2018年12月14日

うつ病を治して行くマインドフルネスとは、| マインドフルメイト


私どもに

うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDなどで、

ご相談にお見えになる方々が

次第に増えて来ています。


その背景には、

辛い症状が出て来た時に病院等に行っても、

なかなか改善しなし現実があります。


また、ご相談を伺っていましても、

長い期間にわたり

悩み苦しんでいる方がとても多い状況です。


本来であれば欧米のように、

精神科と同様に

心理療法が定着している状況であれば、

今の日本のように、

多く国民がこのように悩み苦しむ事が

少ないと思います。


只、今その事を色々言っていても、

現実に辛い症状に悩まされている方々にとって、

一番大切な事は、辛い症状から解放されて

「出来るだけ早くいつもの自分に復帰する事」です。


私達は、一人でも多くの方々に、

「本来の自分に戻り、

その人でしか果たせない役目・役割を果たして欲しい。」

そのような願いを基に、現在の活動を開始しています。


ですので、

うつ病やパニック障害・不安障害・PTSDなどで、

「今は、とても辛い」

「今は、何も出来ない」

「今は、将来の希望もない」

「只、ただ苦しい」。

そんな現実であっても、

私達に相談して下さい。


うつ病や

パニック障害・不安障害・PTSDなどは、

短期間に治ると言う簡単な病気ではありません。


只、

慌てずに、

焦らずに

時間を掛けて取り組んで行く事により、

辛い症状の緩和~改善に向けて行く事が可能です。


辛い症状が緩和される事により

仕事に従事出来ない方は、

仕事に復帰する事が可能になります。


また、辛い症状が改善される事により

今まで考えられない事が考える事が出来ます。


また、取り組む事の出来ない事が取り組む事が

出来るようになっています。


私達の目標は、

うつ病や

パニック障害・不安障害・PTSDなどの

完治です。



完治とは、

医師から処方されるお薬を飲まずに

通常の生活を送れる事を言います。

また、これらの病気には再発が起こります。


この再発が起こりにくくなって来ます。


その為に、

セッション(回復プログラム)に参加する事により、

マンイドフルネスの

呼吸法や洞察法を修得していただきます。



一度、身に付けた

マンイドフルネス手法を実践する事により、

よりクリアーな自分を取り戻し、

本来の役目・役割を果たす事が可能になって来ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、

どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」


「治すんだ。」


この強い気持ちがあれば、


私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、うつ病・不安(パニック)障害

・PTSD等の辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

自身がもっているパーソナリティを活かし、

より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。



詳細はこちらをご覧ください。


マインドフルメイトのホームページ:http://www.mindfulmate.jp/


:::::::::::::::::::::




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
009-1.jpg




うつ病になると、


思うように色々な事が出来なくなり、


つらい日々が続きます。


また、なかなか


周囲の方にも理解されにくい病気です。


このままほっておけば治る病気ではありません。



一日でも早く


改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、


ご不明な点がございましたらお問い合わせください。









posted by マイインド at 21:16| Comment(0) | うつ病について | 更新情報をチェックする

夜、眠れない時のはどうすのか | マインドフルネスの対処法


うつ病・不安症(不安障害)、パニック障害、

PTSD等の典型的な症状の一つに

夜眠れない事があります。


sleep_nemurenai_woman.png


夜、お布団に入っても、

なかなか眠れない事はチョット辛い物があります。

なかなか眠れないと、

余計な事を考えてしまったり、

思い出したくない事まで

浮いて来てしまう事があります。


sleep_nemurenai_man.png


その事により、

余計に眠れなくなってしまう経験はありませんか。


また、寝よう、寝ようとする事により、

余計に眼が覚めてしまう事もありますので、

眠れない事はチョット厄介ですね。


下手をすると、

明日のお仕事や勉強や、

日々の生活に大きな影響を及ぼす事があります。


pose_nigawarai_man.png


そこで、マインドフルネス(自己洞察法)的な、

眠れない時の対処法を伝授しますので、

参考にして下さい。


river_00017-2.jpg


まず、

お布団に入っても眠れないと言う事は、

自立神経のバランスが

整ってないケースが多いです。


それは、あなたの状態は、

交感神経がどちらかと言いますと、

高めになっているという事になります。


わかりやすく言いますと、

身体が興奮をしている状態です。
(自分の認識ではわからないと思いますが、)


さらにわかりやすく言いますと、

その事は、

運動をして来て

すぐに寝よいとする事と同じになります。


thumbnail_sports_run_syoumen_man_zekken.jpg



そこで、まず

そんな自分を状態をまず、理解する事です。


自分は寝ようとしているけど、

身体は寝ようとしていないのです。


眠れない、と言う事は、

それなりの、

自分の中に何らかの理由があるはずです。


その事を、

これではいけない、

なんとかしなくては、

どうしよう、と


考え、

考え、

考え、

膨らめて行く結果、

あなたの交感神経が

知らずに

知らずに

高めになって行きます。


そこで、ご自身の自然の呼吸に意識を向けて下さい。


今、息を吸っているだ~、

今、息を吐いているんだ~、

今、息を吸っているだ~、

今、息を吐いているんだ~、

今、息を吸っているだ~、

今、息を吐いているんだ~、

この事を、

出来るだけ多く繰り返してください。


また、夜眠むれない時に、

無理やりに「寝よう」としない事です。

〇交感神経が活発になっているかも、

〇身体が興奮しているかも、


002.gif


として、

静かに呼吸を観察をするようにして、

無理やりに寝ようとしないで下さい。


そして、

〇眠れなくてもいいいや、と

思うような気持ちで、

無理やりに寝ようとしない事です。


無理やりに寝ようとしますと、

逆に交感神経が活発になりますので、

目が覚めてしまう事があります。


そんな事を心に留めて、

日々に取り組みを繰り返してください。


呼吸に意識を向ける時間の事ですが、

出来るだけ長い方が良いのですが、

かと言って、

闇雲に長さだけを追い求めても良くなりませんので、

大切な事は呼吸法の質になります。


その質とは、

呼吸に意識を向けて行く時に、

何かが必ず湧いて来ますのでので、

その事を、

あれこれと考え・膨らまさない事が基本です。


あなたの状態は次第に落ち着いて来ます。


私のお話を参考に、

是非、取り組んでみてください。

そして、

あなたにその効果があったのか、

無かったのかを観察してください。


マインドフルメイト:佐藤福男




posted by マイインド at 19:11| Comment(0) | 回復の為のセッション | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

うつ病や不安障害の方へ ― あきらめないでくださいマインドフルネスがあります。


私達が現在行っています、
うつ病や不安症(不安障害)・
パニック障害・PTSD等の相談会は、
スタートから九年目に入りました。

tree_woods_00009.jpg-1.jpg

スタートした当初は、
本当に様々な方がご相談に訪れていました。

しかし、次第に回数を重ねるに従い、
マインドフルネス心理療法で回復が見込める方に
焦点が絞らるようになり、
現在に至っています。

そのような中で、
ご相談にお見えになる方のご相談を伺っていますと、
うつ病や不安障害やパニック障害 等になってから、
長年にわたって悩まされいる方が多い事実がわかります。

また、
病院で処方されているお薬が、
その方の体質などにより、
あまり効果がない事実も浮き彫りになって来ます。

特に、副作用が怖いとのお話も、
具体的に聞かせていただく事がありますので、
ご相談を伺う事により、
うつ病や社会不安障害やパニック障害 等の、
実態を新ためて再認識させていただきます。

私達は、
心理療法ですので、
薬物や器具などを使用する事は一切ありません。

呼吸法を中心に、
日々の生活の中での洞察を加えて行く事により、
改善から回復・完治をはかりますので、
あまり大きな負担はありません。

また、
お薬を飲まれている方でも
飲み続けていても大丈夫です。


tree_woods_00008.jpg-1.jpg


その方自身の中に
潜在する治癒力を活用する事により、
ご自身の
「うつ病を治したい。」
「不安障害やパニック障害を乗り越えたい」
「普通の生活を送れるようになりたい。」との
意思をとても大事にして、
うつ病からの改善から
回復・完治を目指して行きます。


うつ病を治すのは、私達ではありません。


私達は、
うつ病の患者さんの
回復の為のお手伝いをするのです。


「つらいうつ病を治したい」
「不安障害やパニック障害を乗り越えたい」
「みんなと同じように普通に生活を送りたい」

そのように考えた時、
相談会にお問い合わせ下さい。


きっと、あなたの力になれると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、

ご自身に

「この病気をなんとしても治したい。」

「治すんだ。」

この気持ちがあれば、私達は喜んでご相談に応じます。


私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、

 自身がもっているパーソナリティを活かし、

 より豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。


・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・


うつ病になると、

思うように色々な事が出来なくなり、

つらい日々が続きます。

また、なかなか周囲の方にも

理解されにくい病気です。

このままほっておけば治る病気ではありません。

一日でも早く

改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、

ご不明な点がございましたら

お問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg







posted by マイインド at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

マインドフルネスを求めて私どもに来られる方は、/  マインドフルメイト


マインドフルメイトの
相談会やセッションに参加をされる方の、
ほとんどの方は長い間、
病院に通いながら様々な治療を受けながら、
その辛い症状に改善が見られない方になります。

tree_woods_00020.jpg-1.jpg

又は、医師の処方するお薬に、
不安(副作用・離脱症状等)がある為に、
お薬に力を借りずに
普通の生活が送れるようになりたい方になります。

例えば、医師の処方するお薬で、
ある程度、
通常の生活が送れる方は
マインドフルメイトに訪れる事は無いと思います。
そして、ご自身の病気は治らない病気なので、
それ以上の改善を求めない方(諦めている方)も
来ることはないと思います。

また、なんらかの理由で、
私どもがどんな事をしているのかを
探りに来られる方もいます。

さらには、
私どもで対応することが
出来ない病気(躁鬱病や統合失調症等)を、
偽り、参加を希望する方もいます。

それらの方々は、
私どもで何も気づいていないと
思われるのだと思いますが、
参加をされる方との会話や触れ合いの中で、
不思議と、
この人は探りだとか、
この人は別の病気だと言う事がわかります。

何故か。

それは私たちが、
現在行なっている療法を繰り返す事により、
その人・その人の
心の状態はクリアーになって来ますので、
何故か、その事に気づいてしまうのだと思います。

私達は現在、どんなに辛い症状があっても、
ご自身に
「この病気をなんとしても治したい。」
「治すんだ。」
この強い気持ちがあれば、
私達は喜んでご相談に応じます。

私達は、
うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の
辛い症状の原因を、
心の病気と捉えてご相談に応じています。

一日でも早く、
いつもの自分に戻って下さい。
そして、
あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。

「クリアーな生活を取り戻し、
  自身がもっているパーソナリティを活かし、
より豊かな人生をおくりましょう」

tree_woods_00049-1.jpg


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

うつ病になると、
思うように色々な事が出来なくなり、
つらい日々が続きます。
また、なかなか周囲の方にも理解されにくい病気です。
このままほっておけば治る病気ではありません。
一日でも早く
改善の方向に向かう事が必要だと考えていますので、
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。




マインドフルネスでうつ病を治して行こう
マインドフルメイト-001.jpg





posted by マイインド at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 無料相談会 | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

うつ病を治すマインドフルネス自己洞察法とは(SIMT)


うつ病には、
マインドフルネスがとても効果的だと
言われていますが、
なぜ効果的なのかに付いてお話して行きます。


tree_woods_00008.jpg-2.jpg



―――――――――――――――――
目次
 1、マインドフルネスとは
 2、ヨガの場合
 3、瞑想の場合
 4、普段の生活でも
 5、今ここにあること
 6、物事を客観的に捉えること
 7、過去にとらわれない
 8、脳細胞の過剰な反応
 9、現代人の特徴
10、うつ病が発症している人は
11、マインドフルネス自己洞察法では
    〇その時に出来る事を繰り返す
    〇目標は完治
―――――――――――――――――



1、マインドフルネスとは、

マインドフルネスとは、
今起きている事を騒がずに、
まずその事を受容(そのままに)して行きます。

その繰り返しの後に、
今現在起きている内面的な経験や
外的経験に自然と意識が向いて行きます。


2、ヨガの場合

例えば、
ヨガの場合は身体を動かしながら、
その動いている身体に集中し注意を払います。
そして、
今現在起きている内面的な経験や
外的経験に注意を向けて行きます


3、瞑想の場合

瞑想の場合も、
呼吸や自分が今何を感じているのか、
といったことに意識を集中させます。
ので、
今現在起きている内面的な経験や
外的経験に注意を向けて行きます。


〇普段の生活でも

ヨガや瞑想というと
とても特別で難しいことのように感じられますが、
普段の食事で食事の香りや味、
食感に集中したり、
盛り付けをよく見てみたりします。
お風呂では身体が水に触れる感覚や
水の音に注意を払うことは
自然に行われている事です。


4、今ここにあること

このように、
とにかく今ここにあること、
今自分が行っている行動に
感覚を注ぐことがとても大切になります。


5、物事を客観的に捉えること

この事が可能になりますと、
自分の主観的な善悪の判断などを
心の中から追い出し、
物事を客観的に捉えることができる状態になります。


6、過去にとらわれない

いわば、
目の前のことに五感を総動員することで心に
余計なことを考えさせる隙間を与えないのです。

余計なことを考えないということはすなわち、
過去に起こってしまって
取返しのつかない失敗にクヨクヨしたり、
まだ起きてもいない未来のできごとに対して
心配することを放棄してしまうのです。


7、脳細胞の過剰な反応

現在では科学の進歩により
脳のどの部分がどのような機能を持ち、
行動や思考に対して
どのような反応を示すのか
科学的に解明されている部分もあり、
ストレスに対して
偏桃体が過剰な反応をしてしまう事は、
科学的根拠のある事だと認められています。


8、現代人の特徴

現代人の傾向として、
日々あまりにも多くのことを
こなすことに追われていて、
目の前のことに
集中することを忘れがちになっています。
この状態では常に意識が散ってしまい、
仕事をはじめ
日々の生活の精度が
失われていくことが想像できます。


9、うつ病が発症している人は

しかし、
通常の生活が出来難いとか、
日々の生活が多少困難は人達に対しては、
そのような対処で良いと思います。

しかし、
うつ病を発症してしまっている人の対しては、
その事が頭では理解出来ても、
実際にその事を取り組もうと、
身体に意識を集中したり、
呼吸に集中したり、
行動に集中する事が困難になりますので、
さらに、
その事を繰り返す事により、
その症状を
悪化させてしまうケースが起きて来ます。


10、マインドフルネス自己洞察法では

そこで、
マインドフルネス自己洞察法では
「集中する」事は行わずに、
今起きている事を騒がずに、
まずその事を受容(そのままに)して行きます。

その繰り返しの結果、
今現在起きている内面的な経験や
外的経験に自然と意識が向いて行きます。


〇その時に出来る事を繰り返す

その事を、
今自分が置かれている状況に合わせて、
出来る事を繰り返す事になります。

その積み重ねが、
うつ症状の緩和に至り、
さらには症状の改善に至りますので、
お仕事に復帰したり、
家事・育児が可能になっています。

〇目標は完治

私達が目指すのは、
症状の緩和(多少良くなる事)ではありません。

お薬にたよることなく、
最も怖い再発の不安から離れる事です。

その状態を完治と言っていますので、
私達の目標は完治です。


river_00039.jpg-1.jpg

::::::::::::::::::::::::

私達は、

うつ病・不安(パニック)障害・PTSD等の

辛い症状の原因を、

心の病気と捉えてご相談に応じています。


一日でも早く、いつもの自分に戻って下さい。

そして、

あなたの人生をキャンパスに大きく描きましょう。


「クリアーな生活を取り戻し、

  自身がもっているパーソナリティを活かし、

より、心豊かな人生をおくりましょう」


私達は、その為のお手伝いを致します。

・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。

詳細はこちらをご覧ください。

マインドフルメイトのホームページ

      ↓

http://www.mindfulmate.jp/



posted by マイインド at 20:43| Comment(0) | うつ病について | 更新情報をチェックする