2019年04月03日

愛知県名古屋市でうつ病のマインドフルネスの回復プログラムを開催中です。



現在、愛知県名古屋市にて、

自殺防止・うつ病の無料の相談会を行っていますが、

具体的には、

うつ病の回復に向けた

セッション(プログラム)を行っています。


IMG_20170507_123308-1.jpg



特に、
以下の事で不安やご心配な方は是非ご相談下さい。

1、病院に
  通っているのですが思うように改善しない。

2、病院で処方される薬が合わない、
                また不安です。

3、このまま、
  うつの薬を飲み続ける事に不安がある。

4、うつ病は本当に治るのでしょうか。

5、普通の生活の戻れるのでしょうか。

ご相談される方の状態によりますが、
かなりの方が回復をされて
社会復帰をされて通常の生活に戻られています。


〇セッションを
 終了した方から体験談をいただいています。


☆参加者体験談
 2010年より
 スタートしたマインドフルメイトですが、
 セッションを卒業されたクライアントの中で
 「自分が良くなった事を伝え、
 他の辛い苦しい思いをされている方の
 お役に立てれば」とのご厚意により
 感想文・体験談を
 お寄せいただいている方々がいます。

 〇ご自身の辛い状況、
 〇マインドフルメイトとの出会い、
 〇どうやって克服していったか回復の経過など、

 クライアント本人の文章に一切手を加えず
 原文のままご紹介しております。

 これから始めようと思っている方は参考に、
 完治を目指すクライアントの方々も
 ぜひお読みください。


                ↓ クリック

top-014.gif




セッションは
10の単位に分かれていますので段階を追って
改善から回復に向かうようになっていきます

セッションの予定は以下の内容です。

:::::::::::::::::::::

開催会場:
 オフィスパーク名鉄カンファレンスセンター
 名古屋市中村区名駅3-22-4 名駅前
               みどりビル5F

アクセス:
 各線「名古屋」駅桜通口徒歩7分ユニモール
          (地下街)12番出口すぐ

 地下鉄「国際センター」駅徒歩1分ユニモール
          (地下街)14番出口すぐ

 ビルの側面に
 「名駅前みどりビル」入口がございます。
          (1F資格の大原)



各地からの所用時間
〇 金沢から2時間30分
〇 福井から1時間50分
〇 静岡から1時間
〇 岐阜から    30分
〇 京都から    35分
〇 大阪から1時間
〇 岡山から1時間40分
〇 広島から2時間16分
〇 奈良から1時間40分
〇 和歌山から2時間



IMG_20170507_124449.-1jpg.jpg



開催時間:午後2:00より

【セッションの日程】

〇2019年
・4月 7日(土)14:00~15:30
・5月 4日(土)14:00~15:30
・6月 1日(土)14:00~15:30

(会場の予約が取れ次第決めて行きます。)

参加費用:
お一人 ¥8、000-(一回)
(実費のみ-テキスト代・会場費・
   冷暖房費・日記指導代・郵便代 等) 

対象者:
うつ病・非定型うつ病(新型うつ)
       パニック障害・PTSD 等  

◎事前予約制となりますが
      定員になり次第締め切ります。

◎個人情報は部外者にはお話する事は
           一切ございません。

◎統合失調症、双極性障害(躁うつ病)は
           対象外となります。

◎ご家族も参加する事も可能になります。


詳しい事は無料の相談会にて:

ic-04-a.gif  ← クリック



主催:
非営利一般社団法人 マインドフルメイト
マインドフルネス心理療法(自己洞察法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員:
              佐 藤 福 男
(マインドフルネス総合研究所認定)
  山梨県甲斐市龍地798-165

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が

必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg



posted by マイインド at 20:58| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

うつ病や不安障害、パニック障害で悩み悩んでいる方へ | マインドフルメイト

 私達は現在、

うつ病や不安障害や

パニック障害・PTSD等の為に、

本当に悩み、

苦しんでいる方の辛い・辛い悩みに応じています。


sunahama-007.jpg


長年間苦しんでいる方や、

病院やその他の療法でも

解決策が見つからない方、

また、

薬物使用に不安をお持ちの方などが、

その対象になっています。


その方々の中には、

「死にたい」との

症状を抱えながらの方も数多くいます。



ですので、

ご相談に来られる方々は、

真剣に遠方からでも参加を希望しています。


只、私どもの、

無料相談会の開催にて対応出来る方(人数)には

限度があります。

また、無料相談を開催する為には

会場費や交通費また、

カウンセラーの経費等が掛かります。


そこで、以下の事をお願いしています。

〇 私たちの活動は
   ボランティアを基本としていますので、
  その事をご理解いただきご参加ください。

〇 うつ病や不安障害や
   パニック障害・PTSD等の為に、
  本当に悩み、
   苦しんでいる方を対象にしています。
  (その他の目的の方は対象としていません。)

〇 無料相談会に参加をされる場合は、
  相談日の直前キャンセルを
         しないようにお願い致します。
  特に、開催日の直前のキャンセルになりますと、
  その日のスケジュールが
  ほとんど無駄になってしまいます。
   (経費だけが無駄に掛かってしまいます。)

〇 私どもの本来の活動以外の
        目的で参加をしないでください。
  (書籍などのご質問、
        マインドフルネス(SIMT)の
              情報を得る目的等)

    ※ 本当に悩む方の、
       道をふさぐ結果にもなりかねません。

〇 「ご自身の病気を治したい」との
    意思をお持ちでない方はお断りします。
    マインドフルネス心理療法(SIMT)を
    行う上で「ご自身の病気を治したい」との
    意思は不可欠になります。
 
参加をされる方のご都合もあると思いますが、

何卒、私どもの諸事情も

お考えいただき無料相談会の参加をお考えください。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く改善の方向に

向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。




マインドフルネスはうつ病を克服出来ます。
006-1.jpg






posted by マイインド at 18:11| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

マインドフルネスでうつ病の緩和から完治へ / マインドフルメイト


うつ病になっている方は、

集中力の低下・

無気力・イライラ・不安恐怖などの精神症状と、

頭が思い・肩こり・息切れ・かゆみ・

しびれや冷えなどの感覚異常などの、

様々な身体症状が表れて来ます。

特に身体症状の表れ方は人それぞれですので、

一概には言えませんが色々な身体症状が起こります。


sunahama-001.jpg


例えば、ここ最近に若い人に発症のケースが多い、

非定型のうつ病(新型のうつ病)では、

まるで鉛がつまったように体が重く、

立つのも苦労するほど、

全身がだるくなります。

体の病気と思いがちですが、


鉛様麻痺は非定型うつ病の重要な身体症状です。


また、非定型のうつ病(新型のうつ病)では、

特に薬物が効きにくい病気だとも言われています。


病院で処方されるお薬で

ある程度改善される方もいらっしゃいますが、

時には、その方の体質などでお薬が合わない方や、

薬物治療の副作用などに

不安がある方には心理療法は効果的です。



sunahama-003.jpg


マインドフルネス心理療法は、

現在、

病院で処方されているお薬などを続けながら、

うつ病の改善から完治を目指します。

そして、かなり回復が見られる状態になりますと、

断薬を目指す事も可能ですので、

長期間、抗うつ薬を

飲み続けて行く不安からも解消されます。

また、うつ病の再発防止にもとても効果的です。


私たちは、

うつ病や不安障害(パニック障害)・PTSD等の、

辛い症状の緩和や改善が目的ではありません。

 それは、セッションの参加をする事により、

私たちが、お願いをしています呼吸法や洞察法を、

行なう人は、ほとんどの方は、

辛い症状の緩和や改善が始まりますので、

その事が目標ではありません。


そこで私たちの目的は、

「病気の完治」が目的になります。


私たちの言う完治とは、

①お薬を飲まなくても通常の生活が送れる事。

②この病気の怖いのは再発を繰り返す事です。


その再発が起こらない自分を作る事です。


その為に、闇雲に減薬には入りません。

減薬に取り組む為にはキチンと計画を立てます。

その上で、減薬に取り組んでいただきます。


また、闇雲に呼吸法等を行いません。

自身の病気の特徴をキチンと理解していただきます。

その上で、

ご自身の対処の方法を身に付けていただきます。

(頭で覚えるのではありません。)


ご自身が症状の悪化へのプロセスを理解し、

緩和~改善~回復~完治への

道筋を歩んでいただきます。

その事により、完治を目指して行きます。


ご自身の、

辛い症状を治す事をあきらめないでください。


是非、一度ご相談ください。


そして、本来の自分を取り戻しましょう。


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


::::::::::::::::::::::: 

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
      マインドフルメイト代表理事

http://www.mindfulmate.jp/


特定非営利活動法人  
      マインドフルネス総合研究所 理事

http://mindfulness.jp/

::::::::::::::::::::::::






posted by マイインド at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

うつ病や不安障害、パニック障害で悩む方をサポートしています。/ マインドフルメイト


私ども、うつ病やパニック障害、

不安障害・PTSDなどで、

ご相談にお見えになる方々が次第に増えて来ています。


yjimage.jpg


その背景には、

辛い症状が出て来た時に病院等に行っても、

なかなか改善しなし現実があります。

また、ご相談を伺っていましても、

長い期間にわたり

悩み苦しんでいる方がとても多い状況です。


本来であれば欧米のように、

精神科と同様に心理療法が定着している状況であれば、

今の日本のように、

多く国民がこのように悩み苦しむ事が少ないと思います。


只、今その事を色々言っていても、

現実に辛い症状に悩まされている方々にとって、

一番大切な事は、

辛い症状から解放されて

「出来るだけ早くいつもの自分に復帰する事」です。


私達は、一人でも多くの方々に、

「本来の自分に戻り、

その人でしか果たせない

役目・役割を果たして欲しい。」

そのような願いを基に、

現在の活動を開始しています。



ですので、

うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDなどで、

「今は、とても辛い」

「今は、何も出来ない」

「今は、将来の希望もない」

「只、ただ苦しい」

そんな現実であっても、

私達に相談して下さい。



darui_woman.png



うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDなどは、

短期間に治ると言う簡単な病気ではありません。


只、

慌てずに、

焦らずに時間を掛けて取り組んで行く事により、

辛い症状の緩和~改善に向けて行く事が可能です。


辛い症状が

緩和される事により仕事に従事出来ない方は、

仕事に復帰する事が可能になります。


また、辛い症状が改善される事により

今まで考えられない事が考える事が出来ます。


また、取り組む事の出来ない事が取り組む事が

出来るようになっています。


私達の目標は、

うつ病や

パニック障害・不安障害・PTSDなどの完治です。


完治とは、医師から処方されるお薬を飲まずに

通常の生活を送れる事を言います。

また、これらの病気には再発が起こります。

この再発が起こりにくくなって来ます。


その為に、

セッション(回復プログラム)に参加する事により、

マンイドフルネスの

呼吸法や洞察法を修得していただきます。

一度、身に付けた

マンイドフルネス手法を実践する事により、

よりクリアーな自分を取り戻し、

本来の役目・役割を果たす事が可能になって来ます。


kafun_sukkiri_woman.png


~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、

どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

       より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームペ

http://www.mindfulmate.jp/

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、

なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。



posted by マイインド at 21:00| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

うつ病やパニック障害をマインドフルネス(自己洞察法)でどのように治していくのか。/ マインドフルメイト


 私の所に辛い症状のご相談に来られる方の、
ほとんどの方が、ご自身の辛い症状が発症してから、
病院(精神科・心療内科)などに通われても、
なかなか辛い症状が緩和しない方や、
カウンセリングや認知行動療法等にも、
何か月も通われても一向に変わらない方がほとんどです。


sleep_nemurenai_man.png


〇ですので、
 ご相談に来られる方に軽症の方はおりません。

何故かといいますと、
病院やカウンセリング・認知行動療法で、
ある程度、緩和~改善に至る方は、
それ以上は、ご本人が望まないからです。

〇症状は人によりさまざまです。

 でも、そうでない方は、
たとえば、「根拠もなくこみあげてくる不安」は、
ご本人の意志とは関係なく
いつでも・どこでも襲ってきます。
また、その込み上げてくる不安を抑える事はできません。
まして、コントロールする事はさらに出来ません。
そんな時に、どうすれば良いのかさえわかりません。

そして、その事がどうにも対処できなくなって来ますと、
その先には「死」の言葉が浮かんできます。
この病気の一番怖いのはその事です。


pose_nigawarai_man.png


〇症状の特徴を理解する。

 ところが、
「自分の病気は何故、悪くなるのか。」
そして、「どうすれば良くなるのか。」が理解出来ると、
あえて、ご自身の辛い症状を悪化する事はしません。
また、「どうすれば良くなるのか。」を理解出来ると、
その事を、繰り返し・繰り返し行います。
その結果、次第に辛い症状の緩和が始まり、
気が付くと辛い症状が改善しているのです。

 私達は、
その方法をセッションを通して教えているのです。

 ですので、
セッションに参加をされる方のほとんどが、
2ヶ月~3ヶ月で辛い症状の緩和が始まるのです。
      (但し、病状や個人差はあります。)

〇但し、セッションに参加するだけでは、
 はっきり言いまして治りません。

何故かと言いますと、
私達がお願いしています「呼吸法」「洞察法」を、
ご自身が自宅で、
繰り返し・繰り返し行う事により治っていくからです。

〇ご自身の
辛い症状のある病気を治すのは私ではありません。

私は、その方法を伝えるだけです。

 治すのは、自分自身です。

あなたも、ご自身の辛い症状を治しませんか。

 そして、
辛い症状あるこの病気の発症以前の自分になりませんか。
あなたの小さな一歩を踏み出す事により、
きっと、あなたのこれからに人生が変わるはずです。

〇辛い症状の完治を目指します。

 私達は、うつ病(メランコリー・非定型うつ病)・
不安障害(パニック障害)やPTSD等の
病院に行ってもなかなか治らない、
辛い症状のある方々の緩和~改善、
さらには完治を目指しています。

 特に、これらの病気は、
ご自身の周辺の人に辛い症状を話しても、
なかなか理解していただけない症状になります。

 ですから、一人で悩んでばかりいる事なく、
一度、私達にご相談する事を提案しています。

今、悩んでいる事の解決策が必ず見つかるはずです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、
私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

 一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、
        より豊かな人生をおくりましょう」


 私達は、その為のお手伝いを致します。
・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     

http://www.mindfulmate.jp/

::::::::::::::::::::::::
マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)
自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男
非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト   代表理事
特定非営利活動法人  
     マインドフルネス総合研究所 理事
:::::::::::::::::::::::::


posted by マイインド at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

マインドフルメイトではマインドフルネス心理療法で、うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、PTSD等を治す活動を行ってます。



マインドフルネスで本来の自分を取り戻す。


私達はマインドフルネス心理療法で、

うつ病や不安症(不安障害)・パニック障害、

PTSD等を治す活動を行ってます。


IMG_20170502_114302-1.jpg


一度、何らかの事が

原因でこれらの病気を発症してしまうと、

なかなか回復が難しい現実があります。

本来であれば

病院で医師の診断を受ける事により、

辛い症状の回復が出来る事がベストなのですが、

なかなか難しい現実があるようです。


そうのような辛い症状も、

短期間で治まるようであれば良いのですが、

半年・1年・2年・3年~になって来ますと、

お仕事や勉強、

また家事や育児にも支障をきたして来ます。

さらに、10年・15年・

20年となると ・ ・ ・ ・ 。


そうなって来ますと、

その人の本来の自分では無くなって来ます。


pose_unzari_woman.png


例えば、うつ病になっている方の場合は、

集中力の低下・無気力・

イライラ・不安恐怖などの精神症状と、

頭が思い・肩こり・息切れ・

かゆみ・しびれや冷えなどの感覚異常などの、

様々な身体症状が表れて来ます。


特に身体症状の表れ方は人それぞれですので、

一概には言えませんが

色々な身体症状が起こります。


futon_derenai.png


例えば、

ここ最近に若い人に発症のケースが多い、

非定型うつ病では、

まるで鉛がつまったように体が重く、

立つのも苦労するほど、

全身がだるくなります。

体の病気と思いがちですが、

鉛様麻痺は非定型うつ病の

重要な身体症状です。


また、非定型うつ病では、

特に薬物が効きにくい病気だとも言われています。


このように身体症状もとても辛い症状ですが、

特にやっかいで辛い症状は精神症状です。

1、頭が動かない(思考が回らない)

2、根拠のない不安がわき上がって来る。

3、人の会うのが怖い。

4、乗り物に乗るのが怖い。

5、突然、死にたくなる。 etc


darui_woman.png


このような症状が強く表れるようになって来ますと、

仕事や勉強にも支障をきたして来ますので、

場合によると

休職や退職などを選択せざるを得なくなって来ます。


病院で処方されるお薬で

ある程度改善される方もいらっしゃいますが、

時には、

その方の体質などでお薬が合わない方や、

薬物治療の副作用などに

不安がある方も多いと聞いています。


thumbnail_medical_tablet.jpg


マインドフルネス心理療法は、

現在、

病院で処方されているお薬などを続けながら、

うつ病の改善から完治を目指します。

そして、

かなり回復が見られる状態になりますと、

断薬を目指す事も可能ですので、

長期間、抗うつ薬を飲み続けて行く

不安からも解消されます。

また、

うつ病の再発防止にもとても効果的です。


私達は、

まず出来る限り

その方の辛い症状の緩和を目指します。


その後に、

辛い症状の改善をはかって行きます。


そして、

時間は掛かりますが最終的には断薬から、

お薬を飲まなくても

通常の生活を過ごす事の出来る

完治を目指しています。


さらに、

これらの病気は再発を繰り返す事が、

大きな特徴ですので、

再発をも防いで行きます。


そして、

本来の自分自身を取り戻し、

あなた本来の役目や役割が、

充分に果たす事の出来る事を目的としています。


thumbnail_sports_run_syoumen_man_zekken.jpgthumbnail_sports_run_syoumen_woman_zekken.jpg


:::::::::::::::::::::

うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気ですので、

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


:::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
       マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
       マインドフルネス総合研究所 理事

:::::::::::::::::::


posted by マイインド at 16:34| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

うつ病と前頭前野のはたきを治して行くマインドフルネス



うつ病・不安(パニック)障害・PTSD・

強迫性障害などが、

薬物療法で治りにくいことや、

再発が多いことは最近ではよく知られてきました。


それは、前頭前野の機能が、

薬物療法だけでは

回復しにくい人がいるためであると思われます。


前頭前野を回復させる

心理療法が効果的であることを理解していただく為に、

前頭前野と心の病気との関係を見ておきます。


tree_woods_00017-1.jpg

前頭前野の機能の一つは、
ワーキングメモリ(作業記憶)です。

ワーキングメモリーとは、
言語理解、学習、推論といった複
雑な認知課題の解決のために
必要な情報(外から与えられたもの、
あるいは長期の記憶から呼び出したもの)を
必要な時間だけ一時的にアクティブに保持し、
それに基づいて情報の操作をする機構になります。

一瞬一瞬、刺激や他人からの問いかけに対して
適切な情報を呼び出して保持し、
処理して、答えや応答を出力します。
それが終わったら、
その刺激や情報はすぐに忘れてかまわないものです。

しかし、すぐ次の瞬間に必要な情報の
保持と検索、決断、処理があります。
その瞬間に
必要なことを思い出して処理していくことの連続です。

ワーキングメモリー(作業記憶)は
     4つの部分からなるとされています。

〇内容をリハーサルなどで言語的に保持するシステム

〇言葉ではなく、
 空間的なイメージを操作したり保持するシステム

〇「音声、視覚、空間情報を統合した表現を保持し、
 さらに意味情報や、音楽情報も統合する。
 長期記憶から引き出したものも保持するシステム

〇「視空間記銘メモを制御し、
 長期記憶と情報をやりとりするシステム

特に、背外側前頭前野や
  前部帯状回が重要な役割を果たしています。

うつ病の患者は、
これらの機能が低下しているといわれています。

うつ病、不安障害、過食症などになると、
仕事がうまくできなかったり、
自分を苦しめる
思考や行動をコントロールできませんので、
ワーキングメモリーの機能が
うまく働いていない状況にあることがわかります。

問題行動(自傷行為、虐待など)、非行犯罪もそうです。

重いうつ病では、
主婦が料理もできなくなります。
材料や作る手順を思い出せなくなります。



river_00017-2.jpg


薬物療法は、
セロトニン神経や扁桃体に作用する薬が用いられますが、
薬物療法だけでは回復しない人や、
抑うつ症状
(ワーキングメモリーとは無関係の部位の症状)が
軽くなっても復帰できない人がいるのは、
このワーキングメモリーの機能をはたす
前頭前野などが十分に回復していないためであると、
推測されます。

こういう心の病気や問題行動、
非行犯罪などが薬物療法だけでは治りにくく、
再発しやすいので、
回復のためにはワーキングメモリーの機能、
すなわち、
背外側前頭前野の
機能が回復するようなトレーニングが必要です。

なお、前頭前野はワーキングメモリーの機能のほかに、
種々の機能(記憶、プランニング、行動抑制、
感情コントロール、意思決定など)があります。
これらは心の病気と関係しています。

こうした前頭前野の機能は、
私達のマインドフルネス自己洞察瞑想療法では
「意志作用」と言っています。

この意志作用の機能回復が、
心の病気を治すことになりますので、
私達はその「意志作用」が
活発になる為のトレーニング等を行っています。

そのトレーニングを1ヶ月に一度のセッションの中で、
課題と言う形で、
ご自身の家で実施していただいていますが、
参加者のほとんどの方が、
まず辛い症状が緩和されていきます。

さらにセッションを継続する事により
辛い症状が緩和~改善に向かって行きますので、
完治(薬を飲まないでいられる状態)を
目指す事が可能です。

sea-ocean_00003-1.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に
「この病気をなんとしても治したい。」「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、
私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、
うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。
そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、よ
り豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


友だち追加


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。
このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。

うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す!



マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg




posted by マイインド at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

マインドフルネスは闇雲に行ってはいけない。うつ病や不安症・パニック障害を治して行く為に


うつ病や不安症・パニック障害・PTSDの症状は
ある日、突然起きて来るようにお思いがちですが、
実はそうではありません。


river_00027-1.jpg


マインドフルネス心理療法(自己洞察法)を
繰り返し活用する事が出て来ますと、
その症状と言うのは
突然に起きて来るのではない事が
しっかりと理解出来て来ます。

と言う事は、
うつ病や不安症・パニック障害・PTSDの症状が
起きて来る、振れて来る、騒いで来る事が、
事前に予測出来る事になります。

そこで、
事前に予測できるという事は、
うつ病や不安症・パニック障害・PTSDの症状が
起きて来る、振れて来る、騒いで来る前に、
その為の対策を討つことが可能になります。

事前にその為の
対策を討つことが出来ると言う事は、
うつ病や不安症・パニック障害・PTSDの症状の、
辛く・苦しい症状の波を軽減する事が出来ます。

うつ病や不安症・パニック障害・PTSDの症状の、
辛く・苦しい症状の波を
軽減する事が出来ると言う事は、
ご自身の日々の生活が(お仕事、家事・育児 等)が、
以前より、スムーズに出来るようになる事になります。

さらに、その事により
うつ病や不安症・パニック障害・PTSDの症状に、
悩まされ続けていた時には、
なかなか思い描く事の出来なかった、
これからの夢や希望等の
将来への道筋が開けて行く事になります。


tree_woods_00049-1.jpg


その事は、
これからのご自身の人生が輝いて行く事になります。

私達の活動の目的は、

一人でも多くの方に、
自分らしく歩んでいただく事、としています。

ですので、
その為にはキチンとその方向を示し、
その為に計画を立て、
その計画を実行して行く事になります。

ですので、
マインドフルネスは闇雲に行っていけません。

マインドフルネスの事を
理解した指導者の下で取り組む事が、
必須条件になります。

:::::::::::::::::::::

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。

また、
なかなか周囲の方にも理解されにくい病気ですので、
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたら
お問い合わせください。


お問合わせはこちらから

http://www.mindfulmate.jp/mobile/

:::::::::::::::::::

マインドフルメイト(マインドフルネス心理療法)

自殺防止・うつ病治療の心理相談員 佐 藤 福 男

非営利型 一般社団法人 
     マインドフルメイト   代表理事

特定非営利活動法人  
     マインドフルネス総合研究所 理事

::::::::::::::::::::
posted by マイインド at 20:22| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す為のマインドフルネス


うつ病・不安(パニック)障害・PTSDを治す

現在、たくさんのお問い合わせをいただいています。

その事はとても、

ありがたい事ではありますが、

どうしても私達に出来る事と出来ない事があります。

今後の為にも、誤解がないように、

私達に出来る事と出来ない事をハッキリと、

お話をして置いた方が

良いと考えましたのでお話を致します。

tree_woods_00027.jpg-1.jpg


【お引き受け出来る病気】

1、うつ病・非定型うつ病

2、不安障害・パニック障害・PTSD・対人恐怖症

  ※どんな辛い症状があってもご相談に応じます。

  ※薬物治療で

   改善しない場合でもあきらめずにご相談下さい。

私達は辛い症状を緩和から改善に向けて行きます。

      その後は改善から完治をを目指します。

  そして、薬物に頼らなで

   通常の生活が送れる事をチャレンジして行きます。

  ただし、

   この病気の回復には時間が掛かります。
                  (1年~2年位)


【お引き受けが出来ないケース】

1、統合失調症・双極性障害(躁うつ病)

  その他、私共でお受けできないと判断した場合。

  ※辛い症状が似ている場合等がある為に

   同じ病気と思いわれがちですが、

   発症や回復プロセスに

   疑問点がある為にお引き受けが出来ません。

2、本人に治そうとする意思がないと判断する場合。

  この療法は、

      本人の治そうとする意思が不可欠です。

  治そうとする意思が

   ご本人に無い場合はお引き受けが出来ません。


【回復が難しいケース】

1、セッションに参加をしても、

  私がお願いをする課題に

  取り組もうとしない(取り組めない)ケース。

  セッションに

  参加をすれば回復するのではありません。

  私達がお願いをする課題に

   取り組む事により回復をして行きます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、

どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この強い気持ちがあれば、

私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、

いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


kafun_sukkiri_woman.png


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

       より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ:

http://www.mindfulmate.jp/


posted by マイインド at 21:43| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

うつ病が治った人の体験談を聞く事が出来ました - マインドフルネスのセッションで、



昨年の八重洲会場のセッションでは、

マインドフルメイトの

セッションに参加をする事により、

うつ病が治った方の体験談を聞く事が出来ました。


kafun_sukkiri_woman.png


その方は、

2013年春からセッションに参加をされ

ほぼ一年半掛けてうつ病を治して行った方です。


セッションに参加をされた当初は、

お仕事にもやっと行っている状態だっと思います。


セッションの参加をする事により、

比較的早めに緩和に入りましたが、

その後、症状の波が何度か起こりましたが、

根気よくチャレンジをくり返して行きました。



eieiou_woman.png


その後、

医師から処方されていますお薬も断薬し、

3年あまり経過しています。


現在では、

お仕事を積極的に取り組んで行くだけでは無く、

ご家族のサポートも週末に掛けて行い、

以前より、

はつらつと活動を行っている様子を

お話になりました。



実際にセッションに参加をされた方のお話は、

聞く人にとっては、

同じ目線で聞く事が出来ますので、

とても参考になります。



一般的には、

うつ病や不安症(不参障害)・

パニック障害やPTSDを、

発症してしまいますとなかなか回復する事が難しく、

ともすると長年に渡り

副作用のあるお薬を飲み続けなくては事になります。


また、お仕事や家事育児等が

思うように出来難くなりますので、

辛い日々を送らなくていけない現実があります。


ですので、

うつ病や

不安症(不参障害)・パニック障害やPTSDを、

発症してしまいますと

「治らない病気」と言われています。



しかし、マインドフルメイトでは、

「うつ病や

不安症(不参障害)・パニック障害やPTSDの、

完治を目指しましょう。」と

言っています。



マインドフルメイトで言う完治とは、

〇お薬を飲まないで普通の生活が送れる事。

〇再発を繰りえさない自分になる事。としています。



ですので、

うつ病や

不安症(不参障害)・パニック障害やPTSDを

発症した方が「治したい」との意思を持って、

セッションに参加をする事を求めています。



そして、

マインドフルメイトの開催する

セッションに参加をする事により、

マインドフルネス(自己洞察法)を

身に付けていただきます。



それは、

マインドフルネス(自己洞察法)を

学習する事ではありません。



また、頭で覚える事でもありません。



私達が提供する課題を、

日々の生活の中に取り入れて、

繰り返し取り組んでいただく事により、

身に付けていただく事になります。



ですので、

マインドフルメイトのセッションに参加をされる方の

病気や症状を治して行くのは、

私ではありません。



私は、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

皆さんに伝え、アドバイスをするだけです。


自分の病気や症状を治して行くのは、

自分自身になります。


ですので、

セッションに参加をする為の必須条件が、

「治したい」との意思が必要になります。


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・


詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

     

http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか

周囲の方にも理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたらお問い合わせください。


::::::::::::::::::::::



posted by マイインド at 17:29| Comment(0) | マインドフルネスのセッション | 更新情報をチェックする