2017年06月04日

6-4 私もマインドフルネスを頑張っています。:マインドフルメイト





コルセットが出来上がり、

リハビリが始まりましたが、

上体を起こす(座る、歩く)事により、

腰に痛みが起こりますので、

長い時間同じ姿勢を保つ事が出来ません。


色々なことを工夫をしていますが、

現時点では、

上手に対応できていません。


昨夜は、

その為に、

かなり疲れてしまい、

早々に寝てしまいました。


今朝になって、

同室の方が、

「夜中にずいぶんと痛がっていましたが、」と、

言っていました。

おそらく、寝言で言っていたのだと思います。



この事を聞いて、

腰の痛みより、

自分気持ちが先に行っている事に気が付きました。


「私は、やっぱり焦っている」


今日になって、

コルセットの装着仕方で、

痛みの起こり方が、

変わることがわかってきましたので、

明日、またチャレンジを繰り返します。


こんな事を、

繰り返しながら気付いた事があります。


痛みを感じつつ、

マインドフルネス(自己洞察法)を繰り返していると、

痛みの起き方(感じ方)は変わりませんが、

痛みを客観的にとらえる事が出来ます。



すると、

「痛みに捉われる」事が少なくなって来ます。



「痛みに捉われる」事が少なくなって来ますと、

自分状態を客観的に見ることが出来ます。

自分の状態を客観的に見れると、

冷静な判断がしやすくなります。



私は、何が出来ないのか。


私は、何が出来るのか。


そして、

私は、どうすべきか。


気付いて来ます。


何を、すべきかが見えてきます。


そしたら、

今、

自分にできる事を、

繰り返すのです。


その、気付いた事は、

些細なことかもしれませんが、

そこから始めるのです。


繰り返して、

繰り返して、

繰り返して、行きます。


すると、

次に、

何をすべきかが、

気付いて来ます。



この事は、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

取り組んだ人でないと理解出来ない事です。


頭の中では、

いくら理論・理屈を並べても、

理解することは出来ません。


ご自身が、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

繰り返し、

繰り返し、

繰り返し、

取り組むことにより、

理解し、体得出来ることをです。



今日よりは、

明日を見ながら、

チャレンジを繰り返しましょう。


マインドフルメイト:佐藤






2017年06月02日

6-2 私もマインドフルネスを頑張っています。:マインドフルメイト

私の、入院治療も22日目になりました。

現在は、リハビリに専念をしています。




一度落ちた筋力を、

戻して行く事はとても大変です。


また、

慣れないコルセットでの生活ですが、

普段の生活とは違う点が大きく、

戸惑うことがあります。


1496298347570.jpg

そんな、

生活もまだまだ始まったばかりですが、

焦らずに取り組んで行こうと考えています。


そこで、

大切な事は、

「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思が不可欠になります。


「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思があるから、

主治医のお話をよく聞きます。


「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思があるから、

不明なことは伺います。


「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思があるから、

自分はどうべきかを考えます。


「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思があるから、

どうしたら悪化するのかを理解します。



「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思があるから、

どうしたら良くなるのかを理解します。



大事な事は、

「今の自分の病気をちゃんと治そう」という意思です。


そして、

今できる事を繰り返すことです。




私達が目指しているのは、



完治です。



緩和ではありません。




例えて言いますと、

私達は、

身近な山に登ろうとしているのではありません。


私達は、富士山を目指しているのではありません。

私達はエベレストを目指しているのです。


ですので、

それなりの、

心構えが不可欠になります。

それなりの、

準備が必要になります。


ですので、

「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思は最低限必要になります。


そして、

マインドフルネス(自己洞察法)を

出来ることから始めるのです。


そして、繰り返すことです。


焦らずに、



私自身も、

自分の病気に取り組んでいます。

マインドフルネス(自己洞察法)を繰り返しています。

私は、あと10日前後で退院しますが、

私の、治療は半年は掛かると思います。

それは、年内は治療に費やす事になります。


ですので、

皆さんも、

「今の自分の病気をちゃんと治そう」という、

意思を持ち、

チャレンジを繰り返しましょう。


マインドフルメイト:佐藤





2017年06月01日

6-1 私もマインドフルネスを頑張っています。:マインドフルメイト



一昨日の、コルセットが届いた夜は、

あまりよく眠れませんでした。


お布団入り、

眠ろうとして眠れない事は、

ちょっと辛いことになります。


でも、私なりによく眠れない、

原因を理解していましたので、

その時に、

むりやりに寝ようとはしませんでした。


身体の力を抜いて、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

繰り返していました。。



「眠れない時に、

無理矢理に寝ようとしても、

眠れる事はありません」


ですので、

眠れない自分を責めません。

眠れない自分をなんとかしません。

眠れない自分を受け入れます。


今夜は、

「眠りに入りにくい夜なんだ」と

そのままの自分を理解します。

(そんな自分を受け入れるのです。)


別の言い方をしますと、

「眠りに、はいれない自分を責めません。」

「眠れない自分を、
    ダメ・いけないと評価しません。」

「睡れないと、あれが影響する、
       これが出来ないと、
   色々なことを考え、膨らませない。」

そして、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

繰り返して行きます。



考えて見て下さい。



眠れないとは、

自分の交感神経が活発な証なのです。

心配なこと、

気掛かりなこと、

なんとかしたいこと、

あれこれと考えます。

一生懸命に、一生懸命に、考えます。

すると、確実に交感神経が活発になります。


交感神経が活発になりますと、

私達の身体には、

緊張をしたり、興奮するという作用(働き)があります。


ですので、

交感神経が活発なままで、

自分の身体の作用(働き)を観察しないで、

寝ようとしても無理があります。

(只、身体がとても疲れている等の場合は特例です。)


ですので、

その時のわたしは、

コルセットが届いた喜び、

これから頑張という意気込み、

コルセットを着けて、
    初めて起き上がった緊張感、
    
    初めて歩いた恐怖感、

この事が、

私の交感神経を一気に高めて行ったのだと思います。

(この事を普通の言い方をしますと、
         興奮している状態と言います。)
  
その、高まった交感神経は、

自分の意思とは無関係に高まった状態で、

夜、遅くまで、

私に影響を及ぼし続けた結果、

睡れないと言う事になりました。


そこで、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

繰り返す事により、

活発になっている交感神経を静めて行きますので、

いつの間にか、寝てしまった私でした。


この事を、理解して、

マインドフルネス(自己洞察法)を

取り組む事がとても大切になります。


マインドフルネス(自己洞察法)は、

闇雲にやるよりは、

この事を理解して取り組む事が大切になります。


自分自身のために、

自分を支えてくれる人のために、

チャレンジをを繰り返してください。


マインドフルメイト:佐藤




2017年05月30日

5-30 私もマインドフルネスを頑張っています。:マインドフルメイト



本日、

予定していましたコルセットが来ました。


主治医より、

「堅い素材の材質を使用するように、」との、

お話を、

コルセット制作者の方から、

聞いていましたので、

内心、ドキドキしながら、

今日を待っていました。


1496107447600.jpg


素材的には金具が無く

私の想定内よりはやさしい感じでした。

動きも、

もっと抑制をされると思っていましたが、

手足が楽に動かせるので安心をしています。


オダーメイドのコルセットですので、

私の身体には、

自然にフィットしています。


このコルセットを、

これから、

6月・7月・8月と3ヶ月程装着する事になります。

湿気と、暑さとの格闘になると思います。


ですので、

私も、

皆さんに負けずに、

マインドフルネス(自己洞察)を取り組みます。


ところで、

理学療法士さんの指導に従って、

出来上がったコルセットを装着して、

ベッド上で初めて起き上がりました。


その後、

補助具を使いながら病室の中を、

初めて歩く事が出来ました。


まだまだ、

不安や、怖さがありますので、

頭の中では(理屈では)理解していても、

私の身体の反応は緊張をしています。

(交感神経がテンパっているのがわかります。)

(私の身体は、こんなに興奮しているだ。)


そこで、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

ひたすら、ひたすら、ひたすら、

繰り返しがながらリハビリに取り組んでいます。


そして、

昼食と夕食は、

ベッド上の座り食べることが出来ました。

でも、座っても身体は緊張をしていますので、

しばらくは、

マインドフルネス(自己洞察法)を

繰り返ていました。

その後、

身体の緊張と、

興奮が落ち着くのを待ち、

ゆっくりと、食事を食べ始めました。

(ベッド上ではいつくばって、
       食べる食事とは大違いでした。)



今日は、

ちょっと頑張り過ぎたと思っています。



でも、

マインドフルネス(自己洞察法)があり、

その事を、

ひたすら、ひたすら、ひたすら、

繰り返す事が出来たことが

とても、大きく助けられたと思っています。


明日からも、

無理をしすぎないように、

気を付けながらリハビリに、

チャレンジをて行きます。


マインドフルメイト:佐藤







2017年05月29日

今後のセッションの開催について、5/25:マインドフルメイト

今回の、

私のアクシデントにより、

セッションに参加をされている皆様には、

ご迷惑おかけしております。


今後の、

私の回復状況によりますが、

現時点では、

以下のように考えています。


退院予定日の、

6月10日までに開催予定の、

個人セッション、

スカイプセッション、

グループセッション、

無料相談会、は

全て中止とさせていただきます。

その旨に付きまして、

無料相談会にお申し込みの方、

セッションに参加をされている方には、

お伝えさせていてだきました。


また、

退院予定日以降に開催予定の

グループセッションに付きましては、

私の回復状況を見ながら、

判断としていきたいと考えています。


現時点では、

退院直後の八王子市でのセッションは、

今後の回復状況を見ながら

判断をしていきたいと考えています。


その後、6月末の八重洲会場以降の

甲府会場、名古屋会場、日比谷会場の、

セッションにつきましては、

予定どおりの開催を予定しています。


個人セッションに付きましては、

お知らせをさせて頂いています、

日程での開催を予定しています。


スカイプセッションに付きましては、

私の回復状況を見ながら、

具体的な開催を日時を

決めて行きたいと考えています。


無料相談会に付きましては、

すでに、

お申し込みをいただいていますので、

私の回復状況を見ながら、

追ってご連絡をさせていただきます。



私の状況ですが、

明日、コルセットが出来上がって来ますので、

これから本格的にリハビリが始まります。


私自身も、

マインドフルネス(自己洞察法)を、

繰り返し取り組み、

一日でも早く退院出来ることに、

チャレンジをしています。


皆さんにおかれましても、

現在、

お願いをしています課題を引き続き、

取り組んで下さい。


マインドフルメイト:佐藤








posted by マイインド at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする