2017年12月15日

マインドフルネスの効果の検証について-マインづフルメイトのエビデンス



【マインドフルメイトの歩み エビデンス】

evidence.jpg

2010年に山梨でスタートした
マインドフルメイトの3年半の記録です。

今までセッションに参加された方の
病状が治っていく経過を
エビデンスとしてまとめました。

数値化した回復の記録と、
セッションを卒業された方々から寄せられた
体験談を掲載しています。
(このHPに載せている体験談以外もあります。)

特徴-
①私たちが行っているセッションに
 参加をされた方の事実をそのまま掲載しています。
②発症から緩和、
 さらに回復に至る経緯がわかりやすく理解できます。
③マインドフルネス心理療法に取り組む事により、
 自分がどのようになって行けるのかがわかります。

これから、
私たちの行なっているマインドフルネスを考える方や、
マインドフルネスの
回復過程や回復状況を知りたい方には最適です。

※現在、マインドフルメイトのセッション参加中のは、
   会場での購入ができます。

※今回の発行部数に、
   限りがありますのでお早めにお申込み下さい。

お申し込みはこちらから、お願いします。

http://www.mindfulmate.jp/postmail-2/postmail.html

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

:::::::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
    マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
    マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

うつ病や不安症・パニック障害に効果的なマインドフルネス心理療法の適応範囲とは、


私達、マインドフルメイトでは、
ご相談にお見えになる方の
すべてを受け入れている訳ではありません。

それは、マインフルネス心理療法で、
すべての人の病気が治る訳ではないからです。

また、
マインフルネス心理療法で治る見込みのない方を、
受け入れてしまうと、
結果的にその方を裏切る事になりますので、
その事は、私どもの本意ではありません。

ですの、
最初にお問い合わせをいただきました時に、
その旨を、キチンとお伝えしています。

今後、マインフルネス心理療法が、
多くの人に接する機会が多くなればなるほど、
誤解や勘違いが増える傾向になると思いますので、
是非、ご自身の病気はどのような病気なのかを、
確認する事が、とても大切になります。

【お引き受け出来る病気】

1、うつ病・非定型うつ病
2、不安障害・パニック障害・PTSD・対人恐怖症
  ※どんな辛い症状があってもご相談に応じます。
  ※薬物治療で
   改善しない場合でもあきらめずにご相談下さい。

私達は、
辛い症状を緩和から改善に向けて行きます。

その後は改善から完治をを目指します。

そして、
薬物に頼らなで通常の生活が送れる事を
チャレンジして行きます。

ただし、
この病気の回復には時間が掛かります。
        (最低1年~2年位)

うつ病・不安症・パニック障害・PTSD・等の
最も怖いのは「再発を繰り返す病」だと言う事です。

再発を繰り返すと、さらに辛い症状になって行きます。

そこで私たちは、
再発を繰り返さない自分になる事(完治)を、
最終の目的にしています。


tsukare_girl.png


【お引き受けが出来ないケース】
1、統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・等
  その他、私共でお受けできないと判断した場合。
  ※辛い症状が似ている場合等が
    ある為に同じ病気と思いわれがちですが、
    発症や回復プロセスに
    疑問点がある為にお引き受けが出来ません。

2、相談会やセッションに参加が出来ない場合。
  電話やメールで対応して欲しい等で遠方からの
  お問い合わせが多くありますが、
  この病気の難しさを考える時に、
  責任のある対応とらせていただく為には
  直接に面談する事がベストであるとの判断です。

3、本人に治そうとする意思がないと判断する場合。
  マインドフルネス療法は、
  ご本人の治そうとする意思が不可欠です。
  治そうとする意思が
  ご本人に無い場合はお引き受けが出来ません。


slump_bad_man_study.png


  詳しくは、
  ホームページの無料相談会のページをご覧ください。

【回復が難しいケース】

1、セッションに参加をしても、
  私がお願いをする課題に
  取り組もうとしない(取り組めない)ケース。
  セッションに参加をすれば
  回復するのではありません。
  私達がお願いをする課題に
  取り組む事により回復をして行きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、
どんなに辛い症状があっても、
ご自身に
「この病気をなんとしても治したい。」
「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、
私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、
うつ病・不安症・パニック障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

kafun_sukkiri_woman.png


一日でも早く、
いつもの自分に戻って下さい。
そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

        より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     

http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも
理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す!

:::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
    マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
    マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::
posted by マイインド at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

自殺防止・うつ病対策の無料相談会の開催-マインドフルメイト


私達の始めた
「自殺防止・うつ病対策の無料の相談会」も、
先週末の相談会で310回目を終わりました。
(臨時相談会は別途)
その間、様々の方々のご協力をいただき
約500名あまりのご相談をお受け致しました。

river_00039.jpg-2.jpg

具体的な事はお話する事は出来ませんが、
現在社会の縮図を見ているかのように感じています。
複雑化して行く社会、
そしてストレス化している社会構造。
現代社会がまさに病んでいるかの如く思っています。

そのような中ですが、
私達は
引き受け出来ない病状の方をハッキリ申し上げています。

1、統合失調症
2、躁うつ病(双極性障害)

これらの病状の方に付きましては、
私達が行っているマイインドフルネス心理療法では、
回復効果が確認出来ない為に、
私達はお引き受けをご辞退させていただいています。
面談当初にその事が不明なケースもあるとは思いますが、
その事が、
判明した時点でキチンとお話をさせていただいています。

また、その事以外にも以下の事に該当する場合は、
私達は引き受け出来ない事をハッキリ申し上げています。

1、本人に、うつ病を治そうとする意思がない場合。
2、私達がお願いしている呼吸方が出来ない場合。
3、セッション(回復プログラム)の参加出来ない場合。

私達は、うつ病の方をお引き受けする以上、
改善から回復、
そして完治を目指して取り組みをさせていただいています。
私達の行うセッション(回復プログラム)は、
薬物を使用したり器具や道具等を一切使用致しません。

人間自信が本来持っている
呼吸や自己洞察を高めて回復に至りますので、
回復にどうして時間が掛かります。

その期間は
少なくても1年から2年間は必要となりますので、
私達の受け入れ人数にもおのずと制限があります。
真剣に「うつ病を治したい。」と考えている人だけを、
お受けするスタイルをとらせていただいています。

また、再発の多いと言われているうつ病ですが
私達の行っている
マインドフルネス心理療法を長い時間を掛けて、
ご自身で身に付けてしまうと
再発がしにくいのが利点です。

その効果が疑問視されている、
また副作用が心配な薬物療法などの、
方法で長い期間辛い症状に悩まされ、
再発の不安を抱えて
一生涯生活をして行く選択肢を選ぶのか、
多少の時間は掛かってても、
キチンと回復する手法を選択するのかが、
大きな分かれ道だと、私は考えています。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     ↓

http://www.mindfulmate.jp/












posted by マイインド at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

うつ病やパニック障害をマインドフルネス(自己洞察法)でどのように治すのか。


 私の所に辛い症状のご相談に来られる方の、
ほとんどの方が、ご自身の辛い症状が発症してから、
病院(精神科・心療内科)などに通われても、
なかなか辛い症状が緩和しない方や、
カウンセリングや認知行動療法等にも、
何か月も通われても一向に変わらない方がほとんどです。

sleep_nemurenai_man.png

〇ですので、
 ご相談に来られる方に軽症の方はおりません。

何故かといいますと、
病院やカウンセリング・認知行動療法で、
ある程度、緩和~改善に至る方は、
それ以上は、ご本人が望まないからです。

〇症状は人によりさまざまです。

 でも、そうでない方は、
たとえば、「根拠もなくこみあげてくる不安」は、
ご本人の意志とは関係なく
いつでも・どこでも襲ってきます。
また、その込み上げてくる不安を抑える事はできません。
まして、コントロールする事はさらに出来ません。
そんな時に、どうすれば良いのかさえわかりません。

そして、その事がどうにも対処できなくなって来ますと、
その先には「死」の言葉が浮かんできます。
この病気の一番怖いのはその事です。


pose_nigawarai_man.png


〇症状の特徴を理解する。

 ところが、
「自分の病気は何故、悪くなるのか。」
そして、「どうすれば良くなるのか。」が理解出来ると、
あえて、ご自身の辛い症状を悪化する事はしません。
また、「どうすれば良くなるのか。」を理解出来ると、
その事を、繰り返し・繰り返し行います。
その結果、次第に辛い症状の緩和が始まり、
気が付くと辛い症状が改善しているのです。

 私達は、
その方法をセッションを通して教えているのです。

 ですので、
セッションに参加をされる方のほとんどが、
2ヶ月~3ヶ月で辛い症状の緩和が始まるのです。
      (但し、病状や個人差はあります。)

〇但し、セッションに参加するだけでは、
 はっきり言いまして治りません。

何故かと言いますと、
私達がお願いしています「呼吸法」「洞察法」を、
ご自身が自宅で、
繰り返し・繰り返し行う事により治っていくからです。

〇ご自身の
辛い症状のある病気を治すのは私ではありません。

私は、その方法を伝えるだけです。

 治すのは、自分自身です。

あなたも、ご自身の辛い症状を治しませんか。

 そして、
辛い症状あるこの病気の発症以前の自分になりませんか。
あなたの小さな一歩を踏み出す事により、
きっと、あなたのこれからに人生が変わるはずです。

〇辛い症状の完治を目指します。

 私達は、うつ病(メランコリー・非定型うつ病)・
不安障害(パニック障害)やPTSD等の
病院に行ってもなかなか治らない、
辛い症状のある方々の緩和~改善、
さらには完治を目指しています。

 特に、これらの病気は、
ご自身の周辺の人に辛い症状を話しても、
なかなか理解していただけない症状になります。

 ですから、一人で悩んでばかりいる事なく、
一度、私達にご相談する事を提案しています。

今、悩んでいる事の解決策が必ず見つかるはずです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、
私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

 一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、
        より豊かな人生をおくりましょう」


 私達は、その為のお手伝いを致します。
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     

http://www.mindfulmate.jp/

::::::::::::::::::::::::
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  
     マインドフルネス総合研究所 理事
:::::::::::::::::::::::::


posted by マイインド at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

うつ病や不安症・パニック障害を治す為にマインドフルネスのセッションに参加をされている方へ


マインドフルメイトでは、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の
開発者、大田健次郎氏のマインドフルネスプログラムを
実践しています。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)では、
セッションに参加をされています方の、
うつ病や不安症(不安障害)、パニック障害や
PTSD等の症状の完治を目指しています。

river_00039.jpg-2.jpg

〇私たちが言う完治とは、
①お薬を飲まずに通常の生活が送れるようになる事。
②再発を繰り返さない自分になる事。    です。

ですので、
マインドフルメイトに訪れる方の
すべてを方を受け入れている訳ではありません。

わかりやすく言いますと、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を用いて、
完治する事が難しい、また困難な方は、
ハッキリとお断りをしています。

只、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を用いて、
完治をめざせる方の中で、
「治そう」「治したい」との意思をお持ちの方は、
現在どんなに、
辛く・苦しい状態であっても受け入れています。

ですので、
現在、セッションに参加をされている方や、
すでに、セッションを終えた方は、
セッションの中で私がお話している事を、
ご自身の心に中に置いて、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

〇マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を、
 難しくとらえないでください。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
理論・理屈は、たしかに難解かもしれません。

でも、皆さんは、
マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
理論・理屈を勉強する為に、
セッションに参加をするのではありません。

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の、
言わんとする事を、
頭で覚えるのではありません。

身に付けるのです。

〇マインドフルネス自己洞察法(SIMT)の手法を
 自分の物にするのです。

そして、引き寄せるのです。

時には、
難しく、絶壁の前に立っているような気持ちになったり、

時には、
目の前が、崖っぷちのような気持ちになる事も、
あるかもしれませんが、

それは、一時の事です。(その瞬間の事です。)

ですので、
セッションの中で私がお話している事を、
ご自身の心に中に置いて、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

マインドフルネス自己洞察法(SIMT)を難しくとらえずに、
その時々で、出来る事をくりかえしてください

それは、我慢ではありません。

あなたの人生を、
明日~この先~将来につなげていくための道筋になります。

tree_woods_00133.jpg-1.jpg

諦める事無く、めげる事なく、焦らずに、

今のチャレンジをくりかえしてください。

そして、困ったことや、

疑問点がありましたら、

迷わずに連絡を下さい。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ



http://www.mindfulmate.jp/





posted by マイインド at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

うつ病や不安症で悩む方をマインドフルネスでひとりひとりを大切に!

マインドフルメイトには、
うつ病や不安症の辛い症状をお持ちの方が
数多くご相談に訪れます。
その方々の辛い症状は身体症状や精神症状など様々になります。
また、ご職業や性別・年齢等も色々になります。

⚪その中で、
共通する事と言えば以下のようになると思います。

①長期間に回復しない。
②病院等を色々と回ったが回復しない。
③薬の副作用が怖い。
④他の療法を行ったが旨く行かなかった。
⑤普通の生活(仕事・家事育児・学業)を送りたい。

⚪只、私達は全ての人を受け入れる事は出来ません。

特に、躁鬱病や統合失調症の方はどんなに希望をされても、
私達の受け入れをお断りさせていただいています。
また、セッションの途中でも
躁鬱や統合失調症方の疑いがある事が判明した場合、
その時点で中止させていただいています。
この事は一見冷たいように思いますが、
『無責任のような形でお引き受けしていますと、
最終的にはご本人の「治したい。」「回復したい。」
「普通の生活を送りたい。」との気持ちを裏切る事になる。』
との判断です。

⚪私はマインドフルメイトに来られる方々の、
「おひとりおひとりを大切にして行きたい。」と考えています。

訪れる方の辛い症状や、置かれている環境などに耳を傾け、
その人に合わせたアドバイスをしています。

⚪特に、この病気はご家族を含め、
なかなか周囲の人達に辛い症状を理解してもらいにくい病気です。

うつ病や不安症の辛い症状の特徴は、
例えば、前頭前野に変調をきたして来ると思考力が低下して来ます。
すると、判断力や記憶力等が鈍くなって来ますので、
社会適応力が著しく低下して行きます。
このような辛い症状になってしまった時に、
この病気に理解のない周囲の人達が心配をするあまりに、
ご本人に理屈を並べ立てて、
あれこれと言っても回復をする病気ではありません。

〇大切な事は、
まずご本人の辛い症状を出来るだけ理解する努力をする事です。

そして、その方に出来るだけ寄り添い可能なサポートをする事です。
この事が第一歩になります。

その後に、
おひとりおひとりに合わせたアドバイスや対応策が必要となります。
私達は、その事を理解した上でマインドフルネス心理療法を用いて、
順次、辛い症状の緩和から回復をはかって行きます。

そして、
うつ病や不安症の辛い症状から脱して
本来の自分自身を取り戻しあなた本来の役目や役割が、
充分に果たす事の出来る事を目的としています。

:::::::::::::::::::::
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  
     マインドフルネス総合研究所 理事
::::::::::::::::::::
posted by マイインド at 10:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

うつ病や不安症・パニック障害を、マインドフルネスで治すポイントは身に付ける事です。



マインドフルメイトのセッションを終了された方が、

その後も、セッションに聴講生として参加をしています。


sea-ocean_00013-1.jpg


それは、
マインドフルネス(SIMT)を、
頭で覚えるのでは、
身体に身に付ける事が不可欠になるからです。

また、
マインドフルネス(SIMT)を、
いくら頭で覚えても
うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、
またPTSDなどの症状が良くなる事はありません。

〇大切な事は
 マインドフルネス(SIMT)の手法を
 身に付ける(身体で覚える)事になります。

その事が、
うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、
またPTSDなどの症状を、
緩和(和らげる)事に繋がって行きます。

只、私達が行うセッションは、
うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、
またPTSDなどの症状を緩和(和らげる)する事が
目的ではありませんので、完治を目的としています。

私達が言う完治とは、
〇お薬を飲まないで通常の生活が送れる事
〇再発をくり返さない自分になる事、としています。

ですので、
短期間でその目的が達せられる事はありませんので、
焦らずに、時間を掛けながら進めて行きます。


〇マインドフルネスは頭で覚えるのではありません。
 身に付ける(身体で覚える)為に、
 繰り返し、繰り返しトレーニングを行っていただきます

その為に、
私達が行うセッションが終了しても、
ご自身の中に不安や自信が持てない場合は、
セッションの参加を希望する方に聴講生として、
セッションに参加をしていただいています。

アフターフォローのサポート
     ↓
   http://www.mindfulmate.jp/support.html


そして、繰り返し、繰り返し、
セッションに参加をする事により、
ご自身が掴んだマインドフルネスの手法を、
点検・確認をしていただきつつ、
マインドフルネス(SIMT)の手法を
自分の物にしていただきます。

〇教わるのではなく自分で掴む事になります。

その結果、
一度掴んだマインドフルネス(SIMT)の手法は、
忘れる事はありません。(身に付きます)

私達はこれからの人生の中で、
ストレス(予期しない事・思いがけない事、等)から、
逃れる事は出来ません。

そんな時に、
心のバランスを崩してしまい、
再発(辛く、苦しい状態)をくり返して行きます。

ところが、
一度掴んだマインドフルネス(SIMT)の手法は、
忘れる事はありませんので、
マインドフルネスの手法を活用する事により、
ストレスに強い自分になる事が出来ます。


sea-ocean_00003-1.jpg

その為にも、
多少時間が掛かっても焦る事無く、
聴講生としてセッションに参加をして、
マインドフルネス(SIMT)の手法を、
しっかりと掴む事が大切になります。

そして、
こらからの人生をより有意義にして行きましょう。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

    ↓

http://www.mindfulmate.jp/






posted by マイインド at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

うつ病や不安症(不安障害)、パニック障害等の辛い症状で悩む前に!


私どもにうつ病やパ

ニック障害・不安障害・PTSDなどで、

ご相談にお見えになる方々が次第に増えて来ています。


yjimage.jpg


その背景には、

辛い症状が出て来た時に病院等に行っても、

なかなか改善しなし現実があります。


また、ご相談を伺っていましても、

長い期間にわたり

悩み苦しんでいる方がとても多い状況です。


本来であれば欧米のように、

精神科と同様に心理療法が定着している状況であれば、

今の日本のように、

多く国民がこのように悩み苦しむ事が少ないと思います。


pose_unzari_man.png


只、今その事を色々言っていても、

現実に辛い症状に悩まされている方々にとって、

一番大切な事は、辛い症状から解放されて

「出来るだけ早くいつもの自分に復帰する事」です。


私達は、一人でも多くの方々に、

「本来の自分に戻り、

その人でしか果たせない役目・役割を果たして欲しい。」

そのような願いを基に、現在の活動を開始しています。

ですので、

うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDなどで、

「今は、とても辛い」

「今は、何も出来ない」

「今は、将来の希望もない」

「只、ただ苦しい」。

そんな現実であっても、

私達に相談して下さい。


pose_unzari_woman.png



うつ病やパニック障害、

不安症(不安障害)、PTSDなどは、

短期間に治ると言う簡単な病気ではありません。


只、慌てずに、

焦らずに時間を掛けて取り組んで行く事により、

辛い症状の緩和~改善に向けて行く事が可能です。


辛い症状が緩和される事により

仕事に従事出来ない方は、

仕事に復帰する事が可能になります。


また、辛い症状が改善される事により

今まで考えられない事が考える事が出来ます。

また、取り組む事の出来ない事が取り組む事が

出来るようになっています。


私達の目標は,

うつ病やパニック障害、

不安症(不安障害)、PTSDなどの完治です。


完治とは、

薬を飲まずに普通の生活が送れる事を言います。

また、

これらの病気には再発が起こります。

この再発が起こりにくくなって来ます。


その為に、

セッション(回復プログラム)に参加する事により、

マンイドフルネス(自己洞察法)の

呼吸法や洞察法を修得していただきます。


身に付けた

マンイドフルネス手法を実践する事により、

よりクリアーな自分を取り戻し、

本来の役目・役割を果たす事が可能になって来ます。


eieiou_woman.png


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安症(不安障害)、

パニック障害、PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

         より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

    

http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

::::::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
      マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::::






posted by マイインド at 17:49| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

うつ病や不安症・パニック障害・PTSDを本気で治したい人をマインドフルネスで応援します。


私は、マインドフルメイトにご相談に訪れる方の

全てをお引き受けする事はありません。


それは、以前にもお話していますように、

心理的な事が要因で、

こころのバランスが崩れて行った方は、

心理療法で治して行く事が可能になりますが、

それ以外の理由(例-遺伝・脳細胞の構造 等)では、

心理療法で及ぶ範囲が限られていますので、

その理由を、

丁寧のご説明をした上でお断りとしています。


それは、結果として、

その方を裏切りたくないからです。


私達は、営利を目的にしていません。


あくまでもボランティアを基本として

活動をしていますので、

悩み、苦しんでいる方の手助けを目的にしています。


darui_woman.png


ですので、

その方を結果的に裏切る事は、

私自身が望んでいませんので、

出来るだけ丁寧にお断りをしています。



また、「自分の病気を治したい」との、

意志をお持ちでない方も、

丁寧にお断りをしています。


おそらく、世間一般の方は、

「自分の病気を治したい」と思わない人はいない、と、

考えると思いますが、

実は、その方のお話をよく伺って行きますと、

「私は、このままでいい。」と思っていたり、

「私は、治らない方が良い。」

「治すのは面倒だ、好きなように生きたい。」と、

と考えている方も意外に多い現実があります。


ですので、

「自分の病気を治したい」との

意思をお持ちでない方も、

丁寧にお断りをしています。


jikosyoukai_boy.png


私達は、セッションに参加をされる方の、

こころの声に真剣に耳を傾け、

こころの叫びを感じとり、

そのこころに寄り添って、

アドバイスをしています。


その事は、セッションに

参加をされる方の声を

只、聞く事とは違います。


それは、

セッションに参加をされる方の、

言っている言葉の、

表面だけを聞くのではありません。



私自身のこころを澄ませて、

その方の言葉の中に含まれている、

こころの奥底の声を感じ取る事になります。


そして、その方のこころの底に、

どうしたら届くのか、

どんな言葉を選んだら良いのか、

声のトーンはどこが良いのか、を

慎重に、かつ瞬時に選択をして、

アドバイスをしています。


ですので、

セッションに参加をされています方に、

真摯に、

真剣に向き合って行きます。



時には、

厳しい事を言う事も必要になります。


また、

一緒に涙する事もあります。



私達のセッションに参加をされる方は、

ご自宅で、

私達がお願いしています課題に

取り組んで行きますが、

決して一人ではありません。


私達が、

そのそばでサポートをして行きますので、

二人三脚で、

うつ病や不安症・パニック障害・PTSDを

治して行きます。


その為には、

そのご本人の「治したい」との意思が

最低限必要になります。


ですので、

そのご本人の「治したい」との意思が無い方は、

丁寧にお断りをしています。


そんな、私達の真意をご理解いただき、

セッションに参加をして下さい。


そして、ご自身の夢や希望を実現できるように、

自分らしい歩をスタートさせてください。


group_people.png


:::::::::::::::::::::

うつ病うつ病や不安症、

パニック障害・PTSDになると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

お問合わせはこちらから 

     ↓

http://www.mindfulmate.jp/mobile/


posted by マイインド at 16:02| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

うつ病や不安症(不安障害)、パニック障害 等を本気で治したい方へ、:マインドフルメイト

 

無料相談会を開始して

まもなく8年の歳月が経ちます。

その間に、本当に多くの方々が相談に訪れました。


現在ご相談に応じている、

うつ病・パニック障害・PTSD等は、

非常に多くの方が辛い症状に悩まされている病気です。


相談にお見えになる方のお話を伺っていますと、

その内容に共通する事が多い事がわかります。

1、辛い症状を理解していただく事が難しい。
         (ご家族や職場など)

2、お薬がなかなか効果が出ない。
         (永年通っても回復しない。)

3、お薬の副作用が怖い。
         (離脱症状や依存症状が怖い。等)


特に、皆さんが非常にがっかりしている事の中に、

○ 病院の先生があまりお話を聞いてくれない。
           説明をしてくれない。

○ 病院の先生がハッキリと病名を言ってくれない。

との事がありました。


また、

事務的にお薬を出されるだけ。

効果がない事を言うとお薬の量を増やすだけ。

又は、

「今度はこのお薬をだしておきます。」と言って

別のお薬を出すだけの所が多いように

おしゃるかたが多いようです。


患者さんの立場に立って見ると、

「この先、私はどうなってしまうのだろうか。」と、

とても不安になるのは当然な事だと思ってしまいます。


しかし、

回復の為に病院に通わなければと、お考えのようです。



私達は、そのようなご相談の中で、

その方の辛い症状に合わせてご相談に応じています。


うつ病・パニック障害・PTSD等の方々の

辛い症状は千差万別になります。

その苦悩の波に圧倒されて、

頭が動かない、

考えが浮かばない、

起きれない、

動けなくなる、

意欲がわかない。


また、人と話すのが怖い、

外に出られない、等、

最たるは希死念慮である。


その悩み・苦しみは、

実際に体験をした人でないとわかりません。



私達は、

うつ病・パニック障害・PTSD等の辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


その為のお手伝いを致します。


詳細はこちらをご覧ください。
     ↓
http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。



posted by マイインド at 10:22| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする