方には心理療法は効果的です。


マインドフルネス心理療法は、

現在、病院で処方されているお薬などを続けながら、

うつ病の改善から完治を目指します。

ですので、

辛い症状が回復期から安定期に入ります、

減薬から断薬を目指す方がとても多い状況です。

その事により長期間、

抗うつ薬を

飲み続けて行く不安からも解消されます。

また、

うつ病の再発防止にもとても効果的です。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


お問合わせはこちらから

    

http://www.mindfulmate.jp/mobile/

::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
      マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
      マインドフルネス総合研究所 理事

:::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 17:00| Comment(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

うつ病が治らないと、一人で悩まないで! マインドフルネスがある。


うつ病になっている方は、

集中力の低下

無気力

イライラ

不安恐怖などの

精神症状と、

頭が思い

肩こり

息切れ

かゆみ

しびれや冷えなどの

感覚異常などの、

様々な身体症状が表れて来ます。


river_00011.jpg-1.jpg


特に身体症状の表れ方は

人それぞれですので、

一概には言えませんが

色々な身体症状が起こります。

(頭が痛い・お腹が痛い・疲れやすい・等)


例えば、

ここ最近に若い人に発症のケースが多い、

非定型のうつ病

(メランコリー型のうつ病ではない)では、

まるで鉛がつまったように体が重く、

立ち上がるのも

苦労するほど全身がだるくなります。

この症状は、

体の病気と思いがちですが、

鉛様麻痺は

非定型うつ病の重要な身体症状です。


また、

非定型のうつ病では、

特に薬物が効きにくい病気だとも言われています。


このように身体症状もとても辛い症状ですが、

特にやっかいで辛い症状は精神症状です。

1、頭が動かない(思考が回らない)

2、根拠のない不安がわき上がって来る。

3、人の会うのが怖い。

4、乗り物に乗るのが怖い。

5、突然、死にたくなる。etc

このような症状が強く表れるようになって来ますと、

仕事や勉強にも支障をきたして来ますので、

休職や退職などを、

選択せざるを得なくなって来ます。


病院で処方されるお薬で、

ある程度改善される方もいらっしゃいますが、

時には、

その方の体質などでお薬が合わない方や、

薬物治療の副作用などに

不安がある方には心理療法は効果的です。


river_00039.jpg-1.jpg


マインドフルネス心理療法は、

現在、病院で処方されているお薬などを続けながら、

うつ病の改善から完治を目指します。

そして、

かなり回復が見られる状態になりますと、

断薬を目指す事も可能ですので、

長期間、抗うつ薬を飲み続けて行く不安からも

解消されます。

また、うつ病の再発防止にもとても効果的です。


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


お問合わせはこちらから → http://www.mindfulmate.jp/mobile/





posted by マイインド at 16:13| Comment(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

自分自身を諦めない!。マインドフルネスでうつ病や不安症(不安障害)・パニック障害・PTSD等を治せます。



無料相談会を開始して7年の歳月が経ちます。

その間に、

本当に多くの方々が相談に訪れました。


IMG_20170502_133753-1.jpg


現在ご相談に応じている、

うつ病・不安症(不安症害)・

パニック障害・PTSD 等は、

非常に多くの方が辛い症状に悩まされている病気です。


相談にお見えになる方のお話を伺っていますと、

その内容に共通する事が多い事がわかります。


1、辛い症状を理解していただく事が難しい。
        (ご家族や職場など)

2、お薬がなかなか効果が出ない。
        (永年通っても回復しない。)

3、お薬の副作用が怖い。
        (離脱症状や依存症状が怖い。等)


特に、皆さんが非常にがっかりしている事の中に、

○ 病院の先生があまりお話を聞いてくれない。
            説明をしてくれない。

○ 病院の先生がハッキリと病名を言ってくれない。

との事がありました。


事務的にお薬を出されるだけ。

効果がない事を言うとお薬の量を増やすだけ。

又は、

「今度はこのお薬をだしておきます。」と言って

別のお薬を出すだけの所が多いように

おしゃるかたが多いようです。


患者さんの立場に立って見ると、

「この先、私はどうなってしまうのだろうか。」と、

とても不安になるのは

当然な事だと思ってしまいます。


しかし、

回復の為に病院に通わなければとの、

お考えのようです。


私達は、

そのようなご相談の中で、

その方の辛い症状に合わせて

ご相談に応じています。


うつ病・パニック障害・PTSD等の

方々の辛い症状は千差万別になります。


その苦悩の波に圧倒されて、

頭が動かない、

考えが浮かばない、

起きれない、

動けなくなる、

意欲がわかない。


また、

人と話すのが怖い、

外に出られない、等、


最たるは希死念慮である。


その悩み・苦しみは、

実際に体験をした人でないとわかりません。


私達は、

うつ病・パニック障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、


私達は喜んでご相談に応じます。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


その為のお手伝いを致します。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      

http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
       マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
       マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::





posted by マイインド at 08:52| Comment(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする