2019年03月03日

自分自身を諦めない!。マインドフルネスでうつ病や不安症(不安障害)・パニック障害・PTSD等を治せます。



マインドフルネスの無料相談会の活動を開始して

9年の歳月が経ちました。

その間に、

本当に多くの方々が相談に訪れました。


IMG_20170502_133753-1.jpg


現在ご相談に応じている、

うつ病・不安症(不安症害)・

パニック障害・PTSD 等は、

非常に多くの方が辛い症状に悩まされている病気です。


相談にお見えになる方のお話を伺っていますと、

その内容に共通する事が多い事がわかります。


1、辛い症状を理解していただく事が難しい。
        (ご家族や職場など)

2、お薬がなかなか効果が出ない。
        (永年通っても回復しない。)

3、お薬の副作用が怖い。
        (離脱症状や依存症状が怖い。等)


特に、皆さんが非常にがっかりしている事の中に、

○ 病院の先生があまりお話を聞いてくれない。
            説明をしてくれない。

○ 病院の先生がハッキリと病名を言ってくれない。


との事がありました。


事務的にお薬を出されるだけ。

効果がない事を言うとお薬の量を増やすだけ。

又は、

「今度はこのお薬をだしておきます。」と言って

別のお薬を出すだけの所が多いように

おしゃるかたが多いようです。


患者さんの立場に立って見ると、

「この先、私はどうなってしまうのだろうか。」と、

とても不安になるのは

当然な事だと思ってしまいます。


しかし、

回復の為に病院に通わなければとの、

お考えのようです。


私達は、

そのようなご相談の中で、

その方の辛い症状に合わせて

ご相談に応じています。


うつ病・パニック障害・PTSD等の

方々の辛い症状は千差万別になります。


その苦悩の波に圧倒されて、

頭が動かない、

考えが浮かばない、

起きれない、

動けなくなる、

意欲がわかない。


また、

人と話すのが怖い、

外に出られない、等、


最たるは希死念慮である。


その悩み・苦しみは、

実際に体験をした人でないとわかりません。


私達は、

うつ病・パニック障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、


私達は喜んでご相談に応じます。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。









その為のお手伝いを致します。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      

http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
       マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
       マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::





posted by マイインド at 20:26| Comment(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

うつ病が治らないと、一人で悩まないで! マインドフルネスがある。


うつ病になっている方は、

集中力の低下

無気力

イライラ

不安恐怖などの

精神症状と、

頭が思い

肩こり

息切れ

かゆみ

しびれや冷えなどの

感覚異常などの、

様々な身体症状が表れて来ます。


river_00011.jpg-1.jpg


特に身体症状の表れ方は

人それぞれですので、

一概には言えませんが

色々な身体症状が起こります。

(頭が痛い・お腹が痛い・疲れやすい・等)


例えば、

ここ最近に若い人に発症のケースが多い、

非定型のうつ病

(メランコリー型のうつ病ではない)では、

まるで鉛がつまったように体が重く、

立ち上がるのも

苦労するほど全身がだるくなります。

この症状は、

体の病気と思いがちですが、

鉛様麻痺は

非定型うつ病の重要な身体症状です。


また、

非定型のうつ病では、

特に薬物が効きにくい病気だとも言われています。


このように身体症状もとても辛い症状ですが、

特にやっかいで辛い症状は精神症状です。

1、頭が動かない(思考が回らない)

2、根拠のない不安がわき上がって来る。

3、人の会うのが怖い。

4、乗り物に乗るのが怖い。

5、突然、死にたくなる。etc

このような症状が強く表れるようになって来ますと、

仕事や勉強にも支障をきたして来ますので、

休職や退職などを、

選択せざるを得なくなって来ます。


病院で処方されるお薬で、

ある程度改善される方もいらっしゃいますが、

時には、

その方の体質などでお薬が合わない方や、

薬物治療の副作用などに

不安がある方には心理療法は効果的です。


river_00039.jpg-1.jpg


マインドフルネス心理療法は、

現在、病院で処方されているお薬などを続けながら、

うつ病の改善から完治を目指します。

そして、

かなり回復が見られる状態になりますと、

断薬を目指す事も可能ですので、

長期間、抗うつ薬を飲み続けて行く不安からも

解消されます。

また、うつ病の再発防止にもとても効果的です。


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


お問合わせはこちらから → http://www.mindfulmate.jp/mobile/





posted by マイインド at 22:00| Comment(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

マインドフルネスのセッションに訪れる方とは、



毎月、月初めと月末は個人セッションと、
グループセッションが続きます。

そんな時は、
私自身もマインドフルネス心理法(SIMT)を
活用しながら、
こころとからだを整えて、
各セッションの準備やまとめを進め、
セッションにの臨みます。

私にとって、
セッションの開催は、
それなりに負担が掛かりますので、
私自身の体調が、
セッションの内容に影響をしますので、
マインドフルネス心理療法(SIMT)の
活用は私にとっても不可欠になります。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

さて、
マインドフルメイトに訪れる方は、
うつ病や不安症(不安障害・パニック障害)など症状が、
比較的軽度の方が
お見えになる事はほとんどありません。

それは、発症された方が、
ご自身の近くの病院などや、
その他の心理療法等で、
その症状が落ちつく方は
それ以上を望みませんので、
マインドフルメイトに訪れる事はありません。

では、どんな方が、

マインドフルメイトに訪れるかと言いますと、

以下の方になります。

〇医師の処方(投薬・心理療法・電気治療)等を、
 受けてもなかなか改善が見られない方
 (その為にお仕事・学業・家事育児等が出来ない方)

〇医師の処方する
(投薬・心理療法・電気治療)等の副作用が不安な方

〇これから出産を考えている方
 新生児に与える副作用の不安や心配をお持ちの方

それは、

⚪色々な病院にいっても良くならない方、

⚪色々な療法を行っても良くならない方、

⚪長年にわたり悩み苦しんでいる方、なります。

そこで、
私達は、その方々の心情を丁寧に伺い、
その方々の視線に合わせて、
私達はマインドフルネス心理療法(SIMT)を、
お伝えしています。

ですので、
私達は、難しいお話しや、
複雑な事は一切お願いをする事はありません。

そして、

まず、

出来る事からスタートをします。

それは、

ごく単純な事を、

くり返します。

くり返します。

くり返します。



sea-ocean_00013-1.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」

この気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

 自身がもっているパーソナリティを活かし、

 より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。





マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg





posted by マイインド at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

東京都日比谷でマインドフルネスの無料相談会を開催!


マインドフルメイトでは、
マインドフルネス心理療法を用いて、
自殺防止、うつ病対策の無料相談会を
東京の日比谷公園内の
会場をお借りして開催しています。



IMG_20150718_125417-1.jpg



日比谷公園は都会のオアシスとして
国内最初の洋風公園です。
明治36年6月10日に仮開園をむかえ、
当時珍しかったスズカケノキや
関西以西でよく見られたアベマキなどの
樹木が植えられました。
また、意外と知られていない
鳥の楽園としても大変貴重な存在です。
ここ数年前からカワセミが見られるようになり、
他にもコゲラ、センダイムシクイなど、
自然豊かな場所でしか見られないと
思われていた鳥も見かけることがあります。
それは都市の環境が少しずつ改善されたことと
日比谷公園が水辺や雑木林、草地など、
鳥が生活環境を選びやすいことに由来しています。

そのような自然環境の豊かな場所で
自殺防止、うつ病対策の無料相談会を行っています。


IMG_20150718_125634-1.jpg


◎日比谷会場

〇開催日時:2019年3月5日(火)
           4月9日(火)
           5月7日(火)
〇相談時間:13:00より
〇相談会場:東京都千代田区日比谷公園1−4
     日比谷図書文化館4階 セミナー室
     http://hibiyal.jp/hibiya/access.html 


IMG_20170502_133753-1.jpg


【アクセス】
 ・東京メトロ丸の内線
   日比谷線『霞が関駅』 B2出口より徒歩3分
 ・東京メトロ千代田線
    『霞が関駅』 C4出口より徒歩3分
 ・都営地下鉄線 
    三田線『内幸町駅』 A7出口より徒歩3分
 ・JR新橋駅日比谷口より   徒歩10分

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html 

※ 無料相談会は事前の予約が必要です。

●必ず本人が参加してください。
           家族も同伴できます。

【参加できる方】
 ・ うつ病 ・ 非定型うつ病 ・
   不安障害 ・ パニック障害)・ PTSD 等

【対象外の方】
 ・統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・その他
  ※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム
          にて随時受け付けております。

【所要時間】
 ・お一人様約30分(伸びる場合もあります) 
      お約束の10分前に来てください。

【その他】
・キャンセルについては必ず事前にご連絡ください。
・ご家族ご一緒に参加することができます。
・個人情報は外部にお話しすることはいたしません。

【ご注意】
※ 躁鬱や統合失調症は対象外となります。
※ 施設利用料として¥1000が掛かります。
※ 回復には本人が治したいとの意思が必要です。



river_00039.jpg-1.jpg



〇ひとりで悩まないで相談しましょう。
特に、うつ病、非定型うつ病・不安症(不安障害)・
   パニック障害、PTSDなどは、
心理療法で治ることがあります。

長引くと仕事ができない、
思うことができないと苦悩したり、
悪化すると自殺したい、
消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。

マインドフルネス心理療法は、
アメリカでの臨床実験により、
うつ病、非定型うつ病、
不安症、パニック障害、PTSD、
摂食障害(拒食・過食)、依存症、
家族の不和などに
効果があることが確認されています。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


マインドフルメイト-1.png


::::::::::::::::::

マインドフルメイトでは、
マインドフルネス心理療法
自己洞察瞑想法(SIMT)の一つを用いて、
精神疾患の治療及び予防を行います。

 ストレスを排除するのではなく、
ストレスを受けても
自ら克服していく心のトレーニングを行います。
その事により、
症状が緩和したり完治したりするのです。

また再発防止にもなります。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


そして、
自分自身を諦めないでください。

私たちの目標は完治です。
私たちの言う完治とは、
〇お薬を飲まないで通常の生活を送る。
〇再発をしない自分になる。      です。

自分自身を諦めないでください。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

 http://www.mindfulmate.jp/conference.html




マインドフルネスでうつ病を治して行こう


マインドフルメイト-001.jpg












posted by マイインド at 20:21| Comment(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

死にたい、との気持ちが起きますが、マインドフルネスがありますのであきらめないでください。


無料相談会を開始して9年の歳月が経ちました。

その間に、本当に多くの方々が相談に訪れました。


現在ご相談に応じている、

うつ病・パニック障害・PTSD等は、

非常に多くの方が

辛い症状に悩まされている病気です。


tree_woods_00020.jpg-1.jpg


相談にお見えになる方のお話を伺っていますと、

その内容に共通する事が多い事がわかります。


1、辛い症状を理解していただく事が難しい。
       (ご家族や職場など)

2、お薬がなかなか効果が出ない。
       (長年通っても回復しない。)

3、お薬の副作用が怖い。
       (離脱症状や依存症状が怖い。等)


特に、皆さんが非常にがっかりしている事の中に、

○ 病院の先生があまりお話を聞いてくれない。
             説明をしてくれない。

○ 病院の先生がハッキリと病名を言ってくれない。

との事がありました。


事務的にお薬を出されるだけ。

効果がない事を言うとお薬の量を増やすだけ。

又は、

「今度はこのお薬をだしておきます。」と言って

別のお薬を出すだけの所が

多いようにおしゃるかたが多いようです。


患者さんの立場に立って見ると、

「この先、私はどうなってしまうのだろうか。」と、

とても不安になるのは

当然な事だと思ってしまいます。


しかし、

回復の為に病院に通わなければとの、

お考えのようです。


私達は、そのようなご相談の中で、

その方の辛い症状に合わせてご相談に応じています。


うつ病・パニック障害・PTSD等の方々の

辛い症状は千差万別になります。


その苦悩の波に圧倒されて、

頭が動かない・考えが浮かばない、

起きれない、動けなくなる、意欲がわかない。


また、人と話すのが怖い、外に出られない、等、

最たるは死にたい(希死念慮)です。


その悩み・苦しみは、

実際に体験をした人でないとわかりません。


tree_woods_00008.jpg-1.jpg


私達は、

うつ病・パニック障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

その為のお手伝いを致します。


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点が

ございましたらお問い合わせください。






マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。

006-1.jpg



posted by マイインド at 17:56| Comment(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

うつ病やパニック障害をひとりで悩まないで、・・・・マインドフルネスがあるので、


うつ病、非定型うつ病・不安症やパニック障害、
またPTSDなどは、
マインドフルネス心理療法で治ることがあります。

tree_woods_00017-1.jpg

長引くと仕事ができない、
思うことができないと苦悩し、
自殺したい、
消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。

マインドフルネス心理療法は、
アメリカでの臨床実験により、
うつ病、非定型うつ病、
不安症やパニック障害、PTSDなど、
摂食障害(拒食・過食)、
依存症、家族の不和などに効果があることが
確認されています。

マインドフルメイトでは、
自己洞察瞑想法
(マインドフルネス心理療法の一つ)を用いて、
精神疾患の治療及び予防を行います。
ストレスを排除するのではなく、
ストレスを受けても自ら克服していく
心のトレーニングを行います。
その事により、
症状が緩和したり完治したりするのです。
また再発防止にもなります。

無料相談会は事前の予約が必要です。

●必ず本人が参加してください。家族も同伴できます。

【参加できる方】
 ・うつ病 ・非定型うつ病・パニック障害 
 ・PTSD・対人恐怖症 ・その他不安障害

【対象外の方】
 ・統合失調症 ・双極性障害(躁うつ病) ・その他

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html
  にて随時受け付けております。

【所要時間】
 ・お一人様約30分(伸びる場合もあります)
    お約束の10分前に来てください。

【その他】
 ・キャンセルについては必ず事前にご連絡ください。
 ・ご家族ご一緒に参加することができます。
 ・個人情報は外部にお話しすることはいたしません。

【開催場所】
〇東京駅八重洲口 ・ 東京日比谷 
〇東京都八王子市(2ヶ所) 
〇愛知県名古屋市  
〇山梨県甲府市  合計6ヶ所で行っております。
※詳細はこちらをご覧ください。
      ↓
 http://www.mindfulmate.jp/

※ 東京駅八重洲通りや日比谷公園内での開催や、
  愛知県名古屋市については、
  新たに参加される方の利便性を考え、
  交通や利便性の高い会場を選定して、
  無料相談及びセッションを開始いたしました。
(遠方の方は新幹線などを使われると
         日帰りでの参加が出来ます。)

sea-ocean_00025-2.jpg

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く、
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/








posted by マイインド at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

マインドフルネスでうつ症状の緩和 ~ 完治へ



現在ご相談に応じている、

うつ病・パニック障害・PTSD等は、

非常に多くの方が

辛い症状に悩まされている病気です。


相談にお見えになる方のお話を伺っていますと、

その内容に共通する事が多い事がわかります。


1、辛い症状を理解していただく事が難しい。
(ご家族や職場など)

2、お薬がなかなか効果が出ない。
(永年通っても回復しない。)

3、お薬の副作用が怖い。
(離脱症状や依存症状が怖い。等)



特に、皆さんが非常にがっかりしている事の中に、

○ 病院の先生があまりお話を聞いてくれない。

○ 説明をしてくれない。

との事がありました。


事務的にお薬を出されるだけ。

効果がない事を言うとお薬の量を増やすだけ。

又は、

「今度はこのお薬をだしておきます。」と言って

別のお薬を出すだけの所が

多いようにおしゃるかたが多いようです。


患者さんの立場に立って見ると、

「この先、

   私はどうなってしまうのだろうか。」と、

とても不安になるのは

当然な事だと思ってしまいます。


しかし、

回復の為には、

病院に通わなければとお考えのようです。


私達は、そのようなご相談の中で、

その方の辛い症状に

合わせてご相談に応じています。


うつ病・パニック障害・PTSD等の方々の

辛い症状は千差万別になります。


その苦悩の波に圧倒されて、

頭が動かない・考えが浮かばない、

起きれない、動けなくなる、意欲がわかない。

また、

人と話すのが怖い、外に出られない、等、

最たるは希死念慮である。


その苦しみは、

実際に体験をした人でないとわかりません。


私達は、

うつ病・パニック障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生を

キャンパスに大きく描きましょう。


その為のお手伝いを致します。



:::::::::::::::::::::



  うつ病になると、

  思うように色々な事が出来なくなり、

  つらい日々が続きます。

  また、なかなか周囲の方にも

  理解されにくい病気ですので、

  一日でも早く改善の方向に向かう事が

  必要だと考えていますので、

  ご不明な点がございましたら

  お問い合わせください。


  お問合わせはこちらから

  → http://www.mindfulmate.jp/



posted by マイインド at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

なぜ、うつ病や不安症害、パニック障害、PTSDになってしまうのか



うつ病や

不安症害、パニック障害、PTSDになると、

仕事ができなくなるとか、

人との会話をできなくなるとか、

死にたくなるなどの症状が起きて来ます。

また、色々な身体症状も表れて来ます。


でもなぜ、このような症状が起こるのでしょうか。


tree_woods_00009.jpg-1.jpg


【うつ病や不安症害、
       パニック障害、PTSDが起きる仕組み】

ストレスを受ける出来事(有意識・無意識)が起こり

その対処がうまくできないとか、

見通しが立たない、耐えられない等と思うと、

つらい考え(自動思考)を繰り返すことが多くなります。


そして、

その解決策が見えずにいると、

不快な状況が持続してしまいます。


このような考えや感情は、

特に悪いわけではなくて

正当なことが多いのですが、

短時間で起こり、

回数が多くなければ、

うつ病にはなりません。


このような考えを起こすと、

(1)交換神経が興奮する。

(2)副腎皮質からストレスホルモンが分泌されます。

交感神経の興奮やストレスホルモン

(コルチゾール、グルココルチコイド)が分泌されると、

身体の反応(胸がくるしく感じたり、

心臓がドキドキしたり、

呼吸が荒くなったり)が

あったり、気分が悪くなったりします。

それを感じて、つらい考えを繰り返すことがあります。


ストレスのある出来事(解決策なしノ見通し立たず)
  ↓
 思考
  ↓
感情の興奮
  ↓
交感神経/ストレスホルモン
  ↓
身体反応や気分悪化
  ↓
これをいやがる
  ↓
またつらい考えが繰り返される

感情が起きたり、

交感神経が興奮したり、

ストレスホルモンが分泌されても、

考えることをやめたり、

具体的な解決策がみつかると、

この循環が止まります。


しかし、解決策がないままに

不満、嫌悪などの思考を繰り返えすと、

うつ病や

不安症害、パニック障害、PTSDに

なるリスクが高まります。


★(1)自律神経の持続的興奮
    ↓
    自律神経失調→身体症状(内臓等に症状)

★(2)ストレスホルモン
    ↓
    前頭前野や大脳辺縁系などが傷つく
    ↓
    精神症状(うつ症状・不安やパニック症状など)

不安症(パニック障害、対人恐怖、不安障害等)の場合は、

急に起きる不安、恐怖の感情や身体反応

(心臓のドキドキ、胸の痛み、息苦しさなど)、

発作(パニック発作)を嫌って、

行動が制限(回避、逃避)されるようになってしまいます。


river_00039.jpg-1.jpg

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。


また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。



お問合わせはこちらから

    

http://www.mindfulmate.jp/mobile/



posted by マイインド at 18:40| Comment(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

山梨県でマインドフルネスの自殺防止・うつ病対策の無料相談会を開催!



マインドフルメイトでは、

マインドフルネス心理療法 

    自己洞察瞑想法(SIMT)の

自殺防止・


うつ病対策の無料相談会を開催しています。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html 


〇うつ病は理解され難い病気です

うつ病の難しさは、

何と言っても患者の心の中で起こる症状のため、

周囲も本人もなかなか気付きにくい点です。

患者がうつ病で苦しんでいても、

内科的な検査ではなかなか異常が

認められないため「気のせい」

「気の持ちよう」と言って

片付けられてしまう傾向があります。

また、苦しんでいても、

本人は家族や職場など周りの人に

心配をかけまいとして、

症状を口にせず隠し続けるケースもあります。


その結果、

適切な対応をせずに放置する事により、

「死にたい」との

気持ちが起きて来る事があります。

また、医師の処方する薬が効きにくい方や、

薬の副作用に

悩まされる方が多い現実があります。

一人で悩まずに、相談して下さい。


◎山梨会場

〇開催日時:2019年1月 6日(日)
           2月 3日(日)
           3月 3日(日)
           4月 7日(日)
           5月 5日(日)

〇相談時間:13:00より

〇相談会場:山梨県甲府市朝気1-2-2
      ぴゅあ総合
https://www.pref.yamanashi.jp/challenge/centerinfob.php


IMG_20170506_130238-1.jpg


アクセス:中央線 甲府駅から自動車10分
     身延線 金手駅から徒歩10分


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。
  http://www.mindfulmate.jp/conference.html 

※ 無料相談会は事前の予約が必要です。


●必ず本人が参加してください。
      家族も同伴できます。

【参加できる方】
・ うつ病 ・ 非定型うつ病 ・
  不安障害 ・ パニック障害)・ PTSD等

【対象外の方】
・統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・その他
 ※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

【要予約】
 ・個人面談です。事前の予約申し込みが必要です。
  お申込みはお申込みフォーム
          にて随時受け付けております。
【所要時間】
・お一人様約30分(伸びる場合もあります) 
     お約束の10分前に来てください。

【その他】
・キャンセルについては必ず事前にご連絡ください。
・ご家族ご一緒に参加することができます。
・個人情報は外部にお話しすることはいたしません。

【ご注意】
※ 躁鬱や統合失調症は対象外となります。
※ 施設利用料として¥1000が掛かります。
※ 回復には本人が治したいとの意思が必要です。



〇うつ病からの自殺者の増加は社会問題に

現代社会はストレス社会とも言われています。

そのような社会的な背景もあり、

わが国では自殺によって命を落とす方が

3万人前後いる報告がされ、

その約半数の方が

自殺直前の段階でうつ状態にあるといわれており、

うつ病は深刻な社会問題となっています。



〇ひとりで悩まないで相談しましょう。


特に、

うつ病、非定型うつ病・不安症(不安障害)・

パニック障害、PTSDなどは、

心理療法で治ることがあります。


長引くと仕事ができない、

思うことができないと苦悩したり、

悪化すると自殺したい、

消えたいなどの気持ちが出てくる人がいます。


マインドフルネス心理療法は、

アメリカでの臨床実験により、

うつ病、非定型うつ病、

不安症、パニック障害、PTSD、

摂食障害(拒食・過食)、依存症、

家族の不和などに

効果があることが確認されています。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

  http://www.mindfulmate.jp/conference.html







::::::::::::::::::


マインドフルメイトでは、

マインドフルネス心理療法

自己洞察瞑想法(SIMT)の一つを用いて、

精神疾患の治療及び予防を行います。


ストレスを排除するのではなく、

ストレスを受けても

自ら克服していく心のトレーニングを行います。

その事により、

症状が緩和したり完治したりするのです。


また再発防止にもなります。

※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

  http://www.mindfulmate.jp/conference.html


そして、

自分自身を諦めないでください。

私たちの目標は完治です。

私たちの言う完治とは、

〇お薬を飲まないで通常の生活を送る。

〇再発をしない自分になる。      です。


自分自身を諦めないでください。


※ 詳細は、ホームページをご覧ください。

 http://www.mindfulmate.jp/conference.html




マインドフルネスでうつ病を治して行こう


マインドフルメイト-001.jpg



posted by マイインド at 17:31| Comment(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

うつ病や不安障害の方へ ― あきらめないでくださいマインドフルネスがあります。


私達が現在行っています、
うつ病や不安症(不安障害)・
パニック障害・PTSD等の相談会は、
スタートから九年目に入りました。

tree_woods_00009.jpg-1.jpg

スタートした当初は、
本当に様々な方がご相談に訪れていました。

しかし、次第に回数を重ねるに従い、
マインドフルネス心理療法で回復が見込める方に
焦点が絞らるようになり、
現在に至っています。

そのような中で、
ご相談にお見えになる方のご相談を伺っていますと、
うつ病や不安障害やパニック障害 等になってから、
長年にわたって悩まされいる方が多い事実がわかります。

また、
病院で処方されているお薬が、
その方の体質などにより、
あまり効果がない事実も浮き彫りになって来ます。

特に、副作用が怖いとのお話も、
具体的に聞かせていただく事がありますので、
ご相談を伺う事により、
うつ病や社会不安障害やパニック障害 等の、
実態を新ためて再認識させていただきます。

私達は、
心理療法ですので、
薬物や器具などを使用する事は一切ありません。

呼吸法を中心に、
日々の生活の中での洞察を加えて行く事により、
改善から回復・完治をはかりますので、
あまり大きな負担はありません。

また、
お薬を飲まれている方でも
飲み続けていても大丈夫です。


tree_woods_00008.jpg-1.jpg


その方自身の中に
潜在する治癒力を活用する事により、
ご自身の
「うつ病を治したい。」
「不安障害やパニック障害を乗り越えたい」
「普通の生活を送れるようになりたい。」との
意思をとても大事にして、
うつ病からの改善から
回復・完治を目指して行きます。


うつ病を治すのは、私達ではありません。


私達は、
うつ病の患者さんの
回復の為のお手伝いをするのです。


「つらいうつ病を治したい」
「不安障害やパニック障害を乗り越えたい」
「みんなと同じように普通に生活を送りたい」

そのように考えた時、
相談会にお問い合わせ下さい。


きっと、あなたの力になれると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

 自身がもっているパーソナリティを活かし、

 より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg







posted by マイインド at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | マインドフルネスの無料相談会 | 更新情報をチェックする